2021ドラフト野手

松川虎生(市和歌山)はドラフト期待|ホームランに注目の長距離砲

市和歌山で1年の2019春からベンチ入りしている松川虎生(読み方は「まつかわ こう」)選手。

身長178cm・体重98kgのどっしりとした体格を活かしたパワーで、ホームランを量産している右のスラッガーです。

中学時代には貝塚ヤングの主力で活躍し、全国大会優勝も経験している強打者なんですよね…!

近畿屈指のスラッガーとして、2021ドラフトでも注目の市和歌山・松川虎生選手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生野手【最新】全国の逸材をピックアップ

松川虎生の中学時代は貝塚ヤングで全国優勝

右投げ右打ちの松川虎生選手は大阪府阪南市の出身で、東鳥取小学校に在籍していたころ泉佐野リトルリーグで野球を始めました。

阪南市立鳥取東中学への進学後には、硬式野球チームの貝塚ヤングに所属。

中学3年時には主将を務めるなど、貝塚ヤングの全国大会優勝に大きく貢献しています。

全国大会の準決勝ではホームラン、決勝ではサヨナラ打を放ち、大会の最優秀選手賞にも輝いていましたね!

また松川虎生選手は「ビートたけしのスポーツ大将」でテレビ出演を果たし、元巨人・桑田真澄さんと元中日・谷繫元信さんのバッテリーから右中間へのヒットを放っていました。

大舞台の強さも兼ね備えている選手ですから、市和歌山でも今後の活躍に期待です!

Sponsored Link

市和歌山・松川虎生はホームランに注目

攻守で市和歌山の要となる松川虎生選手の大きな魅力は、やはりホームランが期待できる打力の高さでしょう。

中学時代には全国制覇した貝塚ヤングの四番として活躍し、中学通算23本のホームランをマーク。

市和歌山に入学直後、2019春の練習試合でも高校第1号となるホームランを逆方向に放つなど、持ち前のパワーを見せつけていました。

松川虎生選手は2020夏の和歌山大会前までで高校通算ホームラン数も21本まで伸ばしていますから、右のスラッガーとしてこれからも話題になる選手であることは間違いないでしょう。

自粛期間が明けてから2020夏前の練習試合では1試合に3本のホームランを放つなど、さらにハイペースでホームランを量産しており、智弁和歌山・徳丸天晴選手らと並んで和歌山屈指の強打者です。

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|ドラフト期待の四番が凄すぎる

Sponsored Link

ドラフト期待の松川虎生は1年から市和歌山の四番

2021ドラフトでも楽しみな松川虎生選手ですが、1年生から四番を務めていることも実力を物語っています。

市和歌山は2019春のセンバツでもベスト8の成績を残しているチームですから、1年から四番を任されるのは相当な逸材ということですよね…!

2019春の和歌山大会3回戦・串本古座戦では、途中出場で2点タイムリーを放つなど勝負強さも見せていましたし、スケールの大きな強打者だけに更なる進化に期待したいところ。

目標とするプロ野球選手では西武の山川穂高選手を上げるなど、ホームランに強いこだわりがあることも伺えますね。

身長178cm・体重98kgと体格的にもがっちりしていますし、2021ドラフト候補として注目していきましょう。

Sponsored Link

市和歌山・松川虎生は守備でもドラフト級

ホームランを量産しているバッティングだけでなく、守備でもチームに大きく貢献している松川虎生選手。

中学時代は捕手での出場が多かった松川虎生選手ですが、市和歌山では三塁手でも出場をしていて、巧みなハンドリングと安定した送球を見せていました。

2020夏の大会では捕手でも出場していて、持ち前の強肩でチームに貢献。

また、松川虎生選手のスローイングは強肩だけでなくコントロールにも定評があり、強肩捕手での魅力も見逃せません。

中学の貝塚ヤングから共に市和歌山に進学した小園健太投手とバッテリーを組んでいましたが、それぞれがドラフト候補のバッテリーということでスカウトも多く訪れるでしょう。

松川虎生選手の成長を楽しみにしつつ、2021ドラフト候補として引き続き追いかけていきたいと思います!

参考:小園健太(市和歌山)はドラフト注目|球速も期待の右腕は中学全国V

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック