2021ドラフト野手

三木太陽(広陵)はドラフト期待|ホームランも注目の打撃センス

広島の名門・広陵高校で1年の2019夏からベンチ入りを果たしていた三木太陽(みき たいよう)選手。

2019秋の新チームからは四番を任されており、この先も打線の核となってくれるであろう左の強打者です。

中学時代は新居浜スワローズに所属して四国選抜に選出されるなど、野球センスは当時から光るものがありましたね!

広陵の主軸で2021ドラフトにも期待がかかる、三木太陽選手を特集していきましょう。

参考:広陵の2020新入生は?野球センス抜群のメンバーは全国トップクラス

三木太陽の中学時代は四国選抜に選出

右投げ左打ちの三木太陽選手は中学時代、新居浜スワローズに所属していました。

当時からチームの主力で活躍しており、中学3年の2018年には四国ヤング選抜にも選ばれるなど打撃技術の高さに注目が集まっていましたね!

鋭い打球を広角に飛ばすバッティングは高校でも十分通用するレベルでしたし、名門の広陵高校で早くから頭角を現しているのも納得。

優れた打撃センスを武器に、これから全国的に知名度を上げていくことは間違いないでしょう。

Sponsored Link

広陵・三木太陽は抜群の打撃センス

広陵でも早くから出場機会を掴んでいる三木太陽選手ですが、最大の魅力としては抜群の打撃センスが挙げられます。

広角に打ち分けるバッティングは光るものがありますし、流した打球も鋭いのが印象的なバッター。

1年の2019夏からベンチ入りしているだけでも十分に凄いのですが、それも当然のように感じてしまうんですよね…!

身長179cm・体重83kgと、均整のとれた体格で左バッターボックスに立つ姿は絵になります。

三木太陽選手は柔らかいスイングからアウトコースのさばきも非常に上手く、逆らうことなくレフト方向に打てるのも素晴らしいですね…!

右の中川将心選手らと共に、これからの広陵打線で中核を担うことは間違いありません。

参考:中川将心(広陵)は俊足強打に注目|中学MVPの逸材はドラフト期待

Sponsored Link

ドラフト期待の三木太陽はホームランも注目

広陵の三木太陽選手は抜群の打撃センスに加え、ホームランを打てるパンチ力もある点も魅力です。

2019夏には強豪・広島商業戦に1年生ながら代打で出場し、ホームランを放っていたのも記憶に新しいですね!

試合に敗れはしたものの、1年生が一矢報いた姿バッティングには大きな可能性を感じました。

打撃センスが見込まれて1年の2019秋からは四番で活躍していましたが、2019年の時点ではやや細身に見えた体格も、2020夏にはすっかりスラッガー体型に変貌を遂げています。

柔軟性のあるバッティングに加えて、パンチ力も備わっているあたり三木太陽選手に死角なしといったところでしょうか…!

高校通算ホームラン数もこれから伸びてくるでしょうし、十分に高卒でのドラフト指名も可能性を秘めた選手ですね!

Sponsored Link

三木太陽は広陵高校の主軸でドラフトへ

広陵の三木太陽選手は持ち前の打撃センスを武器に、2021ドラフトにも期待が膨らみます。

高校最後のシーズンに向けて、いかに存在感を示すかはぜひ注目していきたいところ。

まだまだ体格も大きくなっていくでしょうし、一気に全国を代表するスラッガーに変貌を遂げる可能性も考えられます…!

広陵の1学年下には西凌矢選手をはじめポテンシャルの高い選手が揃いますが、三木太陽選手にはその中心でチームを引っ張ってくれることを楽しみにしています!

参考:西凌矢(広陵)はセンス抜群|兄弟でドラフト期待の逸材に大注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック