2021注目の内野手

杉下海生(天理)は俊足巧打に注目|中学日本代表は兄弟も凄い野球一家

奈良の強豪・天理で1年の2019秋からレギュラーを勝ち取った杉下海生(読み方は「すぎした あおい」)選手。

中学時代は泉佐野シニアに所属していて、U15日本代表にも選出されるなど、当時から進路が注目されていた選手の一人でした。

天理でも攻守に1年生とは思えない働きを見せていますし、今後の成長が楽しみな内野手ですね…!

天理の中心選手としての活躍に期待がかかる、杉下海生選手について特集していきましょう。

杉下海生は出身の泉佐野シニアで中学日本代表

右投げ左打ちの杉下海生選手は田尻町立中学の出身で、中学時代は泉佐野シニアに所属していました。

チームの主力選手として活躍しており、中学3年時にはU15日本代表にも選出されているんですよね!

侍ジャパンの一員として、第4回WBSC U15ワールドカップに出場しました。


日本代表では主に九番でスタメンに名を連ね、清水隆行監督から一番に繋ぐ役割を任されていた杉下海生選手。

4割超えの打率にチームトップの8打点と、活躍が評価されてベストナインにも選出されるなど、精鋭揃いの中でも存在感を示していましたね!

日本代表のチームメイトだった大阪桐蔭・池田陵真選手も2019秋から頭角を現わしていますし、近畿大会や甲子園での激突も楽しみです!

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

天理・杉下海生は俊足巧打に注目

杉下海生選手の持ち味として、まず光るのがプレーのスピード感です。

50メートル6秒2の俊足は攻撃の大きな武器になっており、シャープなバッティングと合わせて天理打線に厚みをもたらしています。

2019秋の近畿大会・報徳学園戦では3安打3打点の大暴れ。一気に三塁を陥れたスリーベースでも、杉下海生選手のポテンシャルの高さが感じられましたね!


身長167cm・体重64kgと小柄ながら外野の頭を超える打球も放っていますし、元々ミートの巧さには定評のある選手だけに、これから力が付いてくると更なる脅威になることは間違いありません。

1学年下には注目の左打者・原叶大選手らハイレベルな選手が揃いますから、杉下海生選手のチャンスメーカーとしての働きはますます目が離せませんね…!

参考:原叶大(天理)は打撃センス抜群|大阪堀江ボーイズ出身の中学日本代表

Sponsored Link

杉下海生は守備でも天理の要に

杉下海生選手はバッティングでも結果を出している一方で、中学時代から定評のある守備力の高さも見逃せません。

2019秋の近畿大会でも、柔らかなグラブ捌きと軽快なステップで安定感のある守備を見せています。


打球反応の良さはもちろん、捕球からスローイングまでのスピードも非常に速いんですよね…!

俊足を活かした守備範囲の広さも大きな魅力で、二遊間・三遊間へ飛んだヒット性の打球を難なく処理する場面は何度も見ました。

東海大相模の大塚瑠晏選手や常総学院・三輪拓未選手もそうですが、2021世代には守備力の高いショートが多いですね!

杉下海生選手も守備の要としてショートで安定したプレーを見せていますから、今後も天理の内野陣を引っ張る存在として期待しています。

参考:三輪拓未(常総学院)は中学日本代表|華麗な守備は世代トップレベル

Sponsored Link

杉下海生は兄弟も天理の野球一家

走功守三拍子揃ったショートとして、早くも天理の中心選手として活躍をみせている杉下海生選手。

3人兄弟の末っ子にあたりますが、4学年上の長男・海士(かいと)選手は天理高校でプレーした2017夏の甲子園で4強入り。現在は立正大の野球部で活躍しています。


また2学年上の次男・大海(たくみ)選手も、2019夏に引退した天理の上級生という野球一家なんですよね。

二人の兄を追いかけて名門・天理に入学し、二人が果たせなかった甲子園優勝を目標に練習に励んでいる杉下海生選手はこれからが本当に楽しみです。

2019秋の近畿大会ではすでにベスト4入りを決め、2020センバツ甲子園の出場が濃厚と見られていますから、ぜひとも全国の舞台で暴れまわってほしいものです!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック