2020注目の外野手

山内翔太(習志野)は投打に注目|野球センス抜群のイケメンサウスポー

2年生ながら千葉大会・甲子園と投打に活躍を見せ、注目度がうなぎ上りの習志野・山内翔太選手。

投手として安定感のあるピッチングを見せる一方、ミート力の高いバッティングも存在感があり、優れた野球センスの持ち主であることは一目瞭然です。

走攻守にレベルの高いプレーを見せている上にイケメンとしても人気ですし、これからが本当に楽しみな選手ですね!

習志野の注目株・山内翔太選手を特集していきましょう。

 

山内翔太の出身は市川ボーイズ

山内翔太選手は江戸川区立瑞江第二中学校の出身で、中学時代には市川ボーイズでプレーしていました。

中学では特に目立った成績はなく、佐倉シニアで全国常連だった角田勇斗選手らとは対照的とも言えます。


ただ市川ボーイズには1学年上に習志野の正捕手・兼子将太朗選手や、同世代のチームメイト・和田泰征選手らがいましたね。

兼子将太朗選手とはバッテリーとしても息のあった投球を見せていますし、そのルーツが中学時代にあったことが見えたと言えるでしょう…!

参考:角田勇斗(習志野)にスカウトも熱視線|勝負強さ光る打撃の強肩ショート

Sponsored Link

習志野・山内翔太は投手として球速以外で攻める

変化球のキレ

習志野の山内翔太選手は投打にセンスを見せる選手ですが、まず投手としては変化球に素晴らしいものがあります。

球種はスライダー・カーブに加えてチェンジアップを操り、特に精度の高いチェンジアップは空振りも量産できるボール。


ストレートの球速は130キロ前半と技巧派に分類されるものの、三振も奪えるピッチャーなんですよね。

2019夏の千葉大会決勝・八千代松陰戦では先発して10奪三振で完投勝利を収めました。

ドラフト注目右腕の飯塚脩人投手とはタイプの違うピッチャーとして、存在感が日増しに強くなっています…!

参考:習志野・飯塚脩人は中学で3番手|ドラフト右腕の球速が20キロ伸びた理由

精度の高いコントロール

安定感のあるピッチングを見せる山内翔太選手はコントロールも素晴らしく、丁寧に低めをつくピッチングが光ります。

以前は高めに入ったボールを痛打される場面も散見されましたが、ワンランク上がったと言って良いでしょう。

スライダーも低めに集める制球力がありますし、やや安定感に欠けた2019春のセンバツと比べると飛躍的な成長を遂げています。

テンポが良くバックも守りやすいピッチャーですから、ドラフト注目の近江・林優樹投手のようなサウスポーになっていきそうですね…!

ストレートもキレがあり、130キロ台前半の球速以上に速く見せられている印象を受けます。

参考:林優樹(近江)がドラフト候補の高校生左腕で一番気になるのはなぜか

Sponsored Link

習志野・山内翔太は攻撃面でも魅せる

巧みなバットコントロール

野手としての評価が高い山内翔太選手は、左打席でのバッティングも抜群に良いんですよね。

ミート力が高く左右にヒットが打てますし、四番の櫻井享佑一塁手らと並んで打線でも良い働きを見せています。


また特筆すべきは出塁率の高さで、山内翔太選手が起点となって始まる攻撃も少なくありません。

2019夏の甲子園初戦・沖縄尚学との対戦でも先発ピッチャーとしてはもちろん、攻撃面で抜群のセンスを感じた高校野球ファンも多かったでしょう…!

参考:習志野・櫻井享佑に感じる四番の資質|祖父への想い胸に大きく羽ばたけ

積極的な走塁

巧みなバットコントロールに加えて、山内翔太選手は俊足ぶりが際立っていることも見逃せません。

2019夏の甲子園・沖縄尚学戦でも1点ビハインドと土壇場の九回一死からヒットを打って出塁し、見事な盗塁を決めて味方のタイムリーで同点のホームを踏みました。

この盗塁成功には全国の高校野球ファンが痺れましたね…!

千葉大会の木更津総合戦でもタイムリー内野安打を記録していますし、走攻守揃った素晴らしい選手です。

Sponsored Link

習志野・山内翔太はホームランもある

身長174cm・体重72kgと決して大柄ではない山内翔太選手は、スピードに加えてホームランのパンチ力もある選手。

打撃センスは随所に感じますが、アベレージヒッターだと油断するとスタンドに叩き込める力も兼ね備えています。


チームが厳しい場面で仕事ができる選手ですし、今後も中心選手として習志野を支える存在になっていくでしょう。

イケメン選手として人気も高いため、大舞台での活躍にも期待して応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック