2021ドラフト野手

吉岡道泰(専大松戸)は打撃センスが凄い|ドラフト期待の俊足強打

千葉の強豪・専大松戸で、1年の2019春からスタメンに名を連ねていた吉岡道泰(よしおか みちやす)選手。

中学時代には江戸川中央シニアで全国大会も経験した大型の外野手で、優れた打撃センスは一見の価値がある左の好打者です。

2019秋の千葉大会では1年生ながら四番に座るなど、今後もチームの主軸としての活躍が期待されますね!

2021ドラフト候補とも目されている専大松戸・吉岡道泰選手を特集していきましょう。

吉岡道泰の中学時代は江戸川中央シニア出身

松戸市立第四中学に在籍していた吉岡道泰選手は、毎年のように全国大会に出場する強豪・江戸川中央シニアの出身。

部員数も3学年合わせて100人以上いる中で激しい競争を勝ち抜き、江戸川中央シニアでも2年生から試合に出場していました。

中学2年・3年でそれぞれベスト4にも進出するなど四度の全国大会を経験していますし、主力として当時から野球センスは抜群でしたね!


また中学3年の際にはチームを全国3位に導いたのですが、3位を決めたその試合でもヒットを放ってチームの勝利に貢献しています。

出身の江戸川中央シニアでは横浜高校で1年からレギュラーを獲得した安達大和選手ともチームメイトですから、高校でも高いレベルで切磋琢磨してほしいものですね!

参考:安達大和が横浜高校を引っ張るプレイヤーになると思う3つの理由

Sponsored Link

専大松戸・吉岡道泰は2021ドラフト候補になると思う

広角に打ち分ける打撃センス

専大松戸の中心選手として注目の吉岡道泰選手は広角に打ち分けられる技術を持っていて、コースに逆らわずに弾き返せるバッティングが魅力です。

力感のない打撃フォームからテイクバックでも目線の高さは変わらず、正確にボールを捉えることができるあたりが素晴らしいですね…!


インサイドアウトで素直にバットが出てくるため、ぎりぎりまでボールを引き付けられる点も吉岡道泰選手の強みと言えます。

打席での落ち着きや仕草の1つ1つを見ても自信を感じますし、ドラフト注目右腕・横山陸人投手らと交じってプレーしていたのもまったく違和感がありませんでした。

参考:横山陸人(専大松戸)は中学で奥川と激突|ドラフト注目の150キロ右腕に注目

逆方向にも長打のパンチ力

身長181cm・体重75kgの体格を誇る吉岡道泰選手は、逆方向に力強い打球を飛ばすことができる点も大きな強みです。

入学後まもない吉岡道泰選手は、2019春の千葉大会3回戦・中央学院戦で左中間に大きな三塁打を放ってチームの勝利に貢献。

2019秋の地区予選・行徳戦でもセンターオーバーの三塁打を記録していますが、打率の高さだけでなく長打が期待できるあたりも本当に素晴らしいバッターですよね…!


2019夏の甲子園を沸かせた中京学院大中京の小田康一郎選手も広角に打てる強打者ですが、吉岡道泰選手もぜひ全国の舞台で観たい選手ですね。

四番を任されることも不思議ではないですし、これからの活躍がますます楽しみな逸材です!

参考:小田康一郎(中京院中京)は中学でも猛打|かわいいと話題のおかわり二世

Sponsored Link

吉岡道泰がドラフト期待の理由は陸上で鍛えた足も

専大松戸で主軸を務める吉岡道泰選手はバッティングはもちろん注目したいのですが、実は俊足も兼ね備えた選手なんですよね…!

中学時代は江戸川中央シニアに所属しながら陸上部にも所属しており、短距離の100メートルに出場した際のタイムは11秒6で見事入賞を果たしました。

100メートル11秒台の陸上仕込みの脚力は、長打率の高さに直結していると言えるでしょう…!

そのまま陸上を続けていれば「いいところまでいける」という声もあったようで、かなりの俊足の持ち主だということがわかります。

守備範囲の広さや攻撃時にみせる積極的な走塁など、スピードでも高校野球ファンを魅了する吉岡道泰選手。

その身体能力の高さは2021ドラフト注目と言われるのも決して大げさではありませんから、専大松戸でのプレーにも大いに期待していきましょう。

千葉でも注目度の高い習志野・山内翔太選手や木更津総合・山中海斗選手らとの対戦にも期待です!

参考:山中海斗(木更津総合)は中学でベストナイン|父兄も話題の逸材に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック