2021ドラフト野手

毛利海大(福岡大大濠)はドラフト期待|球速以上の中学日本代表に注目

福岡の鷹羽ボーイズの主戦で活躍し、2019春から福岡大大濠に進路をとった毛利海大(読み方は「もうり かいと」)投手。

最速140キロ超のストレートを投げ込む本格派左腕で、高校でのさらなる進化にも期待が高まります。

小学時代には福岡ソフトバンクホークスジュニア、中学でも日本代表に選出されるなど、早くから世代屈指の舞台を経験しているサウスポーなんですよね…!

福岡大大濠で投手陣の柱となることはもちろん、2021ドラフトも楽しみな毛利海大投手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

毛利海大は野球センス抜群で小中学時代から注目選手

小学ではソフトバンクジュニア

左投げ左打ちの毛利海大投手は福岡県田川市の出身で、小学生の頃には伊田レッドスターでプレーしていました。

小学6年時には福岡ソフトバンクホークスホークスジュニアの18人のメンバーに選ばれ、背番号17をつけてプレー。

このときのチームメイトには、同じく2021ドラフト期待の大阪桐蔭・関戸康介投手らもいましたね…!

それぞれ強豪校に進学していますから、甲子園での投げあいもぜひ見てみたいものです。

中学でも日本代表のメンバーに

また伊田中学への進学後には、毛利海大投手は野球では鷹羽ボーイズでプレーしていました。

鷹羽ボーイズでも2年の秋からエースとして活躍しており、中学時代から球速135キロをマークするなどストレートを武器にしていましたね!

西日本大会で優勝を飾り、その後出場した九州大会では沖縄代表を完封。

実力の高さが評価されて、中学3年時には福岡県で唯一の日本代表メンバーにも選出されています。

小中学時代にハイレベルな舞台を踏んでいることも、毛利海大投手が進化するにあたって大きなバックボーンになっているでしょうね…!

Sponsored Link

福岡大大濠・毛利海大は球速に注目の本格派左腕

福岡大大濠でも投手陣の柱として成長が楽しみな毛利海大投手ですが、まず期待したいのが投球の軸となるストレートです。

左腕から繰り出すボールは最速140キロを超えており、しなやかな腕の振りから球速以上のスピードを感じさせます。

中学で身長177cm・体重70kgだった体格も厚みが増していますから、高校最後の2021シーズンにかけて球速はさらに伸びてくるでしょうね…!

福岡大大濠で投手陣の中心となる、九州屈指のサウスポーと言える実力の持ち主です。

Sponsored Link

ドラフト期待の毛利海大は球速だけじゃない

また福岡大大濠のエースで活躍する毛利海大投手は、注目すべきは球速だけではありません。

2020秋の九州大会1回戦・大分商業戦では、14奪三振1失点の完投を披露してチームの勝利に貢献。

変化球の球種としてはスライダー・カーブを主に投げていますが、変化球もキレるため自然と三振が増える投手なんですよね…!

毛利海大投手は両コーナーへの制球を特に意識していると話しており、

  • 変化球の精度
  • 制球力の高さ

といった総合力の高さもドラフト注目といわれる所以でしょう。

1学年下で鉄壁の守備を誇る山下恭吾選手をはじめバックも堅いため、福岡大大濠の守備陣の中心となってチームを引っ張ってくれることに期待です!

参考:山下恭吾(福岡大大濠)は守備センス抜群|中学日本代表でベストナイン

Sponsored Link

毛利海大は福岡大大濠からドラフトに期待

福岡大大濠で背番号1を背負い、躍進のキーマンとなる毛利海大投手。

2020ドラフト1位でオリックスに指名されてプロ入りを決めた山下舜平大投手に続き、ドラフトにも期待が高まる左腕ですし、これから全国区のピッチャーになるでしょう。

キレのあるストレートを投げる左腕だけに、これから体重が乗って140キロ台中盤まで球速が伸びるとさらに攻略が難しくなりそうですね…!

強打の吉田颯選手をはじめ攻撃陣も充実していますし、福岡大大濠は2021シーズンにも期待。

毛利海大投手はその中心になれるポテンシャルは十分ですから、ぜひ福岡大大濠のエースとして、またドラフト候補としてもマウンドで存在感を示してくれることに期待しています!

参考:吉田颯(福岡大大濠)は強打に注目|中学は九州選抜で敢闘賞の注目株

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック