2021ドラフト野手

皆川岳飛(前橋育英)はドラフト注目|ホームランも期待の俊足強打

群馬の名門・前橋育英で走攻守すべてにおいてハイレベルな外野手として注目を浴びている皆川岳飛(みなかわ がくと)選手。

優れたミート力に加えてホームランも打てる打撃センスは高校トップレベルでありながら、身体能力の高さも兼ね備えた2021ドラフト候補の一人です。

中学時代から類い稀な野球センスは健在で、県選抜に選出されたり進路が話題の選手でしたね!

群馬県屈指の逸材として注目を集める、前橋育英の皆川岳飛選手を特集していきましょう。

参考:前橋育英の2020新入生は?野球センス抜群で粒ぞろいなメンバー!

皆川岳飛の中学時代は館林四中で群馬選抜

右投げ左打ちの皆川岳飛選手は中学時代、館林四中の軟式野球部に所属していました。

中学の頃から主力で活躍しており、群馬県総体ではチームは準決勝で敗れたものの、5割の打率を残して個人では最優秀打撃賞に輝いています。

また県選抜である群馬ダイヤモンドペガサスJrにも選出されて、全国レベルを経験していますね…!

硬式球への対応力も高く、前橋育英への入学後すぐに頭角を現しており、早くから2021ドラフト候補と目されているのも納得です。

Sponsored Link

前橋育英・皆川岳飛はホームランに注目

皆川岳飛選手はなんといっても優れた打撃センスが魅力ですが、ホームランを打てるパンチ力にも注目です。

2019春に行われた群馬県の1年生強化試合(若駒杯)では、驚愕の2打席連続ホームランを放っていましたね!

左打席でバットを揺らしながら構え、早めの始動でボールを待つ姿はいかにも打ちそうなオーラがすごいです。

またホームランで貢献しての勝利にも関わらず、冷静に次の試合を見つめていたスケールの大きさにも驚かされました。

軽々とスタンドに運べるパンチ力も素晴らしいですし、皆川岳飛選手は高い打率を残せるバットコントロールにも長けている選手。

2年の2020シーズンの時点ですでに群馬ナンバーワン野手とも言われていますが、健大高崎の小澤周平選手らと並んでドラフトを沸かせてくれるプレイヤーと言えるでしょう。

Sponsored Link

ドラフト期待の皆川岳飛は身体能力も抜群

攻守に光る俊足

皆川岳飛選手の武器はバッティングだけでなく、身体能力の高さも見逃せません。

持ち前の俊足はプレーの随所にみられますし、攻守においてポテンシャルの高さを感じさせる選手なんですよね…!

打撃面では外野の間を抜いた打球で果敢に次の塁を狙えるほか、守備面では広い守備範囲で攻撃の芽を摘んでいます。前橋育英で早くからポジションを獲得しているのも納得。

打球判断やポジショニングなども素晴らしく、野球センスの高さが垣間見えるところも皆川岳飛選手の魅力の1つでしょう。

投手も務めた強肩

皆川岳飛選手の魅力を語るうえでもう1つ欠かせないのが強肩ぶりです。

中学時代には投手も経験しており地肩が強く、高校入学後は外野手としての守備で貢献しています。

肩が強いだけでなくスローイングの正確性も含め、走攻守すべての面で魅せてくれる選手ですね…!

1学年下には抜群の守備センスを誇る内野手・横倉拓実選手もいますし、前橋育英の強固な守備は今後もハイレベルなものになっていきそうです!

参考:横倉拓実(前橋育英)は守備で魅了|桐生ボーイズの逸材は攻守に注目

Sponsored Link

皆川岳飛は兄も前橋育英でドラフト期待

前橋育英の中心で活躍する皆川岳飛選手は、高いポテンシャルを持った野手として2021ドラフト指名にも期待が膨らみます。

ちなみに皆川岳飛選手の兄は前橋育英OBの皆川喬涼投手(現中央大学)で、最速149キロを投げ込むなど兄弟揃ってドラフト候補に名を連ねているんですよね…!

兄に続いて甲子園の舞台で暴れまわってほしいですし、プロの舞台での対決が実現すれば球界も盛り上がるでしょうから今後も皆川兄弟から目が離せません。

身長181cm・体重78kgと均整のとれた体格も、以前にも増して力強さを感じさせます。

全国区になるポテンシャルは十分に秘めた選手だけに、皆川岳飛選手の成長をこれからも追いかけていきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック