2022ドラフト野手

海老根優大の進路は?父親譲りで陸上選手並の俊足にも注目の怪物

京葉ボーイズ出身で中学日本代表にも選出されるなど、進路にも大きな注目を集めている海老根優大(えびね ゆうだい)選手。

2020春からは高校球児として新しいスタートを切るわけですが、陸上選手顔負けの俊足を誇るなど、ポテンシャルの高さは群を抜いています。

まだ気が早いとはとはいえ順当にいけば2022ドラフトでも注目を浴びる選手ですから、高校野球ファンからも熱い視線が注がれるでしょうね…!

この記事では京葉ボーイズ出身・海老根優大選手の進路や、話題となっている父親についても含めて特集してみました。

参考:海老根優大(大阪桐蔭)は中学日本代表|ホームランに期待の怪物野手

京葉ボーイズ・海老根優大の進路は大阪桐蔭高校

中学では京葉ボーイズでプレーし、日本代表や野茂ジャパンにも選出されるなど世代ナンバーワンの注目株として話題になった海老根優大選手。

2020春から高校に進む逸材の進路も当然ながら注目されていましたが、海老根優大選手の進路は大阪桐蔭高校に決まったんだとか。

出身の京葉ボーイズ時代から高校野球ファンが楽しみにしていた逸材だけに、大阪桐蔭高校での活躍にも期待が高まりますね…!

ちなみに以前のインタビューで「意識している選手」を問われた際に海老根優大選手は、千葉ロッテマリーンズジュニアからU12日本代表、京葉ボーイズと先輩だった1学年上の齋藤広空選手を意識していると語っていました。

齋藤広空選手は進路を日大三高に決めていたため、もしかすると海老根優大選手も…?とも思っていたのですが、全国屈指の強豪・大阪桐蔭高校で次のステージを戦うことを決めています。

2019新入生として大阪桐蔭高校に進路をとった中学日本代表の四番・池田陵真選手もすでにレギュラーとして活躍していますし、海老根優大選手のこれからも本当に楽しみです!

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

海老根優大の父親は競輪で母親も元陸上選手

進路が大阪桐蔭高校に決まり、今後さらに注目度が増すことは間違いない海老根優大選手ですが、ずば抜けた身体能力は父親譲りとも言われています。

というのも、父親の海老根恵太さんは現役の競輪選手なんですよね…!

2009年には年間賞金王も獲得するなど、第一線で活躍していることがわかります。

ちなみに父親の海老根恵太さんは、中学時代には陸上の110メートルハードルで全国クラスの選手だったとのこと。

母親のさおりさんも元陸上選手ですから、海老根優大選手が50メートル6秒0と陸上選手並のスプリント力を兼ね備えているのも納得ですね…!

父親の恵太さんは以前、海老根優大選手に対して「たいした実力でもないのに過大評価されている」とインタビューに答えていましたが、高いレベルに身を置いている競輪選手だからこそ愛のある言葉とも受け取れます。

アスリートの先輩でもある父親に負けじと、今後も成長を遂げてほしいものです!

Sponsored Link

海老根優大は中学で体育会TVのテレビ出演でも話題

大阪桐蔭高校での成長が楽しみな京葉ボーイズ出身の海老根優大選手ですが、中学時代には「炎の体育会TV」でテレビ出演したことでも話題になりました。

2019年11月2日放送の体育会TVでは、限られた時間内に何枚のボードを打ち落とせるかを競う「野球100秒チャレンジ」に挑戦。20枚中12枚の記録を残しました。

体育会TVではプロの選手でも15枚前後の記録が多いですから、海老根優大選手のバットコントロールは今後も期待したいですね…!

大阪桐蔭高校の1学年上には中学ナンバーワンとも呼ばれ、同じくテレビ出演も果たしていた関戸康介投手もいますし、常勝軍団はこの先も目が離せません。

進路を決めた海老根優大選手が大阪桐蔭高校でどこまでの飛躍を見せてくれるのか、楽しみにして追いかけていきたいと思います!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック