2021注目の外野手

飯塚恒介(霞ヶ浦)は中学で東日本選抜|抜群の打撃センスは既に全国区

霞ヶ浦で1年生レギュラーとして背番号8をつけ、2019夏の甲子園でも活躍を見せた飯塚恒介選手。

左投げ左打ちで抜群の打撃センスを持っており、霞ヶ浦が勝ち進んでいたら間違いなく「スーパー1年生」として騒がれていたのではないかと思うほど。

中学時代にも鶴岡一人記念大会に選出された逸材なんですよね…!

これから全国的にも有名なバッターに成長していくであろう、霞ヶ浦の飯塚恒介選手を特集してみました。

飯塚恒介は中学時代にも全国で活躍

出身の筑西田宮ボーイズでは投手

飯塚恒介選手は下妻市立東部中学の出身で、野球では筑西田宮ボーイズに所属。

中学3年時には二度の全国大会に出場するなど、エースとしてピッチャーのポジションでチームに貢献していました。


全国の舞台で先制タイムリーを放ったほか、ピッチャーとしては5回無失点の好投。

出身の筑西田宮ボーイズでも投打の軸として活躍を見せており、優れた野球センスを発揮していたことがわかりますね!

東日本選抜にも選出

筑西田宮ボーイズの主力として活躍していた飯塚恒介選手は実力が高く評価され、中学3年時には鶴岡一人記念大会にも東日本選抜として出場しました。

当時のチームメイトには帝京・武藤闘夢選手もいましたから、関東大会や甲子園での激突があると楽しみですね!

強豪・霞ヶ浦で入学早々にベンチ入りを果たし、夏にはレギュラーを奪取したことも中学時代の活躍を見ると納得です。

参考:帝京・武藤闘夢に感じる大物の予感|中学では全国の舞台でホームランも

Sponsored Link

霞ヶ浦・飯塚恒介は打撃センスに注目

巧みなバットコントロール

飯塚恒介選手は霞ヶ浦でも早速、打撃センスに素晴らしいものを見せています。

2019夏の茨城大会ではチームトップの10安打を放ち、甲子園出場に大きく貢献。

打率4割7分6厘は1年生の数字じゃないですよね…!


バットコントロールが上手く、身長174cm・体重66kgと大柄ではないものの10安打中6本が長打。

甲子園でも履正社を相手に5打数3安打と素晴らしい活躍を見せています…!

勝負強いバッティングにも期待

高い打率に加えて、チャンスでの強さも飯塚恒介選手の持ち味です。

2019夏の甲子園初戦・履正社戦でも打点をマークしていますし、茨城大会では7打点を叩き出し三番にも座りました…!


リラックスした構えから柔らかいスイングでライナー性の打球を連発するバッターだけに、霞ヶ浦では新チームでも主力として活躍するでしょうね!

同じく1年生で甲子園を沸かせた中京学院大中京・小田康一郎選手にも負けない活躍を見せてくれることに期待しています!

参考:小田康一郎(中京院中京)の打撃が凄い|中学は八王子シニアでベストナイン

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック