2021ドラフト野手

浅利瑠良(日大山形)はドラフト期待|ホームランも期待の中学東北選抜

山形の日大山形で1年の2019秋からベンチ入りを果たしていた浅利瑠良(名前の読み方は「るい」)選手。

身長180cmを超える恵まれた体格を活かし、鋭いスイングと勝負強いバッティングで注目を集める右のスラッガーです。

中学時代は弘前聖愛シニアで全国ベスト4の成績を残し、東北選抜にも選出されていましたね!

日大山形の主軸として2021ドラフトにも期待がかかる、浅利瑠良選手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生野手【最新】全国の逸材をピックアップ

浅利瑠良の中学時代は弘前聖愛シニア出身

主力で全国ベスト4

右投げ右打ちの浅利瑠良選手は中学時代、硬式野球チームの弘前聖愛シニアに所属していました。

中学3年時にはトップバッターを務めるなどチームを牽引し、ジャイアンツカップでの全国ベスト4に大きく貢献していますね!

ジャイアンツカップでも持ち前の打撃センスを生かし、随所に勝負強い打撃を見せていました。

東北選抜で国際大会も

チームでの活躍が評価された浅利瑠良選手は、中学時代に東北選抜のメンバーにも選出されています。

参加した台湾遠征でも背番号2の主力でチームを引っ張り、存在感を放っていましたね…!

中学生の時点で国際試合を経験できたことは、今後の野球人生を考えてもプラスになることは間違いありません。

ちなみに2020春から仙台育英に進路をとった福田虎太郎選手は、弘前聖愛シニアの1学年後輩で、ジャイアンツカップでも共に主力で出場していました。

仙台育英も同じ東北の強豪ですから、東北大会などでの対決も非常に楽しみですね!

参考:福田虎太郎(仙台育英)は注目右腕|楽天ジュニア出身で東北選抜も

Sponsored Link

日大山形・浅利瑠良はホームランも期待の強打者

日大山形でも主軸を務めている浅利瑠良選手ですが、注目したいのはそのスイングスピードの速さです。

中学時代に出場したジャイアンツカップでは、「一人だけバットが軽く見えるようなスイングをしていた」との高評価も受けていました…!

2019秋の東北大会2回戦・一関学院戦でも持ち前のスイングスピードをいかし、3安打の固め打ち。

試合には敗れてしまったものの、今後の成長を大きく期待させる活躍を見せていました。

身長184cmと体格的にも大きな伸びしろを感じる打者ですし、豪快なホームランでスタンドを沸かせてほしい選手です!

Sponsored Link

浅利瑠良は勝負強さでも日大山形の核に

また浅利瑠良選手はスイングスピードをだけでなく、勝負強いバッティングも日大山形の武器になっています。

2019秋の山形県大会ではすべての試合で五番を務め、監督やチームメイトからも厚い信頼が寄せられている打者ですね!

2020夏の鶴岡工戦でも2本の二塁打を放つなど、日大山形でのトレーニングで長打力にも磨きがかかっていることが見て取れます。

打点も稼げる選手だけに、チャンスでのバッティングもスカウトからは高く評価されるのではないでしょうか…!

Sponsored Link

浅利瑠良は日大山形からドラフトにも期待

中学時代は弘前聖愛シニアで全国大会ベスト4に輝き、日大山形でも1年の2019年から中軸で活躍している浅利瑠良選手。

身長184cmの体格をいかした豪快なスイングはやはり魅力ですし、今後も相手チームからは警戒される打者の一人でしょう。

これから身体の厚みはさらに増してくるでしょうし、ホームランの量産にも期待がかかりますね!

高いポテンシャルを誇る選手だけに、全国の舞台で活躍を見せれば聖光学院・坂本寅泰選手らと共にドラフト候補として話題になる可能性も十分。

山形日大の躍進にも期待がかかりますし、浅利瑠良選手には中心選手としてチームを引っ張ってもらいたいですね!

参考:坂本寅泰(聖光学院)はドラフト注目|ホームランに期待のスラッガー

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック