2022注目の内野手

岡田啓吾(前橋育英)はセンス抜群|中学は群馬選抜の注目内野手

高崎中央ボーイズの主力で活躍し、2020春からは群馬の強豪・前橋育英に進路を決めた岡田啓吾選手。

広角にヒットを放つ巧みなバットコントロールと、高い守備力で期待されている内野手です。

小学時代は西武ライオンズジュニアのメンバーにも選出されたほか、中学時代には群馬県選抜のメンバーにも名を連ねていました。

前橋育英でも内野の要として注目の、岡田啓吾選手を特集してきましょう。

参考:前橋育英の2020新入生は?野球センス抜群で粒ぞろいなメンバー!

岡田啓吾の小学は西武ライオンズジュニア出身

右投げ左打ちの岡田啓吾選手は小学生の頃、軟式野球チームの原市イーストで野球を始めました。

原市イーストでもチームの主力で活躍していた岡田啓吾選手は、小学6年時には西武ライオンズジュニアのセレクションに参加。

見事18人のメンバーに選ばれ、NPBジュニアトーナメントで背番号2を背負って活躍していましたね!

ヤクルトスワローズジュニア戦や阪神タイガーズジュニア戦では二番・レフトでスタメン出場も果たしています。

また、西武ライオンズジュニアでともに戦った川井泰志投手は、大阪桐蔭で次期エース候補として注目されていますし、全国の舞台での対決に期待したいですね!

Sponsored Link

岡田啓吾は中学も高崎中央ボーイズで県選抜

群馬大会でMVP獲得

中学への進学後には、硬式野球チームの高崎中央ボーイズに所属していた岡田啓吾選手。

中学2年秋の新チームからは強豪チームで主将を務めるなど、チームを群馬支部秋季大会、ライオンズカッブの優勝に導きました。

群馬支部秋季大会では個人でも最優秀選手(MVP)を受賞しており、存在感は際立っていましたね…!

群馬選抜でもスタメン

また、チームでの活躍が評価された岡田啓吾選手は、東日本報知オールスターの群馬選抜にも選出。

このときの2019群馬県選抜は逸材揃いでしたが、七番・セカンドでスタメン出場を果たしているあたりにもポテンシャルの高さを感じます。

ちなみに報知オールスターで二遊間を組んだ横倉拓実選手は前橋育英でもチームメイトですし、高校でもハイレベルな二遊間コンビには期待です!

参考:横倉拓実(前橋育英)は守備で魅了|桐生ボーイズの逸材は攻守に注目

Sponsored Link

前橋育英・岡田啓吾は抜群の打撃センス

優れたバットコントロール

前橋育英でもチームの中心での活躍に期待の集まる岡田啓吾選手は、まずミート力の高さに注目です。

中学時代の高崎中央ボーイズでも巧みなバットコントロールで、右に左にヒットを量産していました。

体格的にもこれからパワーがついてくるでしょうし、長打力も備えてくるとさらにおもしろくなってきますね…!

前橋育英打線のキーマンになれる巧打者だと思いますし、高校での成長も本当に楽しみです。

器用なバッティング

また優れたバットコントロールに加えて、器用な打撃でもチームに貢献できる岡田啓吾選手。

西武ライオンズジュニアでは二番打者で、東日本報知オールスターの群馬選抜でも七番を打っていましたが、チャンスメーカーとしての働きは見もの。

状況に応じて小技も絡めるなど、なんでも出来る打者として高校でも高い評価を受けることになるでしょう。

1学年上には県内屈指の強打者・皆川岳飛選手もいますし、岡田啓吾選手の働きは得点力に直結することになるはずです。

参考:皆川岳飛(前橋育英)はドラフト注目|ホームランも期待の俊足強打

Sponsored Link

岡田啓吾は守備力でも前橋育英の要に

セカンドで見せる高い守備力で、岡田啓吾選手は前橋育英で内野の要としても期待が高まります。

巧みなグラブさばきと軽快なフットワークをいかした安定感のある守備は世代屈指。

また高崎中央ボーイズでは投手も務めていた強肩の持ち主で、スローイングの良さも見逃せません。

2021ドラフト期待の菊池樂投手ら、前橋育英の投手陣にとっても心強い存在でしょう。

中学時代は高崎中央ボーイズで主将も務めていましたし、プレー以外でもチームを牽引する選手に成長してほしいところ。

前橋育英の攻守の中心へと成長し、甲子園で躍動する姿にも期待しながら、岡田啓吾選手の活躍を追いかけていきたいと思います!

参考:菊池樂(前橋育英)は完成度に注目|ドラフト期待の左腕は中学も県選抜

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック