2021ドラフト投手

植草翔太(帝京)はドラフト期待|球速と奪三振に注目の大型右腕

東京の強豪・帝京で1年の2019年からベンチ入りしていた大型右腕・植草翔太(うえくさ しょうた)投手。

189cmの長身から投げ下ろす、角度のあるストレートを軸に将来が楽しみなドラフト期待のピッチャーです。

制球力や変化球の精度も高く、2020夏に公式戦デビューを果たして素晴らしいピッチングを披露していましたね!

投手としての素材の良さから2021ドラフトにも期待がかかる、帝京の植草翔太投手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

帝京・植草翔太は球速に期待の右腕

最速140キロ間近

右投げ右打ちの植草翔太投手ですが、まず注目したいのは球速140キロに迫るストレートです。

ワインドアップからキレイな球筋で、伸びのあるストレートがキャッチャーミットに気持ちよく収まります。

最速140キロに乗せてくるのも時間の問題でしょうし、打者が空振りすることが多いため球速以上に伸びていることがわかりますね…!

タイミングが合っていそうに見えて当たらないシーンも多く、これから球速もついてくると手が付けられなくなりそうな予感がします。

ちなみに帝京の名将・前田三夫監督も、植草翔太投手が1年の2019春から期待の新入生として名前を挙げていたほど。

2020夏にもマウンドに上がるなど頭角を現してきていますから、これからのピッチングが非常に楽しみですね!

角度もあるストレート

また植草翔太投手の持ち味はストレートの質だけでなく、長身を生かした角度も魅力の1つです。

オーバースローから最速140キロに迫るストレートが低めコントロールされれば、相手打者としてはなかなか手が出ません。

植草翔太投手は長身でありながら制球力も高いため、直球・変化球ともにストライクゾーンを広く使える点も見もの。

身長189cm・体重84kgと恵まれた体格でロマンがありますよね…!

同じく東京地区の関東一・市川祐投手も本格派右腕として2021ドラフトが楽しみな逸材ですから、これからの争いも熾烈になっていきそうです。

Sponsored Link

ドラフト期待の植草翔太は変化球も注目

変化球の球種は?

植草翔太投手の持ち味は質の良いストレートだけでなく、変化球の精度も素晴らしいものがあります。

主な球種としては

  1. 縦スライダー
  2. フォーク
  3. ツーシーム

を投げ分けることができるため、ピッチングの幅が広いのも特徴的な投手と言えるでしょう。

変化も鋭く、ストレートとの緩急を利用して変化球で三振を取ることも多いですね!

長身からのフォークに期待

植草翔太投手の変化球で特に注目のボールとして、落差のあるフォークは見逃せません。

中指の先から手のひらの付け根まで約20cmあるという、長い指から繰り出すフォークは決め球として十分な威力。

2020夏の公式戦初登板では変化球を織り交ぜたピッチングで、7回3安打9奪三振の好投で素晴らしい完封デビューも果たしているんですよね!

ツーシームの調子が良くない状況にもしっかり対応していた部分は、初登板とは思えない落ち着きがありました。

すでにプロの4球団が視察に訪れており、巨人・野間口スカウトからは「タイミングが取りづらい楽しみな投手」と高評価を得ていました。

同世代では攻守で抜群のセンスを誇る武藤闘夢選手もドラフトに期待がかかりますし、帝京はこの先も強いチームになっていきそうです!

参考:帝京・武藤闘夢はドラフト期待|中学は桐生ボーイズでホームランも

Sponsored Link

植草翔太は帝京からドラフトなるか

帝京投手陣の柱として期待の植草翔太投手は、将来性の高さにおいても非常に楽しみな大型右腕です。

体格的にもまだまだ厚みが増す可能性がありますし、それに伴って球速もどんどん伸びていくでしょう。

未完成な部分も多い投手であるだけに、スケールの大きな投手に成長してドラフトでも騒がれてほしいですね…!

覚醒を見せれば2021ドラフトでは目玉となる可能性も十分に秘めているため、帝京でのピッチングには注目。

ずば抜けた俊足を誇る杉本直将毅選手が外野のポジションにいたりバックも強力ですから、帝京の守備の中心で植草翔太投手には存在感を示してほしいところです!

帝京からのドラフトにも期待しつつ、植草翔太投手のこれからを追いかけていきましょう。

参考:杉本直将毅(帝京)の俊足はドラフト級|中学は東練馬シニアで全国準V

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック