2021ドラフト投手

市川祐(関東一高)は中学日本代表|ドラフト期待の次世代エース

関東一高で1年からベンチ入りを果たした注目の本格派・市川祐(読み方は「いちかわ たすく」)投手。

新宿シニアに所属した中学時代には日本代表も経験した右腕で、高校での成長にも期待がかかります。

1年の2019夏の甲子園でも履正社打線を相手に好投を見せ、早くも2021ドラフトに期待する声が挙がっていましたね!

これから全国区のピッチャーに成長していくであろう、関東一高の市川祐投手を特集してみました。

参考:関東一の2020新入生は?メンバーは投打に充実で将来にも期待!

市川祐は出身の新宿シニアでも逸材ぶりを発揮

中学日本代表は身長180cm超え

市川祐投手は新宿区立四谷中学の出身で、野球では新宿シニアに所属。

身長182cm・体重83kgと中学生離れした体格の本格派で、新宿シニアでは主力として全国大会も経験しています。

さらに中学3年時には日本代表にも選出されて全米選手権での優勝に貢献するなど、当時からポテンシャルの高さは素晴らしいものがありましたね!


中学時代の球速は常時130キロ前後で、日本代表での戦いでは全米選手権の決勝にも先発しています。

アメリカ代表の球速や伸びには衝撃を受けたと語っていますが、市川祐投手は決勝で無失点の好投を見せているあたりさすがですね…!

新宿シニアを選んだ理由

新宿シニア出身の市川祐投手ですが、新宿シニアを選んだ理由として「礼儀を大切にしているチーム」であることを挙げています。

実際に新宿シニアは強豪チームである一方で、野球の技術以上に礼節を重んじることでも有名なんですよね。

緒方将介監督が以前「野球が上手いだけでは使わないしベンチにも入れない」と語っていました。

そんな新宿シニア出身の市川祐投手は中学時代から走り込みや体幹などのトレーニングを積んできており、高校で飛躍する基盤が出来上がっていることも見逃せません…!

横浜に進学した金井慎之介投手もそうですが、中学でのトレーニングも年々「先を見据えた」方向にシフトしてきているように感じますね。

参考:金井慎之介(横浜)の球速はまだ伸びる|中学時代に完投0の理由が凄い

Sponsored Link

関東一高・市川祐の注目ポイント

球速140キロに迫るストレート

関東一高で1年からベンチ入りしたこと自体が素晴らしいですが、まず市川祐投手の魅力はストレートです。

2019夏の甲子園では最速138キロをマークしており、球速が140キロを超えてくるのも時間の問題でしょう。


2020ドラフトに期待がかかる履正社の大砲・小深田大地選手からはストレートで三振を奪って見せました。

これまで関東一高では土屋大和投手谷幸之助投手の二枚看板が柱になっていましたが、今後は市川祐投手が投手陣を引っ張る存在の一人になることは間違いありません。

参考:関東一・谷幸之助はドラフトなるか|球速150キロ目前の未完の大器

変化球のキレも抜群

またノビのあるストレートを投げる一方で、市川祐投手は変化球にも自信を持っています。

カウントを整えることも出来ますし、精度が非常に高いボールを持っているんですよね。

ドラフト注目の履正社の四番・井上広大選手ら、二番から始まる打順にも関わらず見事な投球を披露したのは痺れました…!


球種はスライダー・カーブ・チェンジアップを持っていますが、特に市川祐投手のチェンジアップは攻略が難しいでしょうね!

2019夏の東東京大会では登板回数こそ2イニングと少なかったものの、5奪三振をマークしていることも納得です。

大型右腕だけに、縦の変化球にも強みがあることは今後の成長が楽しみです…!

参考:井上広大(履正社)がドラフト注目の理由は飛距離だけじゃなかった

Sponsored Link

関東一高・市川祐は2021ドラフトにも期待したい

2019夏に1年生とは思えないピッチングを披露した関東一高の市川祐投手。

早くもドラフトに期待の声が挙がっていますが、2021年には十分に可能性があるピッチャーだと思います。


同じく1年生でスタメンに名を連ねた初谷健心選手も素晴らしい活躍を見せていましたし、これからの関東一高も強そうです…!

将来が楽しみな市川祐投手には今後も注目して、マウンドでの投球を応援していきましょう。

参考:初谷健心(関東一)は中学で関東MVP|打撃センス抜群のイケメン野手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック