<2019ドラフト>

関東一・谷幸之助はドラフトなるか|球速150キロ目前の未完の大器

東東京大会を制して甲子園出場を決めた関東一高の本格派右腕・谷幸之助(たに こうのすけ)投手。

最速147キロを誇るストレートは球速だけでなくキレもあり、甲子園で覚醒を見せればドラフト候補としても名が挙がる資質は十分に持っています。

制球にバラつきがあるため完成度にはやや課題を残すものの、「第二の吉田輝星を目指せる」とも言われる一級品の真っ直ぐを投げられる投手だけにこれからが楽しみですね!

最後の夏に活躍を見せてドラフト候補に浮上するか。関東一の谷幸之助選手について、詳しく見ていきましょう。

 

谷幸之助の出身は八王子シニア

本格派右腕として注目が集まる谷幸之助投手ですが、小中時代からすでにポテンシャルの高さは際立っていました。

小学生の頃にはIBAF12 歳以下世界選手権大会のトライアウトを勝ち抜いており、このときのメンバーにはドラフト注目の常総学院・菊田拡和選手らも名を連ねていましたね。

中学時代の八王子シニアでも自慢のストレートに磨きをかけていますし、関東一高でも早々に見せていたポテンシャルの高さは当時から健在だったといえるでしょう。

参考:常総学院・菊田拡和のドラフトに注目|右へのホームランは驚異のスイングから

Sponsored Link

関東一・谷幸之助はドラフトなるか

2019秋のドラフトにも期待がかかる関東一・谷幸之助投手ですが、もう一皮むけると本当に楽しみなピッチャーになってくると思います。

そんな谷幸之助投手の注目ポイントをいくつか見ていきましょう。

真っ直ぐの威力は十分

身長176cm体重82kgと、どっしりした体格の谷幸之助投手。その魅力は何と言ってもストレートで、150キロ近い球速を誇る真っ直ぐの威力は十分です。

特に指にしっかりかかった際のキレは目を見張るものがあり、しっかり空振りを奪えるあたりからも質の高さが伺えます。

冬場のトレーニングではリストの強化に励むなどキレを意識した取り組みを続けてきたわけですが、東東京大会では多少球速を抑えても相手バッターが振り遅れる場面が目立ちました。

関東一高には好投手・土屋大和投手も控えているだけに、甲子園では谷幸之助投手の力を込めたボールに期待したいですね!大いに球場を沸かせてほしいと思います。

優勝候補の一角である東海大相模の二刀流・遠藤成選手も最速145キロのスピードボールを持っていますから、対戦があるとかなり楽しみです…!

参考:遠藤成(東海大相模)はドラフト注目|二刀流はスイングスピードも一級品

2019夏の東東京大会で見せた成長

関東一高は安定した戦いぶりで2019夏の東東京大会を勝ち抜きましたが、谷幸之助投手は3つの完封を見せるなど上々のピッチングを見せました。

八王子シニア時代から自覚があったリリースポイントのばらつきも修正され、自滅していた以前の投球とは見違えるほどのピッチャーになった印象を受けます。


与四球が多い点が気になるものの以前のように1イニングで連発してしまうようなこともなく、終始落ち着いて丁寧に投げていましたね。

全国トップクラスの俊足を誇る大久保翔太選手ら守備陣が堅守を誇る上に、こういった精神的な成長も見られますから、甲子園の大舞台でのマウンドさばきにも注目していきましょう。

参考:大久保翔太(関東一)の俊足が凄すぎる|攻守に光るスピードは全国一か

Sponsored Link

関東一・谷は日大三・井上広輝から刺激

2018冬には東京都選抜に選出されてキューバ遠征を経験した谷幸之助投手は、その際にドラフト注目の日大三・井上広輝投手から大きな刺激を受けたと言います。

そのずば抜けたストレートの威力にライバル心を燃やしつつも「真っ直ぐだけでは勝てない」と、冷静に自分のやるべきことに目を向けたあたりも素晴らしいですよね…!

かつては力任せに抑えにいって単調な組み立てを痛打される場面なども見られましたが、精神的にも一回り大きくなって迎える夏の甲子園は本当に楽しみです。

関東一高の躍進には谷幸之助投手の活躍が不可欠でもありますから、最高の舞台で存分に力を発揮してほしいと思います。

参考:井上広輝(日大三)はドラフト上位|怪我からの成長とエースの自覚に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック