<2019注目選手>

中川響(岡山学芸館)の球速は140キロ超|松坂桃李似のイケメンエース

2019夏の甲子園初戦で広島商との対戦が決まった岡山学芸館のエース・中川響投手。

球速140キロを超えるストレートを軸に戦う右の本格派で、非常に安定感がある好投手です。

さらに端正な顔立ちのため、イケメンとしても甲子園で大人気になっていますね!

岡山学芸館の大人気ピッチャー・中川響投手について詳しく見ていきましょう。

 

岡山学芸館のピッチャーがイケメンすぎる

岡山学芸館のエースとして甲子園での活躍に期待がかかる中川響投手。

2019夏の甲子園でブレイクする可能性も十分にあるのですが、まずめちゃくちゃイケメンなのです…!

強気でストレートを投げ込む姿はスタンドから見ても素晴らしいものがありますし、テレビの前の高校野球ファンも間違いなく釘付けになるでしょう。


敗退を喫した初出場の飯山・常田唯斗投手もイケメンとして人気になっていましたが、 中川響投手を擁する岡山学芸館は初戦の広島商戦を制しました。

つまり、まだ試合が観られるということで、夏の甲子園を沸かせる存在になりそうですね…!

俳優・松坂桃李さんに似てるとの声もあり、注目度は一気に全国区になりそうです。

余談ですが、優勝候補と目されている明石商業の水上桂選手もイケメンキャッチャーとして話題になっています。

甲子園での対戦があると、大フィーバーになりそうな予感がしますね…!

参考:水上桂(明石商)はイケメンキャッチャー|強肩に加えて打撃センスも

Sponsored Link

岡山学芸館・中川響は優れた本格派ピッチャー

球速140キロ超えのストレート

中川響投手は投手としての能力も高く、まずストレートに素晴らしいものを持っています。


身長180cm・体重80kgとバランスのとれた体格から投げ込む最速145キロを誇るストレートには球威があり、簡単に捕らえられるボールではありません。

甲子園初戦の広島商戦でも最終回にストレート勝負を挑んでいましたが、最後まで球威が衰えることはありませんでしたね!

特に右打者のアウトコースへのコントロールが良いため、岡山学芸館がロースコアの試合を制してきたのも納得です。

鋭い変化球にも注目

また中川響投手はストレートの球速に加え、変化球も素晴らしいものがあります。

スライダーで凡打を築くほか、スプリットで空振りを奪うことも出来るんですよね。


ストレートの球速もさることながら、縦横の変化球の精度も見逃せません。

中川響投手はコントロールも良いため、2019夏の岡山大会では5試合に登板してわずか1失点。

大崩れしない安定感もありますし、岡山学芸館の今後の勝ち上がりも非常に楽しみです。

Sponsored Link

岡山学芸館・中川響が見せる漢気に震えた

ピッチャーライナーに燃えた

イケメンエースとして人気選手の仲間入りを果たした中川響投手ですが、甲子園初戦の広島商との一戦は決して万全ではありませんでした。

先発した左腕・丹羽淳平投手が2回にピッチャー強襲の当たりを顔面に受け、急きょ中川響投手がマウンドに上がったんですよね。

その丹羽淳平投手が、その後もベンチで応援を続けた姿に中川響投手は力をもらったと言います。


試合後には丹羽淳平投手の力があったからこそ勝てたと話していましたが、 負傷した仲間の分も背負っての奮闘であることは十分に伝わってきました。

強豪・広島商との激戦を制したことも然り、マウンドで引き継いだ想いみたいなものをひしひしと感じましたね…!

ピッチャーライナーの怪我は左顔面骨骨折

ピッチャーライナーを受けた岡山学芸館の丹羽淳平投手は、左頬の骨折(左顔面骨骨折)と診断されました。

医師からは1週間程度、運動を控えるよう言われたそうですね。

丹羽淳平投手は左の技巧派として中川響投手と継投で勝ち上がってきた投手。

残念ではありますが、これぞエースという背中を見せてくれた中川響投手に期待して丹羽淳平投手の分も頑張ってほしいものです…!

岡山学芸館にはもう一人ピッチャーがいる

ちなみに、岡山学芸館にはもう一人ピッチャーがいるんですよね。

それが1年生右腕の仲村竜投手です。

中学時代から球速140キロに迫るストレートを投げ込んでいた逸材ですから、仲村竜投手には先輩の分も活躍を期待しましょう!

ピッチャー陣を含め、チーム一丸となって戦う岡山学芸館を今後も追い掛けていきたいと思います。

参考:仲村竜(岡山学芸館)は沖縄出身|球速140キロ超で期待の大型右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック