<2019注目選手>

東海林航介(星稜)はドラフト注目|出身中学では全国制覇の快足打者

2019夏の石川大会決勝で満塁ホームランを放ち、星稜の甲子園出場に大きく貢献した東海林航介(読み方は「しょうじ こうすけ」)選手。

出身の星稜中学では日本一も経験している左の好打者で、持ち前の俊足を武器に星稜のリードオフマンとして「一番・センター」が定位置になっている選手です。

林和成監督から絶大な信頼を受けているバッターだけに、星稜躍進のキーマンとしても期待がかかりますね。

ドラフトでも注目されるポテンシャルの高さを誇る星稜・東海林航介選手について特集してみました。

 

東海林航介は出身の星稜中学で日本一

小学校では陸上で白山市1位

星稜の先頭打者として俊足にも注目が集まる東海林航介(読み方は「しょうじ こうすけ」)選手は、小学時代から足の速さが際立つ存在でした。

白山市で開催された小学校の陸上大会ではトップのタイムを記録するなど、当時から突出した脚力を持ち合わせていたことがわかります。

ちなみに石川大会決勝で対戦した小松大谷のエース・生長(いきなが)蓮投手は東海林航介選手を小学校の頃から知っていたそうで、よく知るバッターに決勝ホームランを許したことに悔しさをにじませていました。

東海林航介選手が小学時代から存在感を示していたことがわかりますね…!

中学時代は内野手として活躍

その東海林航介選手は星稜中学の出身で、中学3年の2016年には全国大会優勝も経験しています。

中学時代に日本一を経験しているのは非常に大きいですね!大舞台慣れしており、下級生の頃から甲子園で物怖じしないプレーを見せていたことも納得です。

また中学時代にはセカンドのポジションで活躍。当時は内山壮真選手と二遊間を組んでいました。

東海林航介選手は星稜高校に進学後も、主にショートやセカンドのポジションで内野手としてプレーしていましたね。

外野で見せる守備は高校からのコンバートとは思えない動きを見せていますから、やはり優れた野球センスを持ち合わせた選手であることは間違いありません。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

星稜・東海林航介の注目ポイント

抜群の打撃センス

ドラフト候補としても名前が挙がる東海林航介選手の持ち味として、抜群のセンスを見せる一番打者としてのバッティングからは目が離せません。

ミート力が高い左打者で智弁和歌山からプロ入りした西川遥輝選手(日本ハム)と比較されたりもしていますし、石川大会決勝戦での満塁ホームランは圧巻でした…!

もちろんセンターへの当たりも見事なのですが、この一発の前には難しいボールを立て続けにファールで粘っているんですよね。

元々その巧みなバットコントロールには定評がある好打者ですが、好球を呼び込むまでのプロセスも素晴らしいものがありました。

2019春のセンバツ甲子園では8打数1安打と振るわず、不調で苦しんだ時期もあったものの、ライナー性の打球を連発する本来のバッティングが戻ってきた東海林航介選手の打席は見ものです。

50メートル5秒9の俊足

抜群の打撃センスと併せて注目したいのが、50メートルを5秒9で走る脚力です。

センバツ甲子園出場を決めた2018秋の戦いでも8個の盗塁をすべて成功させるなど、出塁した際にホームへ生還する確率が非常に高い選手なんですよね…!

快足を飛ばして単打を二塁打にしてしまうなど東海林航介選手のプレーは攻守にスピード感が溢れ、甲子園の優勝候補としても名前が挙がる強力な星稜打線でキーマンとされているのも何ら不思議ではありません。

ホームランも期待できるパンチ力

小松大谷戦での満塁ホームランはインパクトがありすぎたため騒がれるのも当然ではあるものの、東海林航介選手はスタンドへ運ぶ力を十分に持っているバッターでもあります。

2019夏の石川大会では決勝以外にも2試合連続ホームランを放っていますし、2018秋の神宮大会でもスタンドに叩き込んでいるんですよね。

高校トップクラスの俊足を持つうえに長打力もあるバッターですから、甲子園での活躍にも大いに期待したいですね!

奥川恭伸投手らと共に目指す星稜の全国制覇には、東海林航介選手の力が不可欠です。

参考:奥川恭伸の執念と小池田樹の意地|世代最強右腕はきっともっと強くなる

Sponsored Link

星稜・東海林航介はドラフトにも期待

将来性も高評価

前述のとおり東海林航介選手は攻守にレベルの高い選手ですが、やはりドラフトにも期待がかかります。

身長180cm・体重76kgとバランスのとれた体格とグラウンドで見せるポテンシャルの高さは目を見張るものがあり、実際に「まだまだ伸びる」と将来性を高く評価する声も少なくありません。

俊足強打の左打者としては1学年下の智弁和歌山・細川凌平外野手もドラフト候補として注目を浴びていますが、東海林航介選手は最後の甲子園で実力通りの活躍を見せ、ぜひ存在感を示してほしいですね!

参考:細川凌平(智弁和歌山)はホームランも打てる理想の一番打者である

冷静に自己分析できる精神的強さ

東海林航介選手は元々内野のポジションを守っていたわけですが、星稜中学時代から内山壮真選手はレベルが違ったと話しています。

共に二遊間を守っている中で感じるものがあったのでしょう。「自分が試合に出られるとしたら外野しかない」と、高校から野球人生初の外野に挑戦したんですよね

この辺りの冷静さというか、自分の強みを客観的に考えられるメンタリティーも東海林航介選手の強さの1つだと感じます。

高いレベルで自分を磨き続けてきた選手だけに、上での活躍にもぜひ注目していきたいですね。

東海林航介選手のこれからに期待して、応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック