2022ドラフト野手

海老根優大(大阪桐蔭)は中学日本代表|ホームランに期待の怪物野手

千葉の強豪・京葉ボーイズで主力を務め、2020春から大阪桐蔭に進路を決めていてる海老根優大(えびね ゆうだい)選手。

180cm超えで高校生顔負けのどっしりした体格を生かした、豪快なバッティングに注目が集まる右の強打者です。

出身の京葉ボーイズでは中学日本代表への選出や全国制覇を経験し、進路が大きく注目されていた選手の一人で、中学ナンバーワンとの呼び声高い逸材なんですよね…!

大阪桐蔭で次世代の主軸候補として期待が高まる、海老根優大選手を特集していきましょう!

参考:海老根優大の進路は?父親譲りで陸上選手並の俊足にも注目の怪物

海老根優大の小学時代は千葉ロッテジュニア出身

右投げ右打ちの海老根優大選手は小学生のときに地元の少年野球チーム・勝田台リトルジャガーズで野球を始めました。

小学6年生では厳しいセレクションを通過し、千葉ロッテマリーンズジュニアに選出。

その千葉ロッテマリーンズジュニアでは背番号11をつけてプレーしていましたが、本戦ではホームランを放つなど存在感は当時からずば抜けていましたね…!

また海老根優大選手はその後、カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会の日本代表にも選出され、日本の優勝に貢献しました。

このとき日本代表では、同じく大阪桐蔭に進路を決めた注目選手・星子天真選手とチームメイトでしたね!

高校でも全国屈指の野手陣となることは間違いないでしょうし、甲子園で暴れ回ってほしいものです!

参考:星子天真(大阪桐蔭)は中学日本代表|兄弟で魅せる抜群の野球センス

Sponsored Link

海老根優大は京葉ボーイズで中学日本代表

出身の京葉ボーイズでホームラン量産

海老根優大選手は中学に進学後、強豪の京葉ボーイズに所属していました。

出身の京葉ボーイズでは中学2年から先頭打者を任されるなど主力で活躍し、中学3年時には主砲としてチームを牽引。

京葉ボーイズは全国大会で春夏連覇の偉業を達成していますが、海老根優大選手がその立役者であったことは間違いありません…!

走攻守すべてにおいてハイレベルな選手ですから、進路が話題になっていたのみ必然のように感じますね。

中学日本代表でも中心選手

京葉ボーイズの主力として春夏連覇に貢献した海老根優大選手は、中学日本代表でも中心的な選手でした。

U15日本代表と野茂ジャパン(JUNIOR ALL JAPAN)に選出され、U15日本代表では『アジアチャレンジマッチ2019』でホームランを放つなど、日本の優勝に大きく貢献しましたね!

U15日本代表と野茂ジャパンの双方に選ばれた中学生は、史上初ではないでしょうか…!

ずば抜けたポテンシャルを誇り中学卒業時点でドラフトの声も挙がっている逸材だけに、高校での成長ぶりは目が離せません。

Sponsored Link

大阪桐蔭・海老根優大はホームランに期待の注目選手

大阪桐蔭での飛躍が楽しみな海老根優大選手は、まず魅力として注目したいのがホームランも期待のバッティングです。

身長181cm・体重83kgの恵まれた体格を活かして中学通算26本ものホームランを放ち、全国制覇を果たした京葉ボーイズの主砲に相応しい活躍を見せていましたね!

また、スポーツ番組の『S☆1』では中学野球界の至宝として特集されるなど、高校入学前から大きく話題になっていました。

右中間にも鋭い打球を飛ばせる広角打法にも注目の右打者ですし、日本代表で共に中軸を担った伊藤櫂人選手とは大阪桐蔭でも強力打線を作り上げてほしいですね!

参考:伊藤櫂人は大阪桐蔭の主軸候補|中学日本代表の四番は西濃ボーイズ出身

Sponsored Link

大阪桐蔭・海老根優大はバッティングだけじゃない

攻守に光る俊足

中学通算26本のホームランを放ったバッティングに注目が集まる一方で、海老根優大選手は三拍子揃った選手である点も忘れられません。

50メートルで6秒ジャストをマークする俊足で、中学日本代表でもチーム一のスピードを誇っていました。

広い守備範囲に注目の外野手としても能力の高さが光っていますから、大阪桐蔭でも攻守に高校野球ファンを沸かせてくれそうですね!

大阪桐蔭は走塁を重視することでも有名なだけに、海老根優大選手のセンスが存分に引き出されるのではないでしょうか…!

強肩ぶりも注目の外野手

50メートル6秒0の俊足もさることながら、外野からの送球では持ち前の強肩を発揮している海老根優大選手。

遠投は中学の時点ですでに100メートルをマークしていて、外野からは中学生とは思えない強肩ぶりを見せていました。

世代屈指の左腕として注目を集める川井泰志投手をはじめ、大阪桐蔭は強力な投手陣も見ものですが、海老根優大選手は守備でもチームを支えてくれるでしょう。

インタビューでは広島の鈴木誠也選手に憧れているとも語っていますし、将来は日本代表を背負うような選手になってもらいたいですね!

参考:川井泰志(大阪桐蔭)は中学日本代表|桐生ボーイズ出身の中学最強左腕

Sponsored Link

海老根優大は大阪桐蔭からのドラフトに期待

走攻守すべてにおいて超中学級の能力を発揮し、進路が注目されていた中で大阪桐蔭でのプレーを決めた海老根優大選手。

高校では100本くらいホームランを打ちたいとも語っていますから、高校通算ホームラン数を塗り替えるような活躍に期待したいですね…!

ドラフト候補がズラリと並ぶ2学年上の先輩はもちろん、1学年上にも2021ドラフト候補の強打者・池田陵真選手ら逸材が揃うため、海老根優大選手がどこまでレギュラー争いに食い込んでいけるかは見ものです。

ずば抜けた身体能力で、大阪桐蔭で順調に成長していけばドラフト上位指名は確実とも言われているだけに、怪我なく成長していってほしいところ。

2022ドラフト候補として早くも注目を集めている海老根優大選手を、これからも応援していきたいと思います!

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック