2021ドラフト野手

南條碧斗(報徳学園)は中学日本代表|京都出身の強打者は1年で四番

兵庫の名門・報徳学園で1年秋から四番を務める南條碧斗(読み方は「なんじょう りくと」)選手。

京都南山城ボーイズでプレーした中学時代には日本代表にも選出された逸材で、優れた打撃センスを高校でも見せつけています。

これから先も楽しみな報徳学園・南條碧斗選手を特集していきましょう。

南條碧斗の中学時代は京都南山城ボーイズ出身

主将として全国も経験

南條碧斗選手は京都市立安祥寺中学の出身で、野球では京都南山城ボーイズに所属していました。

当時から主力としてプレーしていたほか、主将も務めるなど中心選手として活躍。

中学3年の2018春にはボーイズの全国大会にも出場を果たしていますね!


ちなみに全国大会1回戦で対戦した三重の津ボーイズには、智弁学園の四番として2019夏の甲子園を沸かせた前川右京選手がいました。

このときは南條碧斗選手の京都南山城ボーイズが4対3で勝利していますが、高校での激突にも期待ですね!

参考:前川右京(智弁学園)はドラフト期待|注目の兄弟スラッガー対決は

日本代表として世界大会も経験

出身の京都南山城ボーイズでの活躍と実力が認められた南條碧斗選手は、中学3年時にボーイズ日本代表にも選出されました。

世代トップクラスの実力の持ち主であることは間違いなく、報徳学園で早くから頭角を現わしていることも納得ですね…!

日本代表のチームメイトである常総学院・三輪拓未選手や日大三・星憂芽選手らも高校で活躍を見せていますし、甲子園での対戦が楽しみな世代です!

参考:三輪拓未(常総学院)は中学日本代表|華麗な守備は世代トップレベル

Sponsored Link

報徳学園・南條碧斗はホームランも打てる

中学時代からバッティングに定評のあった南條碧斗選手は、高校でも素晴らしい活躍を見せています。

2019秋の兵庫大会初戦・尼崎小田戦では、初回の打席でレフトスタンドにホームランを叩き込みました!


報徳学園での鮮烈デビューとなりましたが、このパンチ力は魅力ですよね。

高校でのホームラン数にも期待できるバッターですし、まだまだ伸びるであろう、この先の成長が非常に楽しみです。

Sponsored Link

報徳学園・南條碧斗の広角打法にも注目

1年の2019秋から四番を経験した南條碧斗選手は、左右に打ち分けられる打撃技術も見ものです。

ライト方向に強い打球が打てるのは相手バッテリーとしても厄介でしょうね…!


変化球にも対応できる柔軟性も兼ね備えており、体勢を崩されながらも外野に強い打球を飛ばせる巧さもあります。

さらには守備の要としても存在感を放つ選手ですから、報徳学園の中心選手として今後もチェックしていきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック