2021ドラフト野手

瀬千皓(天理)はドラフト期待|生駒ボーイズ出身の長距離砲に注目

奈良の名門・天理で1年の2019秋から、打線の中軸を任されている瀬千皓(読み方は「せ ちひろ」)選手。

身長178cm・体重76kgの体格を活かした長打力が持ち味で、逆方向にも強い打球が打てる右のスラッガーです。

2019秋の神宮大会でもホームランを放つなど、チームの神宮大会ベスト4にも大きく貢献し、2020秋の新チームからは四番を任されていますね!

今後の天理打線を引っ張る存在になっていくであろう、瀬千皓選手について特集してみました。

参考:天理の2020新入生が熱い!破壊力抜群の打線は全国トップレベル

瀬千皓の中学時代は生駒ボーイズ出身

瀬千皓選手は奈良・生駒市立あすか野小学の出身で、小学2年から「あすか野ファイターズ」で野球を始めました。

中学への進学後は強豪・生駒ボーイズに入団。中学2年時には全国大会も経験していますね。

天理高校への進学後は1年秋からベンチ入りを果たし、神宮大会では背番号17ながら5番を任されていました。


ちなみに出身の生駒ボーイズでは、1学年上にドラフト注目の花咲徳栄・井上朋也選手や履正社・池田凛選手らがいました。

中学時代からハイレベルな環境を経験してきている選手ですし、これからの伸びしろにも大いに期待していきましょう。

Sponsored Link

天理・瀬千皓はホームランも期待の強打者

ドラフト注目投手からもホームラン

瀬千皓選手の大きな魅力はなんと言っても、ホームランに期待できる豪快なバッティングでしょう。

2019秋には奈良大会から神宮大会までで4発のホームランを記録しましたね!

加えて、近畿大会決勝から神宮大会の準決勝までは3試合連続でホームランを放っていますから、大舞台で本領を発揮するあたりにも大物ぶりを感じます。

また瀬千皓選手は、好投手からホームランを放っているのも印象的。

2019秋の神宮大会準決勝・中京大中京戦では、ドラフト注目のエース右腕・高橋宏斗投手からレフトスタンドにホームラン放ちましたね!

変化球に上手くタイミングを合わせた、さすがの一振りでした…!

右方向への飛距離も魅力

またパンチ力に加えて、広角にヒットを打てるのも瀬千皓選手の大きな強みです。

神宮大会2回戦・仙台育英戦でも3安打5打点の大活躍は見事でしたね!

5対5の同点で迎えた七回2死満塁のチャンスで「狙っていた」スライダーを捕らえ、勝ち越しとなるライトオーバーの3点スリーベースには柔軟性も感じました。


「少し泳いだ」と語っていたものの、それでも逆方向へ伸びる打球が打てる能力はさすがですね!

身長178cm・体重76kgの体格もまだまだ大きくなるでしょうし、鋭いスイングが売りの右打者からは今後も目が離せません。

天理高校では1学年下の戸井零士選手もクリーンナップを打っており、共に形成する強力打線は全国の高校野球ファンを沸かせてくれるでしょう。

参考:戸井零士(天理)は攻守で魅せる|日本代表も経験の逸材はセンス抜群

Sponsored Link

瀬千皓は天理からドラフトにも期待の強打者

2019秋の神宮大会で1年生ながら中軸を務め、大活躍を見せた瀬千皓選手。

新チームとなった2020秋からは四番を務めていますが、瀬千皓選手の存在によって打線の厚みが増していることは間違いありません。


一発で試合の流れを変えられる力も持っていますし、2021ドラフトにも期待したい右の強打者ですね!

同じくドラフト期待の達孝太投手と共に投打の柱になり、全国を沸かせてほしいところ。

甲子園でのホームランにも期待しつつ、瀬千皓選手のバッティングには大いに注目していきたいと思います!

参考:達孝太(天理)はドラフト期待|球速以外もメジャー級の大型右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック