2021ドラフト野手

鈴木唯斗(東邦)はドラフト期待|ホームランも注目の中学日本代表

SASUKE名古屋ヤングの主力でプレーし、2019春からは東邦高校に進路を決めた鈴木唯斗(すずき ゆいと)選手。

ずば抜けた身体能力を武器に攻守で存在感を放ち、高校通算ホームランにも期待が高まる左の強打者です。

小学時代にはドッジボール界のスターとして君臨していて、野球を始めて2年ほどの期間ながら中学でU15日本代表に選ばれている逸材なんですよね…!

2021ドラフト候補としても成長が楽しみな、東邦高校の鈴木唯斗選手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生野手【最新】全国の逸材をピックアップ

鈴木唯斗は小中学時代から全国屈指の注目選手

小学ではドッジボールでMVP

左投げ左打ちの鈴木唯斗選手は小学時代、ドッジボール界のスーパースターとして有名だったという異色の経歴の持ち主です。

小学5年時から全国大会で3連覇を果たしており、且つすべての大会でMVP(最優秀選手賞)に輝いているんですよね…!

野球に転向したのは中学からですが、ドッジボールで鍛えられた瞬発力や強肩を活かして一気に飛躍を遂げています。

中学では投手でU15日本代表

中学への進学後、SASUKE名古屋ヤングで野球を始めた鈴木唯斗選手。

中学3年時には3度の全国大会出場に貢献するなど、チームの主力としてプレーしていましたね!

SASUKE名古屋ヤングでのプレーで実力が高く評価されて、U15日本代表にも選出。2年ほどで日本代表に名を連ねているあたり、ポテンシャルがずば抜けているとしか言いようがありません。

ちなみに、SASUKE名古屋ヤングとU15日本代表でチームメイトだった畔柳亨丞投手は中京大中京のエースに。

鈴木唯斗選手とはドラフト候補同士、愛知県内での熾烈な争いは目が離せません…!

Sponsored Link

東邦・鈴木唯斗は高校通算ホームランも期待

東邦高校では野手で活躍している鈴木唯斗選手ですが、左打席で見せる打撃センスは素晴らしいものがあります。

1年の2019春からベンチ入りを果たし、2020秋からは主に四番・センターでプレーしています。

2020秋の愛知大会準決勝・中部大春日丘戦では右中間スタンドへ豪快なホームラン。

高校通算24本目のホームランを放ち、チームの東海大会出場を手繰り寄せる活躍を見せていましたね!

以前はミート力の高さが際立っていたバッティングに力強さが増しており、2021ドラフト候補として全国区の野手になっていくでしょう。

Sponsored Link

東邦・鈴木唯斗は身体能力もドラフト級

外野守備での強肩

豪快なバッティングが光る一方で、鈴木唯斗選手は身体能力の高さも魅力です。

ドッジボール仕込みの強肩は中学時代の投手でも際立っていましたが、外野守備でも鋭いスローイングは見逃せません。

センターラインに鈴木唯斗選手がいることは、東邦の守備を支える重要な役割を担っていると言えるでしょう。

攻守で際立つスピード

また鈴木唯斗選手は、攻守でのスピード溢れるプレーも見ものです。

外野の間を割ったライナー性の打球でも、積極的な走塁で長打にしてしまう俊足の持ち主。

一方で守備範囲の広さも目立っていて、走攻守三拍子揃った外野手だけに2021ドラフトにも大いに期待したいプレイヤーなんですよね…!

1学年下の三浦心空選手をはじめ内野も充実していますが、鈴木唯斗選手の存在が攻守で東邦の柱になることは間違いありません。

参考:三浦心空(東邦)はセンス抜群|東海中央ボーイズで中日本選抜の逸材

Sponsored Link

鈴木唯斗は東邦から2021ドラフトに期待

東邦高校では主将としてもチームを引っ張っている鈴木唯斗選手。

パンチ力を秘めたバッティングに加えて身体能力の高さもあり、プロのスカウトとしても目が離せない高校生野手の一人でしょう。

高校通算ホームランがどこまで伸びるかも楽しみですし、対応力が高い強打者だけに甲子園で全国の好投手を相手にしたバッティングもぜひ観てみたいところ。

東邦の躍進と鈴木唯斗選手のドラフトに期待しつつ、これからの成長を追いかけていきたいと思います。

参考:東邦の2020新入生は?野球部の豪華メンバーは優勝争い必至

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック