2021ドラフト野手

杉本直将毅(帝京)の俊足はドラフト級|中学は東練馬シニアで全国準V

東東京の名門・帝京で、2年の2020夏にスタメン出場を果たしている杉本直将毅(読み方は「すぎもと なおゆき」)選手。

ずば抜けた俊足を武器にしている左打ちの外野手で、全国トップクラスのスピードは目を見張るものがあります。

中学時代は東練馬シニアの一番打者で活躍して、全国大会の準優勝にも大きく貢献していましたね!

ドラフト級のスピードを誇る、帝京の杉本直将毅選手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生野手【最新】全国の逸材をピックアップ

杉本直将毅の中学は東練馬シニアで全国準優勝

右投げ左打ちの杉本直将毅選手は中学時代、硬式野球チームの東練馬シニアに所属していました。

持ち味であるスピードはずば抜けたものがあり、当時から話題だった左打者。

中学3年時には俊足を活かしてリードオフマンとして活躍し、ジャイアンツカップでの全国準優勝にも大きく貢献していましたね!

ちなみに2020春から慶応義塾に進んでいる宮原慶太郎選手は東練馬シニアの1学年後輩で、全国大会でも共にプレーしていた選手。

慶応義塾も神奈川の強豪ですから、関東大会などでは激突にも期待したいところです。

Sponsored Link

帝京・杉本直将毅の俊足はドラフト級

内野安打が多い

帝京でもリードオフマンとして活躍が期待される杉本直将毅選手ですが、大きな武器になっているのはやはり俊足でしょう。

バッティングにおいては俊足をいかした内野安打での出塁も多く、高い出塁率を誇る左打者です。

2020夏の東東京大会・目白研心戦ではボテボテのセカンドゴロを内野安打にするなど、杉本直将毅選手の俊足は全国でもトップクラスであることは間違いありません…!

また、中学時代のジャイアンツカップ準々決勝・武蔵府中シニア戦ではセーフティバントを決め、その際の一塁到達タイムは3秒86をマーク。

高校生の中でも上位に入ってくるレベルの俊足ですから、中学時代から超高校級の脚力を持っていたということになりますね!

トップバッターの出塁は得点率に大きく関わってきますから、杉本直将毅選手の俊足は見逃せません。

盗塁にも注目

杉本直将毅選手の俊足は内野安打の多さだけでなく、ここぞというときに決める盗塁でもチームに貢献しています。

盗塁にはピッチャーのモーションを盗んだりスタートの良さなど、足の速さ以外も重要になってきますが、杉本直将毅選手はその辺りのセンスも抜群。

捕手が少しボールを弾いた際にも思い切りのいいスタートで次の塁を陥れるなど、積極的な走塁は見ものですね!

スピードで高校野球ファンを虜にできる選手だけに、杉本直将毅選手の俊足にはぜひ注目してみてください…!

Sponsored Link

杉本直将毅は帝京で打力アップにも期待

持ち前の俊足を武器にトップバッターで活躍している杉本直将毅選手ですが、今後はバッティングでも見せ場が増えてくるでしょう。

中学時代は当てにいくようなスイングが目立っていたものの、高校に入ってからは力強くスイングできている印象です。

2020夏の東東京大会・日大豊山戦では4打数2安打とマルチ安打を記録し、うち一本は二塁打と長打も放っていました。

身長175cm・体重61kgとまだ細身に映りますが、身体ができてパワーがついてくると非常に面白いバッターになってきますね…!

広角にライナー性の当たりを放つなど優れたミート力も見せていますし、武藤闘夢選手らと共に帝京で中核を担う活躍が楽しみです。

参考:帝京・武藤闘夢はドラフト期待|中学は桐生ボーイズでホームランも

Sponsored Link

ドラフト期待の杉本直将毅は守備も帝京の武器

俊足をいかした攻撃だけでなく、守備でもチームに大きく貢献している杉本直将毅選手。

2020夏は主にライトでの出場が多い杉本直将毅選手ですが、俊足を活かした広大な守備範囲は見ものです。

打球反応も素晴らしく、外野手としての守備力は帝京でさらに磨かれていくでしょうね!

類まれなスピードでこれから全国的に注目されるであろうプレイヤーですから、杉本直将毅選手の攻守にわたる躍動ぶりを追いかけていきましょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック