2021注目の内野手

山下陽輔(智弁学園)はホームランに期待|中学日本代表のスラッガー

奈良の強豪・智弁学園で、入学直後の2019春から試合に出場していた山下陽輔選手。

持ち前のパワフルなバッティングで1年の秋からレギュラーを獲得し、2019秋の近畿大会ではホームランも放っています。

中学時代は奈良西シニアに所属し、日本代表にも選ばれた右のスラッガーなんですよね…!

これからの智弁学園を背負う中心選手として期待がかかる、山下陽輔選手について特集していきましょう。

山下陽輔は出身の奈良西シニアで中学日本代表

右投げ右打ちの山下陽輔選手は奈良県の出身で、軟式少年野球チームの西大寺ドリームズで野球を始めました。

中学進学後は硬式の奈良西シニアに所属。ポジションは主に捕手を務め、チームの中心選手として活躍していましたね。

出身の奈良西シニアでのプレーと実力が高く評価され、中学3年時には日本代表としてMCYSA全米選手権大会に出場。

本職の捕手だけでなく外野やファーストの守備にも就き、日本代表の大会5連覇に大きく貢献しました…!

ちなみに日本代表では、1年生ながら2019夏の甲子園でもマウンドに上がった関東一・市川祐投手とチームメイトでしたから、今後の対戦があれば中学時代も話題になりそうです!

参考:市川祐(関東一高)は中学日本代表|ドラフト期待の次世代エース

Sponsored Link

智弁学園・山下陽輔のバッティングに注目

豪快なホームランが凄い

智弁学園でスタメンに名を連ねる山下陽輔選手のですが、持ち前のパワーを活かした豪快なバッティングは見ものです。

身長175cm・体重85kgのどっしりとした体格を活かし、鋭いスイングから強い当たりを連発しているんですよね…!

兄弟校対決となった2019秋の近畿大会準々決勝・智弁和歌山戦では、一回裏に大量得点の口火を切る、豪快なスリーランホームランをレフトスタンドに叩き込みました。

四回裏にも貴重な追加点となるタイムリーヒットを放つなど、壮絶な乱打戦となった試合で智弁学園の勝利に大きく貢献しましたね!

また、近畿大会準決勝の大阪桐蔭戦でも、同世代の注目左腕・松浦慶斗投手から2試合連続となるソロホームランを放っていますし、試合には敗れたものの相当なインパクトを残したのは間違いありません。

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)は中学日本代表|北海道出身のドラフト候補

勝負強さにも期待

豪快なホームランだけでなく、勝負強いバッティングにも期待がかかる山下陽輔選手。

2019秋の奈良大会でもチャンスの場面でしっかり結果を残したほか、近畿大会では11打数5安打5打点で打率4割5分5厘、ホームラン2本の活躍を見せました…!


低めの変化球にはしっかりバットが止まりますから、この選球眼も磨かれてくると更なる脅威になりそうです。

白石陸主将をはじめ、注目選手が多い智弁学園打線だけに今後の躍進が楽しみですね!

一振りで流れを変えられるだけの力を持った選手ですし、山下陽輔選手にはここぞという場面での一打を期待していきましょう。

参考:白石陸(智弁学園)は強肩強打に注目|広島出身の主将は攻守で魅せる

Sponsored Link

山下陽輔は智弁学園の主軸になれる存在

2019秋の近畿大会で2試合連続ホームランを記録するなど、智弁学園でも存在感を放っている山下陽輔選手。

打席に立つ姿にはすでに風格が漂っていますし、今後の智弁学園を引っ張っていく存在であることは間違いありません。

サードの守備でも軽快なステップで安定した守備を見せていますね!


智弁学園の同学年には、2019夏の甲子園で1年生ながら四番を務めて注目を集めた前川右京選手もいますし、左右の強打者が並ぶ打線は目が離せません。

甲子園でも豪快なバッティングで高校野球ファンを沸かせてくれることに期待して、山下陽輔選手を追い掛けていきたいと思います。

参考:前川右京(智弁学園)はドラフト期待|注目の兄弟スラッガー対決は

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック