2021注目の外野手

山中海斗(木更津総合)は中学でベストナイン|父兄も話題の逸材に注目

木更津総合で1年の2019春からスタメンに名を連ねていた山中海斗(やまなか かいと)選手。

攻守に抜群のセンスを見せるプレイヤーで、更なる活躍に期待がかかります。

兄・稜真選手(現青山学院大)が2018年まで木更津総合でプレーしていたことも記憶に新しく、弟の山中海斗選手も甲子園で躍動する姿が観たいですね!

中学時代から高い実力を誇っていた木更津総合・山中海斗選手を特集していきましょう。

山中海斗は中学時代に出身チームでベストナイン

山中海斗選手は横浜泉中央ボーイズの出身で、中学時代には内野手としてプレーしていました。

持ち前の打撃センスは当時から片鱗を見せており、ボーイズリーグの関東選抜にも名を連ねていましたね。

また強豪チームが集う「中村紀洋杯」ではチームの準優勝に大きく貢献し、セカンドのポジションでベストナインにも輝いています!


ちなみにこの大会で最優秀選手を獲得したのが小山ボーイズに所属していた日大三・星憂芽選手ですから、高校での対戦も非常に楽しみですね!

最近では中学卒業と同時に高校でもレギュラー争いに食い込む選手が多く、レベルの高さをひしひしと感じます。

参考:星憂芽(日大三)の身体能力が凄すぎる|中学日本代表の俊足強打

Sponsored Link

木更津総合・山中海斗は打撃センスが凄い

木更津総合で1年の2019春からスタメンに名を連ねている時点で相当な実力の持ち主であることがわかりますが、山中海斗選手のバッティング技術は素晴らしいものがあります。

ミート力が高い左打者で、2019夏の千葉大会では早くもクリーンナップを任されたりもしていました。

この夏の初打席では詰まりながらも2点タイムリー二塁打を放ちましたね!

準々決勝の市立船橋戦でも二塁打・三塁打と大活躍を見せていますし、堂々としたプレーぶりはとても1年生とは思えませんでした。


身長178cm・体重74kgとバランスの取れた体格でセンターを中心に弾き返す打撃センスの持ち主ですが、これから身体が大きくなるとさらに長打も期待できるでしょう。

選球眼の良さや俊足を兼ね備えたバッターでもありますから、同じく1年春から実力を見せつけていた秋元俊太選手らと共に木更津総合の中心打者になっていくことは間違いありません。

参考:秋元俊太(木更津総合)の打撃センスに注目|左の俊足巧打は千葉西出身

Sponsored Link

木更津総合・山中海斗は父兄が甲子園出場の野球一家

これから木更津総合の主力としての活躍に期待がかかる山中海斗選手は、野球一家で育ったことも高校野球ファンの間では話題になっています。

なんと父の竜美さんは、平成初の甲子園となった1989春のセンバツで東邦の主将として優勝を果たしているんですよね…!

冒頭でもお伝えした兄・稜真選手は木更津総合の背番号2をつけて正捕手として活躍していた選手ですし、兄弟揃っての甲子園出場もかなり現実的な目標です。

2020ドラフト注目のエース・篠木健太郎投手らを擁し、2019秋からの新チームでも総合力の高さは千葉でもトップクラスの木更津総合。

三番・センターでレギュラーとして活躍する山中海斗選手は攻守の要として、どんどんチームを引っ張る存在になっていってほしいですね!

参考:篠木健太郎(木更津総合)の球速は全国区|ドラフト右腕は中学東日本選抜

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック