<2019注目選手>

大久保翔太(関東一)の俊足が凄すぎる|攻守に光るスピードは全国一か

東東京の強豪・関東一のリードオフマンを務めるのが、右投げ左打ちの大久保翔太選手。

素晴らしい俊足の持ち主で、攻守で見せるスピードは高校球界随一といっても過言ではありません。

一塁到達タイムなど全国的に見てもトップクラスの速さがあり、夏の甲子園での活躍も本当に楽しみですね!

ずば抜けた身体能力を持つ、関東一の大久保翔太選手を特集してみました。

 

大久保翔太は中学時代にも一番センター

大久保翔太選手は強豪の取手シニア出身で、中学時代にも一番・センターでチームの主力として活躍していました。

俊足ぶりは当時から光るものがあり、相手チームの内野は自然と前進守備を強いられるほど。

関東一でのプレーを見てもセーフティーバントも上手く、小技を使える器用さも兼ね備えていますが、中学からずば抜けたスピードを誇っていましたね!

さらにパンチ力を警戒して外野は下がるなど、独特のシフトを敷かざるを得ない厄介なバッターでした。

Sponsored Link

関東一・大久保翔太の俊足が凄すぎる

プロでも上位の一塁到達タイム

全国トップクラスの俊足を誇る関東一の大久保翔太選手。

50メートル5秒7の足はとんでもないスピードがあり、内野手としては一瞬の油断も許されません。

一塁到達タイムは2018秋の東京大会で3秒64を計測してますが、プロでも話題の俊足・近本光司選手(阪神)が3秒7ですからね…!

大久保翔太選手のタイムはバント時ではあるものの、その足がいかに優れているかがわかります。


2019夏の甲子園でも星稜・東海林航介選手らと並んで全国トップクラスであることは間違いありません。

三塁線へのセーフティーバントも上手く、打席での期待感も物凄いものがあります…!

参考:東海林航介(星稜)はドラフト注目|出身中学では全国制覇の快足打者

一気に次の塁を陥れる走塁センス

俊足の大久保翔太選手は一塁到達タイムもさることながら、走塁の上手さも光ります。

ベースランニングを見てもグングン加速していきますし、生で見たときには度肝を抜かれました…!


2019夏の東東京大会ではランニングホームランも記録していますが、 これもまったく不思議ではない脚力がありますね。

この大会では盗塁数もチームトップの7つを記録していますし、塁上での動きからは目が離せません。

守備範囲も異次元レベル

さらに大久保翔太選手は外野手としての守備でも魅せます。

とにかく守備範囲が広く、ヒット性の当たりを当たり前にアウトにするプレーも目立ちます。


レフト・ライトへのカバーリングの意識も高く、谷幸之助投手ら関東一の投手陣としてはこの上なく助けられているでしょう…!

参考:関東一・谷幸之助はドラフトなるか|球速150キロ目前の未完の大器

Sponsored Link

関東一・大久保翔太は打撃センスも素晴らしい

身長173cm・体重64kgと細身ではあるものの大久保翔太選手は打撃センスも素晴らしく、2019夏の東東京大会ではチームトップの12安打で5割7分1厘の打率を残しました。

前チームからベンチ入りを果たしていた大久保翔太選手はミート力が高く、左右に打ち分けられる技術からもセンスを感じますね!


際どいボールをカットして粘ることも出来ますし、出塁率の高さを見ても理想のリードオフマンと言えるでしょう。

素晴らしいバットコントロールを見せる初谷健心選手も注目1年生ですし、関東一の躍進は非常に楽しみですね!

参考:初谷健心(関東一)は中学で関東MVP|打撃センス抜群のイケメン野手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック