2021注目の投手

仲村竜(岡山学芸館)は沖縄出身|球速140キロ超で期待の大型右腕

岡山学芸館で1年生ながらベンチ入りを果たしている仲村竜(なかむら りゅう)投手。

沖縄出身の本格派右腕は中学時代から最速139キロを記録しており、将来にも期待がかかります。

身長184cmを誇る大型1年生ですから、球速もまだまだ伸びそうですね!

岡山学芸館の仲村竜投手について、詳しく見ていきましょう。

 

仲村竜は出身の沖縄では軟式でプレー

中学時代の球速は140キロに迫る

仲村竜投手は沖縄県の出身で、宜野湾市立宜野湾中学の軟式でプレーしていました。

全国大会の出場などはなかったものの当時からピッチャーとしてのポテンシャルは非常に高く、中学3年時に最速139キロをマーク。

自慢のストレートでぐいぐい押していける強さを持ち合わせている右ピッチャーです。

沖縄選抜も経験

ピッチャーとしての実力が高く評価される仲村竜投手は沖縄県選抜も経験しており、背番号2をつけてプレー。

2018冬のドリームカップ決勝でも登板していました。

球威のあるストレートは素晴らしいものを持っていることがわかりますね!

2019夏の甲子園でも登板を果たした仙台育英の笹倉世凪投手も中学147キロで話題になっていますが、この世代はピッチャーの豊作がドラフトで騒がれそうです…!

参考:笹倉世凪(仙台育英)の出身は楽天ジュニア|豪腕が誇るもう1つの武器

Sponsored Link

岡山学芸館・仲村竜の注目ポイント

角度のある真っ直ぐ

2019夏の岡山大会で最速140キロをマークした仲村竜投手の持ち味は、何と言ってもストレートでしょう。

184cmの長身から投げ下ろす真っ直ぐは角度もあり、順調に成長を続ければ2021ドラフト候補として名前が挙がってもおかしくありません。


岡山学芸館のエース・中川響投手が甲子園でイケメンピッチャーとしてブレイクしましたが、仲村竜投手のポテンシャルにも大いに期待したいと思います。

参考:中川響(岡山学芸館)の球速は140キロ超|イケメンエースが甲子園で輝く

安定した平均球速

球威のあるストレートに注目が集まる仲村竜投手は、最速だけでなく平均球速でもレベルの高さを見せます。

常時130キロ台中盤~後半の真っ直ぐを投げ込むことが出来るピッチングからは馬力を感じますね!

現時点ではやや線が細い印象を受けますが、これから身体が出来上がってくると岡山屈指の右腕に成長するかもしれません。

Sponsored Link

仲村竜は岡山学芸館で大化けするかもしれない

高いポテンシャルを持つ岡山学芸館の本格派右腕・仲村竜投手。

球種はスライダー・カーブを投げ分けていますが、キレ・コントロールともに今後の課題となるでしょう。

体格的にも下半身をはじめ、まだまだ成長の余地は多分にあるように感じます。

ただ、素材として素晴らしいことは疑いようがなく、岡山学芸館での大化けする可能性も十分にありますね!

2019夏に1年生で甲子園を経験できたことは今後の大きな財産になるでしょうし、ぜひとも全国区のピッチャーとして名を馳せてほしいものです。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック