2022ドラフト野手

横倉拓実(前橋育英)は守備で魅了|桐生ボーイズの逸材は攻守に注目

桐生ボーイズで主力として活躍し、2020春からは進路を前橋育英に決めた横倉拓実選手。

華麗な守備は間違いなく世代トップクラスの技術を持っていて、高校でも早い段階でのレギュラー奪取に期待が高まります。

小学時代には西武ライオンズジュニアを経験し、中学時代には東日本選抜にも名を連ねるなどハイレベルなプレーで進路が話題になっていた内野手ですね!

前橋育英でも攻守の要への成長に期待がかかる、横倉拓実選手を特集していきましょう。

参考:前橋育英の2020新入生は?野球センス抜群で粒ぞろいなメンバー!

横倉拓実の小学時代は西武ライオンズジュニア出身

横倉拓実選手は小学生の頃、少年野球チームの広沢子供会に所属していました。

抜群の野球センスは幼少期から光るものを見せていて、小学6年時には熾烈な争いのなか西武ライオンズジュニアの18人のメンバーに選出。

背番号6をつけて、将来有望とされる選手たちのなかでもショートを任されていましたね!

このとき西武ライオンズジュニアのチームメイトには桐蔭学園・相澤白虎選手ら注目選手が多く揃っていましたから、高校でも関東大会や甲子園での再会は十分にありえるでしょう。

Sponsored Link

横倉拓実は中学でも桐生ボーイズで東日本選抜

中学への進学後には、群馬の桐生ボーイズでプレーしていた横倉拓実選手。

桐生ボーイズでは日本代表の注目左腕・川井泰志投手(大阪桐蔭)らと共に主力でチームを牽引しており、中学3年時には主に一番・ショートで攻守に存在感を放っていました。

全国大会出場にも大きく貢献したほか、中学時代にも鶴岡一人大会の東日本選抜メンバーに選出。

またボーイズの北関東選抜や報知オールスターの群馬県選抜にも名を連ねていたわけですが、その群馬県選抜でも二番・ショートで抜群のセンスを見せつけていましたね…!

各世代で上のステージを経験している選手ですし、中学日本代表に選ばれなかったのが不思議なほどの逸材です。

Sponsored Link

前橋育英・横倉拓実の華麗な守備は一級品

前橋育英のレギュラー争いにも早くから食い込んでいくであろう横倉拓実選手ですが、守備力の高さは高校でも即戦力と言えるでしょう。

試合前のシートノックから格の違いを感じさせる動きを見せており、軽快なフットワークと柔らかいグラブさばきをはじめ流麗な身のこなしは観客の目を奪います。

小中学と主にショートのポジションを守ってきた選手で、守備範囲の広さにも定評がありますね!

スローイングの安定感も含め、堅守が光る前橋育英でも内野の要として十分に期待できる実力の持ち主だけに、高校でもドラフト期待の内野手として注目を集めるのではないでしょうか。

中学の群馬県選抜で二遊間を組んだ岡田啓吾選手とは高校でもチームメイトになりますし、この先も前橋育英の内野陣は目が離せません…!

参考:岡田啓吾(前橋育英)はセンス抜群|中学は群馬選抜の注目内野手

Sponsored Link

横倉拓実は打撃でも前橋育英の武器になる

華麗な守備で魅せる一方で、横倉拓実選手はバッティングにも注目です。

バットコントロールが上手い左の巧打者で、中学時代にもリードオフマンとして打線を牽引していました。

コースに逆らわずに弾き返すことが出来るバッティングに加えて選球眼も良く、簡単にアウトにならない粘り強さは相手バッテリーとしても手を焼くでしょう。

出塁率が高い選手だけに、高校でパワーがついてくると更に楽しみになりますね…!

それこそドラフト注目の皆川岳飛選手ら上級生に混じっても十分にプレーできる選手だと思いますし、早くから出場機会を掴むことに期待しています。

これからの前橋育英の攻守の要として、横倉拓実選手の名前はぜひ覚えておきましょう。

参考:皆川岳飛(前橋育英)はドラフト注目|ホームランも期待の俊足強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック