2021ドラフト野手

有薗直輝(千葉学芸)はドラフト注目|ホームランに期待の長距離砲

千葉学芸で入学直後の2019春からベンチ入りしていた有薗直輝(ありぞの なおき)選手。

身長183cmの恵まれた体格から広角に長打が期待できる打撃で、1年の2019夏から四番を務めている右のスラッガーです。

小学時代は千葉ロッテマリーンズジュニアにも選出されたほか、強豪の佐倉シニアでは主力で全国大会も経験しています。

2021ドラフト候補として注目を集める世代屈指の強打者、千葉学芸の有薗直輝選手を特集していきましょう。

有薗直輝の小学は千葉ロッテジュニア出身

右投げ右打ちの有薗直輝選手は小学時代、軟式野球チームの干潟メッツに所属していました。

当時から身長163cm・体重58kgと恵まれた体格で、小学6年時には厳しいセレクションを通過して千葉ロッテマリーンズジュニアのメンバーに選出。

ちなみに千葉ロッテマリーンズジュニアでは、同じくドラフト候補と目されている昌平高校の吉野創士選手ともチームメイトでしたね!

有薗直輝選手も1年から千葉芸大でクリーンナップを務めていますから、ともにチームを引っ張る存在となっての激突はぜひ観てみたいです…!

参考:吉野創士(昌平)はドラフト期待|ロッテジュニア出身の強肩強打に注目

Sponsored Link

有薗直輝は佐倉シニアで中学でも主力で全国

中学への進学後には、硬式野球チームの強豪・佐倉シニアでプレーしていた有薗直輝選手。

持ち前のセンスを発揮して強豪チームでも主力で活躍しており、中学3年時には春の全国大会でベスト4進出に貢献し、ジャイアンツカップにも出場を果たしました。

全国大会でも打力を見せつけ、進路が注目されていた有薗直輝選手は、新鋭・千葉学芸に進路をとりました。

小中学時代から注目選手だっただけに、高校でどこまで進化を遂げるかは見逃せません!

Sponsored Link

千葉学芸・有薗直輝はドラフト期待の強打者

2021ドラフト候補としてすでに注目されていてる有薗直輝選手ですが、やはり一番の魅力はバッティングでしょう。

深いトップの位置からの豪快なスイングで、甘い球をホームランにするだけの能力は十分に持っています。

またホームランを打てるパンチ力に加え、逆方向へも長打が期待できる点も見もの。

全試合で四番に座った2019夏の千葉大会では16打数5安打で打率3割1分3厘の成績を残し、5本の安打のうち4本が長打という抜群の長打力を見せました。

内外関係なく長打に出来る技術も持っている選手ですから、この先で全国区の選手になっていくことは間違いないでしょう。

Sponsored Link

ドラフト注目・有薗直輝の高校通算ホームランは?

千葉学芸の主軸を務め、抜群の長打力を見せる有薗直輝選手は、高校通算のホームラン数にも期待が高まります。

1年夏の千葉大会でも両翼99.5mの球場で中段まで運んでいましたが、2020夏の時点で高校通算36本と、2年で40本を超えてくることは確実と見られていますね…!

有薗直輝選手はストレートに強く、本格派の投手を相手にもしっかり対応できている点にも強みを感じます。

「木製バットでも打てるようなスイングをしている」といった評価もありますし、プロの世界で活躍が期待されているのも不思議ではありません。

同世代では専大松戸・吉岡道泰選手らと共に、ドラフト候補として千葉を代表する選手になっていくのが楽しみです。

参考:吉岡道泰(専大松戸)は打撃センスが凄い|ドラフト期待の俊足強打

Sponsored Link

千葉学芸・有薗直輝は強肩もドラフト級

豪快なホームランを放っているバッティングだけでなく、投手を務める強肩も兼ね備える有薗直輝選手。

遠投は100メートル前後を投げる強肩で、1年夏までは外野手を。1年の2019秋からは三塁手で強肩を生かして鋭い送球を見せています。

中学時代は佐倉シニアで投手も務めていて、リリーフでの登板も果たしていました。

身長183cm・体重89kgの恵まれた体格を武器に大きな伸びしろを感じますし、攻守でのスケールの大きなプレーで、2021ドラフトでは上位で指名される可能性も十分にある選手。

千葉芸大の躍進に期待しつつ、世代屈指の強打者・有薗直輝選手の今後の成長にも注目していきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック