2021ドラフト投手

小園健太(市和歌山)はドラフト注目|球速も期待の右腕は中学全国V

市和歌山で1年の2019春からベンチ入りを果たし、投手陣の柱となっている小園健太(こぞの けんた)投手。

球速150キロに迫るストレートを武器にする本格派右腕で、世代屈指の右腕として全国区になるのも時間の問題でしょう。

中学時代には貝塚ヤングのエースを務め、チームの全国大会優勝にも大きく貢献していましたね!

2021ドラフトでの上位指名も期待されている、市和歌山の小園健太投手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

小園健太の中学時代は貝塚ヤングで全国優勝

エースで全国制覇

右投げ右打ちの小園健太投手は中学時代、硬式野球チームの貝塚ヤングに所属していました。

中学3年時にはエースを任され、チームの中心メンバーとして3度の全国大会出場にも貢献。

2018夏のヤングリーグ選手権では全国優勝を果たすなど、世代屈指の強豪チームを引っ張っていた選手ですね…!

市和歌山でも1年の2019春からベンチ入りしていましたが、納得の実力の持ち主です。

貝塚ヤングで大阪選抜も経験

貝塚ヤングのエースとして全国優勝に貢献した小園健太投手は、その実力が評価されて倉敷国際大会の大阪選抜メンバーにも選出されています。

同じく貝塚ヤングでバッテリーを組んでいて、ともに全国制覇を果たした松川虎生選手も大阪選抜に選ばれていましたね。

松川虎生選手も市和歌山に進んで1年から中軸で活躍していますから、この先も二人は投打の軸となって和歌山の高校野球を盛り上げてくれるでしょう。

参考:松川虎生(市和歌山)はドラフト期待|ホームランに注目の長距離砲

Sponsored Link

市和歌山・小園健太はドラフト注目の本格派

球速150キロ間近

市和歌山でも投手陣の柱として活躍する小園健太投手ですが、ピッチングの軸は球威のあるストレートです。

2020夏を前に最速147キロをマークするなど、世代屈指のストレートを持っている投手。

小さなテイクバックから投げるフォームも特徴の1つで、相手打者が差し込まれる場面も珍しくありません。

入学当初の2019春から控え投手でベンチ入り果たし、県大会では強豪・智弁和歌山を相手に2回無失点の好投を見せていましたね。

身長184cm・体重85kgと体格的にも申し分なく、球速が150キロの大台を超えてくるのも時間の問題ではないでしょうか…!

球速だけじゃない制球力

球速150キロに迫るストレートだけでなく、小園健太投手は高い制球力も持ち合わせています。

特に相手打者の左右を問わず、インコースに投げ込めるコントロールは見もの。自信を持って内角を突いてくるピッチングは強豪相手にも十分に通用するレベルにあります。

球速・球威はもちろんのこと、精度の高さも小園健太投手の魅力ですね!

同じく2021ドラフト候補と見られている智弁和歌山・中西聖輝投手とは、県内で今後もハイレベルな争いを見せてくれるでしょう。

参考:智弁和歌山・中西聖輝は中学で関西選抜|球速だけじゃない次世代エース候補

Sponsored Link

ドラフト注目の小園健太は変化球も期待

ストレートの球速に大きな注目が集まる一方で、小園健太投手は高い精度を誇る変化球も見逃せません。

主な球種としては

  1. スライダー
  2. カーブ
  3. チェンジアップ

の3種類で、力で押すだけでなく巧みに緩急を使う投球術も光ります。

ストレートを見せたあとに縦のスライダーやチェンジアップで空振りを奪うパターンを得意にしていて、奪三振率の高さも素晴らしいものがありますね!

Sponsored Link

小園健太は市和歌山からドラフト上位も

中学時代には貝塚ヤングで全国制覇を果たし、市和歌山でも2021ドラフトでの指名に期待が膨らむ小園健太投手。

最速147キロのストレートは世代トップクラスですし、今後150キロを超えてくるのは間違いない逸材です。

制球力や変化球についても高いレベルにあり、総合力の高いピッチャーだけにこの先の成長も楽しみですね!

U18日本代表などに選出される可能性も十分にあると思いますし、高知・森木大智投手らと共にドラフト上位候補としてこれから更に注目度を上げるでしょう。

市和歌山の県内での覇権争いにも注目しつつ、小園健太投手の進化をこの先も追いかけていきましょう!

参考:森木大智(高知)にドラフト12球団1位指名を期待してしまう4つの理由

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック