2021ドラフト投手

三奈木亜星(浦和学院)はドラフト期待|中学で全国準優勝の二刀流

埼玉の名門・浦和学院で、入学直後の2019春から背番号18でベンチ入りしていた三奈木亜星(みなぎ あせい)投手。

中学時代に所属していた山口東シニアではエースとして全国大会の準優勝に大きく貢献し、バッティングでも主軸として活躍しました。

2019秋からは浦和学院で背番号1をつけて四番に座るなど、浦和学院の中心選手としての期待がかかりますね!

早くも2021ドラフト候補として注目を集めている、浦和学院の三奈木亜星選手を特集していきましょう。

三奈木亜星は中学の山口東シニアでも話題

中学時代は山口東シニアに所属していた右投げ左打ちの三奈木亜星投手。

同じく山口東シニアに所属していた兄がジャイアンツカップに出場している姿に憧れ、山口東シニアへの入団を決意したといいます。

入団当初は硬球に慣れることに苦労したものの、中学2年になる頃にはエース格として試合に出場するようになり、全国大会も経験しました。


その全国大会1回戦では吉岡道泰選手(専大松戸)らを擁した江戸川中央シニアに打ち込まれましたが、このときの敗戦を機にさらに練習に打ち込むことになります。

そのなかで三奈木亜星投手は、ピンチの場面で四球を出してしまうという悪いクセを克服。

中学3年で再び挑んだ全国大会準決勝では宿敵の江戸川中央シニアと激突し、見事にリベンジを果たしました。

山口東シニアを全国準優勝に導いた逸材として、当時から進路に注目が集まる選手でしたね!

参考:吉岡道泰(専大松戸)は打撃センスが凄い|ドラフト期待の俊足強打

Sponsored Link

浦和学院・三奈木亜星は小学で球速130キロ

中学時代から山口東シニアのエースとして活躍をしていた三奈木亜星投手は、小学6年で球速130キロを投げる剛腕でした。

中学3年時には138キロをマークしており、高校での伸びにも期待がかかります…!

身長177cm・体重76kgとバランスのとれた体格で、球速150キロの大台を突破する可能性は十分に秘めている投手と言えます。


一方で中学時代に全国準優勝を果たした後の三奈木亜星投手は、ピッチングに緩急をつけるためにカーブやチェンジアップを磨いていたんだとか。

元々キレのあるスライダーも球種として持ち合わせていますし、投球の幅としても今後が楽しみですね!

Sponsored Link

ドラフト注目・三奈木亜星は打撃も浦和学院の四番

中学時代から投手として注目されていた三奈木亜星投手は、バッティングでも非凡な才能を発揮しています。

逆方向に強い打球を飛ばせる打撃センスも注目で、2019夏の埼玉大会では浦和実業戦で9回に代打で出場、レフト前にヒットを放ちました…!


このとき浦和実業のマウンドに上がっていた豆田泰志投手は2020ドラフト注目の右腕ですから、本当に能力が高い選手であることがわかります。

鋭いスイングや対応力の面でも高い評価を受けていますし、激戦区の埼玉で存在感を示してほしいものです。

2019秋には四番としても活躍を見せているだけに、三奈木亜星投手はこれからも投打に目が離せません。

参考:浦和実業・豆田泰志は球速以上に速い|ドラフト右腕は中学で東日本最速

Sponsored Link

浦和学院・三奈木亜星はドラフトにも期待

攻守に高い実力を誇る三奈木亜星選手は、早くも2021ドラフト候補との声が挙がっています。

浦和学院で1年秋からエースナンバーを背負える逸材はなかなかいませんし、バッティングでも四番を任されている実力に期待せずにはいられません。


投打の中心として成長を遂げていくでしょうし、これからどこまで伸びるのかが本当に楽しみですね!

ドラフトで高校野球ファンを沸かせてくれることに期待して、追い掛けていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック