2021ドラフト投手

菊池樂(前橋育英)は完成度に注目|ドラフト期待の左腕は中学も県選抜

群馬の前橋育英で1年の2019秋から背番号1を託されている菊池樂(きくち がく)投手。

球速130キロ台中盤のストレートを軸にしたピッチングで、完成度の高いサウスポーとして注目を集めています。

中学時代は群馬県選抜の主力で活躍するなど、進路が注目されていた投手の一人でしたね!

2021ドラフト候補にも名前が挙がる前橋育英のエース・菊池樂投手を特集していきましょう。

参考:前橋育英の2020新入生は?野球センス抜群で粒ぞろいなメンバー!

菊池樂の中学時代は玉村中学で群馬選抜

左投げ左打ちの菊池樂投手は中学時代、玉村町立玉村中学の軟式野球部に所属していました。

玉村中学でも主力で活躍していた菊池樂投手は中学3年時に、群馬選抜である群馬ダイヤモンドペガサスJrのメンバーにも選出。

『全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆』では、準々決勝の高知県選抜戦で高知高校に進んだ150キロ右腕・森木大智投手とも対戦していましたね。

菊池樂投手も本格派左腕として注目を集めていますし、ドラフト候補同士、全国の舞台での投げ合いもぜひ見てみたいところです!

Sponsored Link

ドラフト期待の前橋育英・菊池樂は完成度に注目

球速以上のキレ

前橋育英のエースを任され、2021ドラフト候補にも名を連ねる菊池樂投手ですが、ストレートのキレには注目です。

力みのないフォームから投げるストレートは2019秋の時点で最速135キロをマークしており、球速表示以上に早く感じさせる抜群のキレを誇ります。

特に左右の打者へのインコースの真っ直ぐは威力があり、打者が差し込まれたり空振りになるシーンは珍しくありません。

身長180cm・体重75kgと体格的にも将来性を感じる投手ですから、今後の球速の伸びにも期待です!

フィールディングも上手い

キレのあるストレートで打者を圧倒していく菊池樂投手ですが、センスを感じるフィールディングも見逃せません。

バント処理なども巧みで、投球以外の面でもポテンシャルの高さを見せています。

さらに牽制も非常に上手く、この辺りはサウスポーである強みが十分に活かされていると言えるでしょう。

総合力の高い投手ですし、横倉拓実選手をはじめ高い守備力を誇る前橋育英の中心で存在感を放ってくれることは間違いありません。

参考:横倉拓実(前橋育英)は守備で魅了|桐生ボーイズの逸材は攻守に注目

Sponsored Link

ドラフト期待の菊池樂は変化球も期待

キレのあるストレートにくわえ、精度の高い変化球にも定評のある菊池樂投手。

変化球の主な球種としては

  1. スライダー
  2. カーブ
  3. チェンジアップ

の3種類を投げ分けていますがどのボールも精度が高く、変化球でカウントを整えられるだけのコントロールを持っています。

また、もともと左打者へのインコースは課題だった菊池樂投手ですが、2019秋の群馬県大会準決勝・健大高崎戦の前に、左バッターボックスのホームベースギリギリにネットを設置しての投げ込みを実施。

その投げ込みのおかげでインコースへも臆することなく投げ込めるようになり、健大高崎戦では6回を2安打無失点に抑えて決勝進出に大きく貢献しました…!

「リリースの感覚が優れている」との声もありますし、キレのあるストレートと変化球のコンビネーションを磨けばそう簡単に打ち崩せるピッチャーではないでしょう。

Sponsored Link

菊池樂は前橋育英投手陣の柱となってドラフトも

1年の2019秋から強豪・前橋育英のエースを任され、群馬大会の準優勝にも貢献した菊池樂投手。

サウスポーから勢いのあるボールは見もので、球速以上に打者の手元で伸びてきている印象を受けます。

体格的にはまだ少し細身に映りますし、これから厚みが増してくると本当に手が付けられなくなりそうですね…!

同世代の皆川岳飛選手も攻撃面でずば抜けた実力を誇るため、投打にドラフト候補がいる前橋育英は今後も強くなること間違いなし。

さらなる成長を楽しみにしつつ、菊池樂投手のこれから成長に注目していきたいと思います!

参考:皆川岳飛(前橋育英)はドラフト注目|ホームランも期待の俊足強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック