2022ドラフト投手

川井泰志(大阪桐蔭)は中学日本代表|桐生ボーイズ出身の中学最強左腕

群馬の強豪チーム・桐生ボーイズでエースとして活躍し、進路を大阪桐蔭へ決めた川井泰志投手。

185cmの長身から繰り出すストレートは抜群のキレを誇る上に、精度の高い変化球も操る本格派左腕です。

小学時代から西武ライオンズジュニアにも選出され、中学の桐生ボーイズでも全国大会出場や日本代表を経験している逸材なんですよね…!

中学ナンバーワン左腕とも呼ばれ、大阪桐蔭の次期エース候補としても注目を集めている、川井泰志投手について特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020注目選手|メンバーは投打に充実で優勝候補筆頭

川井泰志は小学時代に西武ジュニア出身

左投げ左打ちの川井泰志投手は、地元の少年野球チーム・桐生西小ファイターズで野球を始めました。

桐生西小ファイターズではエースとして活躍し、全国大会にも出場。

また小学6年時には厳しいセレクションを通過し、西武ライオンズジュニアにも選出されています。

ライオンズジュニア選出からもわかるように、幼い頃から川井泰志投手はピッチャーとしてのポテンシャルは群を抜いており、地区でも有名なサウスポーでしたね!

Sponsored Link

川井泰志は中学時代に出身の桐生ボーイズで日本代表

日本代表でベストピッチャー

桐生市立中央中学校への進学後、川井泰志投手は硬式野球の強豪・桐生ボーイズに入団します。

出身の桐生ボーイズでもエースとして君臨し、中学でもチームを全国大会出場に導いていますね!

さらに中学3年の夏には世界少年野球大会の日本代表にも選出され、14イニング無失点の快投でベストピッチャー賞を受賞。

世界の舞台でも、中学ナンバーワン左腕との呼び声に相応しいだけの活躍を見せています…!

Sponsored Link

中学卒業時にも進路が話題の注目選手

また世界を舞台とした日本代表だけでなく、鶴岡一人記念大会の東日本選抜メンバーにも選ばれた川井泰志投手。

選抜でもエース級の活躍を見せており、桐生ボーイズ時代には確かな地位を確立していることが見て取れます。

どこの高校を選択するのか進路にも注目が集まっていましたが、大阪桐蔭での飛躍も本当に楽しみですね!

同じく中学日本代表で活躍を見せた星子天真選手らも進路を大阪桐蔭に決めていますし、この世代の活躍ぶりからは目が離せません。

参考:星子天真(大阪桐蔭)は中学日本代表|兄弟で魅せる抜群の野球センス

Sponsored Link

大阪桐蔭・川井泰志は球速とノビに注目

大阪桐蔭に進路をとった川井泰志投手の大きな魅力の1つが、最速140キロに迫るノビのあるストレートです。

中学日本代表でも海外の強打者を相手にストレートで差し込む投球を披露していましたが、球速以上のスピードを感じさせる質の高いボールを投げられる投手なんですよね…!

「桐生ボーイズの練習は厳しかった」とインタビューで語っていましたが、川井泰志投手は徹底的に走り込みを行って下半身を鍛えるなど、向上心も素晴らしいものがあります。

下半身強化のおかげで制球も安定し、安定感の面でもワンランク上の投手になったと言えるでしょう。

身長185cmの恵まれた体格を誇りますし、これから身体が出来てくれば球速も間違いなく伸びていくでしょうから、大阪桐蔭のエース候補としても大きな期待が掛かりますね!

最速146キロ左腕のドラフト注目・松浦慶斗投手らと並んで、大阪桐蔭の次世代を支える左腕になりそうです…!

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)はドラフト期待|中学日本代表は球速にも大注目

Sponsored Link

大阪桐蔭・川井泰志は変化球も一級品

ストレートで球速以上のスピードを感じさせる一方で、川井泰志投手は完成度の高い変化球にも定評があります。

球種としてはカーブとチェンジアップの二種類を軸にしており、中でも落差の大きいカーブは相手打線にとって驚異的な変化を見せますね!

コントロールも良いため変化球でもカウントを整えることが出来ますし、状況に応じた投げ分けが可能なピッチャーである点も川井泰志投手の持ち味の1つになっています。

同世代の147キロ右腕・別所孝亮投手も大阪桐蔭に進路を決めており、世代トップクラスの左右二枚看板は話題をさらいそうです…!

中学の時点で完成度の高さは群を抜いていますから、大阪桐蔭での成長には大いに期待していきましょう。

参考:別所孝亮(大阪桐蔭)は球速に注目|中学一の豪腕は野茂ジャパン出身

Sponsored Link

イケメン川井泰志は大阪桐蔭で全国を沸かせる

ノビのあるストレートや精度の高い変化球を操るピッチングだけでなく、川井泰志投手は端正な顔立ちにも注目したい投手です。

中学ナンバーワン左腕と呼ばれた実力はもちろん、イケメンピッチャーとしても甲子園を沸かせる可能性は十分でしょう…!

2022年にはドラフト候補として騒がれるだけの資質は持っているだけに、大阪桐蔭でも早い段階で頭角を現してほしい選手ですね!

実力とルックスを兼ね備えた投手ですし、高校野球ファンを沸かせてくれる日が待ち遠しいです!

大阪桐蔭の2020新入生には海老根優大選手らハイレベルな選手が集いますから、再び全国制覇に挑む戦いにも注目していきましょう。

参考:海老根優大の進路は?父親譲りで陸上選手並の俊足にも注目の怪物