2021ドラフト野手

帝京・武藤闘夢はドラフト期待|中学は桐生ボーイズでホームランも

名門・帝京で1年の2019夏からショートのレギュラーとして活躍する武藤闘夢(むとう とむ)選手。

走攻守にレベルの高い右投げ右打ちの選手で、すでにグラウンドでの立ち姿からは雰囲気を感じます。

桐生ボーイズでプレーした中学時代にもジャイアンツカップでホームランを放つなど注目が集まっていましたが、将来が期待されるのも納得の逸材ですね…!

ショートのポジションで存在感を放つ、帝京の武藤闘夢選手について詳しく見ていきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生野手【最新】全国の逸材をピックアップ

武藤闘夢は中学時代に桐生ボーイズで全国

出身チームでは投手も

武藤闘夢選手は群馬県の出身で、みどり市立笠懸中学校に通っていました。

その中学時代には強豪の桐生ボーイズに所属し、ジャイアンツカップをはじめ4度の全国大会を経験。当時からショートのポジションでチームの中心選手としてプレーしています。

野手としての活躍に加え、中学時代にはピッチャーとしてもマウンドに上がっており、ショートの守備で見せる強肩ぶりも納得ですね!

ジャイアンツカップでホームラン

バッターでも打撃センスを発揮していた武藤闘夢選手は地区で有名な右の好打者で、中学3年時に出場したジャイアンツカップでも活躍を見せています。

初戦の東海ボーイズ戦では初回にレフトスタンドへ豪快なホームランを放ち、ミートの上手さだけでなくパンチ力もあることを示しました…!

四番に座ったうえにキャプテンも務め、ベスト4に進出したチームを引っ張る存在だったと言えるでしょう。


ボーイズ選手権の群馬予選では首位打者賞を獲得したほか、 鶴岡一人記念大会のメンバーにも選ばれていますし、攻守ともにレベルの高いプレーで進路が話題になっていたのもまったく不思議ではありません。

Sponsored Link

帝京・武藤闘夢は守備のセンスが光る

軽快なフットワーク

帝京のレギュラーとしてショートのポジションを守る武藤闘夢選手ですが、まず目につくのが守備力の高さです。

軽快な身のこなしにグラブさばきも柔らかく、名門のセンターラインを任される実力はダテではありません。

この世代ではダントツで東海大相模の大塚瑠晏選手が上手いと思っていましたが、武藤闘夢選手のフットワークの良い守備も相当にセンスを感じますね…!


また中学時代に投手も務めていた肩の強さも注目で、スローイングの安定感も見逃せません。

小松涼馬との二遊間は見もの

試合前のシートノックを一目見た時点でセンスを感じる武藤闘夢選手ですが、同じく2018年に1年生でスタメンに名を連ねた小松涼馬二塁手と組む二遊間は一見の価値があります。

小松選手はキューバ遠征の東京都選抜にも選ばれている素晴らしい内野手。

新チームに切り替わってからも小松選手は明らかにレベルが高い守備を披露していたのですが、武藤闘夢選手もそれに匹敵するような実力を持ち併せていました。


二人とも捕球からの一連の流れがめちゃくちゃ綺麗なんですよね…!

もちろんグラブさばきはこれから更に磨かれていくでしょうし、帝京の二遊間は全国でもトップレベルのコンビに育っていくでしょう。

参考:小松涼馬(帝京)はドラフト期待|抜群の身体能力は全国トップクラス

Sponsored Link

ドラフト期待の武藤闘夢は帝京でも主軸を打てる

攻守に期待のかかる武藤闘夢選手は高い守備力に注目が集まる一方で、強豪の帝京打線でもすでにクリーンナップを打てる実力を持っていると見られています。

2019夏の実践学園戦でもスタメンで結果を残しましたし、堀越戦では2番・ショートとして出場していますね。

バットを内から出せる技術をもっており元々打撃センスには定評があった好打者だけに、全国の好投手との対戦もぜひ経験してほしいところ。

また、そのハイレベルな戦いの中でどんなバッティングを見せるのかが非常に楽しみです…!

全国トップクラスの俊足を誇る杉本直将毅選手らとはこの先も帝京の中心になるでしょうし、名門復活にも期待です。

世代を代表する選手に成長していくであろう、武藤闘夢選手のこれからを応援していきましょう。

参考:杉本直将毅(帝京)の俊足はドラフト級|中学は東練馬シニアで全国準V

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック