2021注目の内野手

米崎薫暉(明徳義塾)はセンス抜群|中学ではショートで四番の逸材

高知の名門として有名な明徳義塾で、1年生から2019夏のベンチ入りを果たした米崎薫暉(読み方は「よねざき くんが」)選手。

茨木ナニワボーイズ出身の内野手ですがショートのポジションで見せる守備は抜群のセンスを感じさせ、明徳義塾でスタメンに名を連ねているのも納得です。

父親が元近鉄のドラフト1位・米崎薫臣さんであることでも話題になりそうですね…!

甲子園での活躍にも期待がかかる、米崎薫暉選手について詳しく見ていきましょう。

参考:明徳義塾の2020新入生は?気になる投打の注目選手をピックアップ

米崎薫暉の父は元プロ野球選手の米崎薫臣

明徳義塾の注目1年生として脚光を浴びる米崎薫暉(読み方は「よねざき くんが」)選手ですが、まず話題になっている父親について。

米崎薫暉選手の父親は、1988年に近鉄にドラフト1位で入団した米崎薫臣(くんじ)さんです。

元プロ野球選手の父がいることでも大きな注目を集めそうではあるものの、米崎薫暉選手は純粋にプレーで魅せられる選手なんですよね。


2019春から注目されていた左腕・代木大和投手はベンチ入りこそならなかったものの、今後も明徳義塾は強くなりそうですね!

参考:代木大和(明徳義塾)から漂う大物感|中学全国経験なしも高校で覚醒

Sponsored Link

米崎薫暉の中学時代はショートで四番

身長170cm・体重70kgの米崎薫暉選手の出身は大阪で、小学時代から野球センスを発揮していました。

ショートの守備を見てもスローイングの良さを感じますが、小学生の頃にはキャッチャーとしてマスクもかぶっていましたね。

また中学時代には豊中十五中学に進み、茨木ナニワボーイズでプレー。

四番・ショートでチームの中心選手として活躍しており、野球センスは素晴らしいものがありました。

また、その茨木ナニワボーイズに所属した中学時代にはピッチャーとしても才能を見せていたんですよね。

現在はショートのポジションについていますが、明徳義塾でも二刀流として活躍する可能性は十分にあるのではないでしょうか…!

明徳義塾中学から愛工大名電に進んだ二刀流・田村俊介投手との対戦はぜひ観てみたいものです。

参考:田村俊介(愛工大名電)の二刀流に注目|明徳に残らなかった理由はなぜか

Sponsored Link

明徳義塾・米崎薫暉は攻守に抜群のセンス

ミート力に長けたバッティング

明徳義塾のスタメンに名を連ねている米崎薫暉選手は右投げ右打ちで、攻守にセンスの良さが光ります。

2019夏の高知大会では大当たりこそなかったものの、繋ぎ役としてしっかりと役割を果たしていましたね。

元々ミートセンスには定評のある右の好打者だけに、これから高校のボールに慣れてくるのが楽しみです。

初の甲子園となる2019夏の初戦・藤蔭戦では一塁にランナーを置いた場面で左中間に綺麗なヒットを放ち、送球の間にセカンドを果敢に陥れる走塁センスも見せました。

堂々としたプレーからは大物ぶりも感じますし、夏の甲子園でブレイクする可能性も十分にあります。

ドラフト注目の星稜・内山壮真選手も1年時の2018夏にショートで活躍して全国区になりましたしね!

米崎薫暉選手のこれからには大いに期待したいものです。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

抜群の守備力は見もの

また俊敏性を活かした米崎薫暉選手の守備力は一歩目が非常に速く、軽快なフットワークで安定した守備を見せています。

あの馬淵史郎監督が内野の要で起用するくらいですから、その事実が実力を物語っているとも言えるでしょう。

遠投も115メートルと、全国的にもトップクラスの強肩も見ものです。

お兄さんも履正社でプレーするなど野球一家の米崎薫暉選手は実力・話題性ともに申し分なく、かつ100人以上の部員がいる明徳義塾で1年生からスタメンですからね…!

甲子園でも人気が出ることは間違いないですし、大いに暴れまわってほしいものです。

智弁和歌山の四番も1年生の徳丸天晴選手ですし、対戦することになれば注目度は一気に全国区になるでしょう…!

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|一年で四番は15年ぶりの快挙

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック