2022ドラフト野手

宮原慶太郎(慶應義塾)は中学日本代表|即戦力の逸材は世界一も経験

中学野球の強豪・東練馬シニアの中心で活躍し、2020春からの進路を慶応義塾に決めた宮原慶太郎(みやはら けいたろう)選手。

広角に長打が打てるパンチ力を秘めた強打の捕手で、守備では巧みなリードでも注目を集めています。

小学時代は東京北砂リトルで世界一を経験しており、中学でも東練馬シニアで日本代表に選出されている逸材なんですよね…!

慶應義塾でも攻守にわたってチームの中心での活躍が期待される、宮原慶太郎選手を特集していきましょう。

宮原慶太郎は東京北砂リトルで世界一の主力

右投げ右打ちの宮原慶太郎選手は、硬式野球チームの東京北砂リトルで野球を始めました。

当時から抜群のセンスを発揮していた宮原慶太郎選手は、主将を務めるなどチームの中心となって東京北砂リトルの世界一に大きく貢献。

メキシコとの一戦や、アメリカ王者のテキサス州との試合ではホームランを記録するなど、圧倒的な存在感を放っていましたね…!

ドラフト期待の早稲田実業・清宮福太郎選手も東京北砂リトル出身ですから、それぞれ名門に進んだOBが全国の舞台で激突するのは高校野球ファンを沸かせそうです。

Sponsored Link

宮原慶太郎は東練馬シニアでも進路が話題

全国で準優勝も経験

中学への進学後には、硬式野球の強豪・東練馬シニアでプレーしていた宮原慶太郎選手。

東京北砂リトルで世界一になった実力は健在で、東練馬シニアでも下級生のときから主力で活躍していました。

中学3年時には主将としてジャイアンツカップ準優勝に貢献したほか、全国選抜大会や日本瀬主権など、数多くの全国大会出場に貢献しましたね!

部員130名超のチームで主将を任されるリーダーシップは宮原慶太郎選手の強みといえますし、高校でも精神的支柱になってくれるでしょう。

中学日本代表も経験

また東練馬シニアでジャイアンツカップ準優勝に貢献した宮原慶太郎選手は、U15日本代表のメンバーにも選出されました。

『U-15アジアチャレンジマッチ2019』に出場し、松山市代表戦でスタメン出場するなど、この大舞台でも日本の優勝に貢献しています。

また日本代表では、2020春から智弁和歌山に進学している強肩強打の捕手・渡部海選手ともチームメイトでしたね!

共に打てる捕手としての活躍が期待される二人ですから、ハイレベルな選手との出会いは互いを成長させてくれるのではないでしょうか。

Sponsored Link

慶應義塾・宮原慶太郎は広角への長打に注目

慶応義塾でも活躍が期待される宮原慶太郎選手ですが、抜群のセンスを見せているバッティングには注目です。

広角にヒットを打てる技術とパンチ力を兼ね備え、逆方向に飛距離が出せる面も魅力的な右打者なんですよね!

東京北砂リトル、東練馬シニアと各世代で所属したチームでも四番を任されてきており、東練馬シニアの監督も「チームの誰もが納得する才能を持っている」とその能力を絶賛していました。

東京北砂リトルでは世界の舞台でホームランを放ち、東練馬シニアではジャイアンツカップ準々決勝・橿原ボーイズ戦でライトオーバーの二塁打を記録。

大舞台でも勝負強さを発揮しているあたり、宮原慶太郎選手は強靭な精神力も兼ね備えていることが伺えます。

身長173cm・体重70kgとバランスのとれた体格は高校でパワーがさらに増すでしょうし、強打の吉野太陽選手らと共に慶應義塾打線の中核を担う活躍に期待です!

参考:吉野太陽(慶應義塾)の強打に注目|中学は佐倉シニアでセンス抜群

Sponsored Link

宮原慶太郎は慶應義塾で攻守の中心選手へ

小学時代は東京北砂リトルで世界一を経験し、練馬シニアではジャイアンツカップでの準優勝や日本代表への選出など、実力・実績ともに申し分ない宮原慶太郎選手。

打力に注目が集まる反面、守備力でも小学時代に投手を務めていた強肩を活かして鋭いスローイングを見せています。

また打者のタイミングを見て配球を変えるなど、打者をよく観察したい上での巧みなリードにも注目ですね!

強いキャプテンシーを持つ選手だけに、扇の要としても存分に存在感を発揮してほしいところ。

慶応義塾では石崎世龍選手らと共に攻守でチームを引っ張ってくれるでしょうし、神奈川の高校野球を熱くしてくれそうですね…!

2022ドラフト候補としても名前が挙がる可能性は十分に秘めた選手ですから、この先の一層の飛躍からは目が離せません。

参考:石崎世龍(慶應義塾)はセンス抜群|取手シニア出身の中学日本代表

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック