2021ドラフト投手

清田蒼陽(大垣日大)はドラフト期待|中学日本代表の大型右腕に注目

岐阜の強豪・大垣日大で1年の2019年からベンチ入りを果たしていた大型右腕・清田蒼陽(きよた そうひ)投手。

身長185cmの恵まれた体格から繰り出されるストレートは球威抜群で、将来が楽しみなピッチャーです。

中学時代は新城ボーイズでプレーして日本代表に選出されるなど、当時から進路に注目が集まる選手でしたね!

2021ドラフトも楽しみな、大垣日大の清田蒼陽投手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

清田蒼陽の中学時代は新城ボーイズで日本代表

右投げ右打ちの清田蒼陽投手は中学時代、愛知県の新城ボーイズに所属していました。

身長185cm・体重87kgと中学生離れした体格で、投打で魅せる豪快なプレーでひと際目立つ存在でしたね!

ポテンシャルが高く評価され、中学3年時にはU15日本代表にも選出。

日本代表での練習では、元メジャーリーガーの高橋尚成コーチから熱心に指導を受けていました…!

早くから世代トップクラスの舞台を経験したことは大きな経験になったでしょうし、チームメイトだった広島新庄・秋山恭平投手らとはドラフト候補同士、全国での激突にも期待です。

Sponsored Link

大垣日大・清田蒼陽は球速に注目の本格派

球速に加えて角度も

大垣日大でも成長が楽しみな清田蒼陽投手は、ストレートに注目したい本格派です。

中学時代から最速130キロ台後半をマークしており、高校のマウンドでも最速更新には期待。

また清田蒼陽投手は真上から振り下ろすピッチングフォームで角度もあり、指にかかった高めのストレートは球速以上の勢いが感じられます。

順調にいけば球速150キロ近くまで伸びていく可能性を十分に秘めている投手ではないでしょうか…!

力だけでなく緩急も

また清田蒼陽投手は大柄でありながら器用な投手で、緩急をうまく使ったピッチングも魅力の1つです。

ゆるい変化球も上手く使えるため、重いストレートと変化球のコンビネーションで奪三振率が高い点も楽しみなピッチャーですね!

マウンド上で落ち着きを感じさせるあたり、肝が据わっているメンタルの強さも投手向きの性格と言えるでしょう。

同世代では大阪桐蔭・関戸康介投手が2020夏に最速154キロをマークしていますが、清田蒼陽投手も大垣日大での進化からは目が離せません。

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

Sponsored Link

清田蒼陽は大垣日大でも下級生からスタメン

清田蒼陽投手は1年の2019年からベンチ入りしており、2020夏もレフトでスタメン出場しています。

2020夏の岐阜大会決勝戦で大垣日大は、延長11回タイブレークの末に中京を破り優勝を果たしましたが、この夏にスタメンに名を連ねているのは経験としても大きかったでしょうね!

2020秋以降には投打で軸になれる選手ですし、岐阜から全国区になれるだけのポテンシャルは秘めている投手。

2021ドラフトでは複数球団から注目されるような選手へと進化を遂げてほしいものです!

Sponsored Link

清田蒼陽は大垣日大からのドラフトも期待

大垣日大・清田蒼陽投手は将来性豊かな大型右腕として2021ドラフト指名にも期待がかかります。

全国的な知名度こそまだ高くないものの、スケールの大きな選手だけに一気に注目度は増しそうですよね!

同地区では岐阜第一の阪口樂選手もドラフト注目選手として楽しみですが、ライバル校同士で切磋琢磨しながらハイレベルな争いを繰り広げてくれるでしょう。

大垣日大から全国区の大型右腕へ。清田蒼陽投手の飛躍を楽しみに追いかけていきたいと思います。

参考:阪口樂(岐阜第一)はドラフト期待|ホームランも注目の二刀流が凄い

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック