2021ドラフト投手

新川俊介(具志川商)はドラフト期待|球速も急成長で進化が止まらない

うるま市立与勝第二中学校の野球部出身で、具志川商では2020秋の九州大会からエースナンバーを背負っている新川俊介(あらかわ しゅんすけ)投手。

最速140キロを超えるストレートを軸に、キレのある変化球を織り交ぜた奪三振力の高さにも注目が集まっている本格派右腕です。

2020秋の九州大会でも好投を見せ、チームのベスト8入り、そして2021春のセンバツ甲子園出場に大きく貢献していましたね!

成長著しいピッチャーとしてドラフト候補にも名前が挙がっている、具志川商のエース・新川俊介投手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

新川俊介は内野手から投手へ転向

2020秋からはエースとしてチームを牽引している新川俊介投手ですが、元々は内野手を務めていました。

背番号も2020秋の沖縄大会までは5番でしたし、三塁手との兼任というかたちで大会に出場。

2020秋の九州大会からはエースナンバーを背負い、初戦の東海大熊本星翔戦では公式戦初先発ながら完投勝利を挙げていましたね!

攻撃面でも五番を任されおり、同点打を放つなど右打席での非凡な打撃センスにも期待したいところ。

ピッチャーでの資質はこれから更に開花するでしょうから、高校最後の2021シーズンでの成長もぜひ追いかけていきましょう。

Sponsored Link

具志川商・新川俊介はドラフト期待の投手

最速140キロ超

新川俊介投手の大きな武器は、やはり最速140キロ超の力のあるストレートです。

2020秋の九州大会準々決勝・福岡大大濠戦では自己最速の144キロをマークし、試合には敗れてしまったものの大きなインパクトを残しました…!

身長180cmから投げ下ろすストレートは、低めのボールもかなり伸びてきている印象ですね。

経験を積んでいけば大きく化ける可能性も持っている新川俊介投手。大舞台で覚醒する可能性も十分にありますから、甲子園のマウンドも楽しみです!

球速も発展途上

最速144キロのストレートに注目が集まっている新川俊介投手は、その成長スピードでも周囲を驚かせています。

2020秋の沖縄大会での最速は138キロでしたが、九州大会の福岡大大濠戦で144キロを記録して一気に自己最速を更新。

身長180cm・体重77kgの体格も、もう一回り大きくなってきそうですから、球速の伸びは見逃せません。

金足農業出身で日本ハムファイターズの吉田輝星投手を目標としているとのことで、全国の高校野球ファンを虜にするピッチャーへと進化を遂げてほしいですね…!

Sponsored Link

具志川商・新川俊介は奪三振にも注目

力のあるストレートが大きな武器になっている一方で、新川俊介投手は変化球をいかした奪三振力の高さも見逃せません。

主な球種としてはカーブとスライダーを中心に組み立てていて、特にキレのあるスライダーで多くの空振りを奪っていきます。

ストレートとのコンビネーションも抜群ですし、高めにボールが浮かない制球力も魅力です。

九州大会の東海大星翔戦では9回に2つの三振を奪っていましたが、終盤の集中力が課題と話しており、これからの伸びしろも見もの。

緩急をつけたピッチングで全国の強打者に通用する力は持ち合わせていますから、変化球の精度が上がってくると沖縄屈指の右腕になるのではないでしょうか。

Sponsored Link

新川俊介は具志川商業からドラフトなるか

2020秋の大会では投手陣の柱として活躍し、具志川商業の2021センバツ出場にも大きく貢献した新川俊介投手。

最速144キロを記録しているストレートを中心に、変化球でもカウントの取れる安定したピッチングは注目ですね!

また、投手経験が浅い点でもまだまだ成長できる可能性を秘めているピッチャーですから、大舞台での活躍にも期待がかかります。

甲子園はもちろん、2021シーズンで実力を示すことができれば、ドラフトでの指名も十分にありえる投手。

沖縄からのドラフト指名にも大いに注目しつつ、具志川商のエースとして新川俊介投手の今後の活躍を引き続き追いかけていきたいと思います!

参考:選抜高校野球2021の注目選手【投手】全出場校のピッチャーまとめ!

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック