2022ドラフト候補

2022ドラフト候補の高校生野手【最新】1年から注目すべき逸材は?

2020春に高校へ入学した選手たちは、2022ドラフトでも話題になりそうな選手が多く揃っています。

これからの高校野球界に明るいニュースをくれる存在としても、新戦力の活躍は非常に楽しみですね…!

この記事では2022ドラフト候補として有望な高校生野手を随時更新していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

参考:2022ドラフト候補の高校生投手【最新】スカウト注目の逸材を特集

目次

【北海道地区】2022ドラフト候補の高校生野手

札幌第一・疋田悠真(捕手)

U12日本代表でもクリーンナップを打った左の強打者で、中学時代にもジャイアンツカップでホームランを記録。

自慢の長打力で北海道屈指の強打者として、高校でも注目を集めることになるでしょうね!

参考:疋田悠真(札幌第一)の強打に注目|新琴似シニア出身のスラッガー

【東北地区】2022ドラフト候補の高校生野手

青森山田・向中野希星(外野手)

青森山田シニアの主力で活躍した中学時代には投手も務めていたほか、中学3年時のジャイアンツカップでホームランも記録。

MCYSA全米選手権大会では東北から唯一の日本代表メンバーにも選ばれ、中軸を打ったバッティングは高校でも見ものですね!

参考:向中野希星(青森山田)は打撃センス抜群|中学日本代表の逸材に注目

八戸学院光星・野呂洋翔(外野手)

1年から八戸学院光星でクリーンナップを務める左のスラッガーで、盛岡大付との試合で2打席連続の一発を放り込むなど高校通算ホームランにも期待がかかります。

身長178cm・体重85kgと体格的にも将来性を感じますし、これから東北のドラフト候補として楽しみな高校生野手のひとりですね!

参考:野呂洋翔(八戸学院光星)はホームラン期待|猛打でドラフトにも注目

仙台育英・岡田大成(捕手)

兵庫県の北淡中学では全国ベスト8の立役者となった大型捕手で、身長185cm・体重86kgの恵まれた体格から見せる豪快なバッティングは見もの。

右中間にも飛距離が出せる右のスラッガーだけに、東北から全国の高校野球ファンを沸かせてくれることに期待です。

参考:岡田大成(仙台育英)は強打に注目|北淡中出身の中学ナンバーワン捕手

仙台育英・大藤想太(内野手)

中学時代には下級生の頃からスタメンに名を連ね、秀光中学の歴代ナンバーワン野手とも称された注目選手。

攻守にハイレベルなプレーを見せる内野手で、右打席でのバッティングに確実性が増してくると高校でも間違いなく話題になるプレイヤーの一人です。

参考:大藤想太(仙台育英)は攻守の要|秀光中学の歴代ナンバーワン野手

盛岡大付・中沢舟汰(内野手)

身長178cm・体重90kgの体格から、ずば抜けた飛距離を誇る右スラッガー。

入学早々に推定135メートルのホームランをバックスクリーンに叩き込むなど、長距離砲としてドラフト候補に名前が挙がる選手でしょう。

参考:中沢舟汰(盛岡大付)はホームランに注目|高崎ボーイズ出身の長距離砲

Sponsored Link

【関東地区】2022ドラフト候補の高校生野手

前橋育英・横倉拓実(内野手)

華麗な守備を見せる内野手で、ショートでの身のこなしは一級品。

高校でも即戦力でプレーできるだけの実力は十分に兼ね備えた選手だけに、ぜひ一度は球場で観たい選手の一人ですね!

参考:横倉拓実(前橋育英)は守備で魅了|桐生ボーイズの逸材は攻守に注目

健大高崎・関根啓衣太(捕手)

群馬県選抜で四番を務めた右の強打者で、野茂ジャパンでは日本代表も経験。

強肩ぶりも光る捕手ですから、健大高崎でも攻守において中心選手となってチームを牽引してほしいですね!

参考:関根啓衣太(健大高崎)は中学日本代表|伊勢崎ボーイズ出身の強肩強打

土浦日大・吉次悠真(外野手)

走攻守すべてにおいて世代トップクラスの実力を誇る外野手。

ホームランが期待できるパワーに加えて、関東大会のベースランニングでトップになるなどずば抜けた俊足でもドラフト期待の逸材として注目を集めるでしょう。

参考:吉次悠真(土浦日大)は中学日本代表|ドラフト期待の逸材は異次元レベル

花咲徳栄・山田慎之介(内野手)

全国大会優勝を果たした浦和シニアで三番・ショートを務め、MVPにも輝いた内野手。

ミートが上手いバッティングなど走攻守三拍子揃った選手だけに、高校でパワーが付いてくると全国区の選手になることは間違いありません。

参考:山田慎之介(花咲徳栄)は中学日本代表|浦和シニア出身の逸材に大注目

浦和学院・高山維月(外野手)

投手でも130キロ台中盤のストレートを投げる身体能力抜群の選手。

左打者としても巧みなバットコントロールだけでなく長打力も兼ね備えており、高校でも早くからポジションを奪取してドラフト候補に名前が挙がるであろう逸材です。

参考:高山維月(浦和学院)はセンス抜群|ドラフト期待の二刀流に注目

浦和学院・八谷晟歩(内野手)

高校でも即戦力になれる力を持った内野手で、U15日本代表の正ショートで活躍した実力は本物。

加えて広角に飛距離が出せる右打者でもあり、攻守で中心となって暴れまわってくれることに期待しています。

参考:八谷晟歩(浦和学院)は攻守で魅せる|中学日本代表の正ショートに注目

東海大菅生・福原聖矢(捕手)

中学2年から日本代表メンバーとして主力で活躍していた右打者。

野球をよく知っている選手で状況判断にも優れ、ソツのないプレーを見せる実力は高校でも間違いなく即戦力になれる逸材です。

参考:福原聖矢(東海大菅生)はドラフト期待|中学日本代表は異次元レベル

東海大菅生・小池祐吏(内野手)

元プロの小池正晃さんを父に持つ注目野手は、右打者として抜群の打撃センスを誇ります。

鋭いスイングから放たれる打球スピードはずば抜けており、世代屈指の強打者として高校でも全国的に有名になることでしょう。

参考:小池祐吏(東海大菅生)は強打に注目|中学屈指の逸材はドラフト期待

Sponsored Link

日大三・浅倉大聖(外野手)

2019ジャイアンツカップ優勝を飾った世田谷西シニアの主砲で、中学日本代表にも選出された左のスラッガーです。

中学でも東京ドーム中段にホームランを叩き込むなど長打力は申し分ないだけに、高校でもさらにスケールの大きな打者に成長してくれるのが楽しみですね!

参考:浅倉大聖(日大三)はホームランに期待|中学日本代表の左スラッガー

関東一・井坪陽生(外野手)

投手でも最速135キロをマークするなど、ずば抜けた身体能力を誇る逸材です。

強打の右打者として中学日本代表でも不動の三番で活躍するなど、高校でもどこまで成長を遂げるかは想像するだけでワクワクしますね…!

参考:井坪陽生(関東一)は中学日本代表|八王子シニア出身の二刀流に注目

横浜・岸本一心(捕手)

強豪・静岡裾野シニアで下級生の頃から全国の敢闘賞にも輝いた左打者で、ミートの上手さに加えてパンチ力にも期待の注目選手です。

名門でも1年から活躍できるだけのポテンシャルは十分に秘めている選手だけに、自慢のバッティングがどこまで成長を遂げるかは本当に楽しみです!

参考:岸本一心(横浜)は強打に注目|静岡裾野シニア出身の捕手は全国屈指

横浜・玉城陽希(捕手)

横浜ベイスターズジュニア時代から主力で活躍し、世代トップを走り続けるセンス抜群の捕手。

進路にも注目が集まっており、攻守において存在感を示すことができるプレイヤーですから、高校でもドラフト候補に名前が挙がってくるでしょう。

参考:玉城陽希(横浜)は強肩強打|中学日本代表は抜群の捕手センスに注目

Sponsored Link

東海大相模・梶拓斗(外野手)

ずば抜けた身体能力を誇る大型野手で、長打力を秘めた右打席でのバッティングは迫力満点。

加えて外野の守備でも俊足強肩を披露するなど、世代随一と呼ばれる大阪桐蔭・海老根優大選手と双璧をなす外野手ではないでしょうか。

参考:梶拓斗(東海大相模)は将来性抜群|中学で神奈川選抜の注目外野手

東海大相模・平岡大和(捕手)

中学時代ですでに二塁送球タイム1秒8台の強肩を誇る注目のキャッチャー。

長打力が魅力のバッティングに確実性が備わってくると、高校でも全国的に注目を集めることになりそうです!

参考:平岡大和(東海大相模)は強肩に注目|秦野シニア出身捕手はドラフト級

桐光学園・今井海翔(外野手)

ずば抜けた守備範囲の広さを誇る外野手で、センターラインにこの選手がいるだけで投手に与える安心感は絶大。

ミート力にも優れた右打者だけに、高校でさらにパワーがついてくるとバッティングの面で話題になっても不思議ではありません。

参考:今井海翔(桐光学園)の俊足は全国区|中学の関東選抜はドラフト期待

桐蔭学園・相澤白虎(内野手)

各世代で日本代表を経験している、野球センス抜群の右打者。

ミートの巧さに加えて長打力も併せ持つ選手だけに、即戦力として高校でも早々にポジションを勝ち取る可能性は十分にあると思います。

参考:相澤白虎(桐蔭学園)はセンス抜群|小中学で日本代表の逸材に注目

山梨学院・岩田悠聖(外野手)

強豪・静岡裾野シニアで1年から主軸を務めていた左の強打者で、中学2年時には全国大会でベストナインも獲得。

投手としても球速130キロ超のストレートを投げ込むなど、投打で全国区になるだけのポテンシャルは十分に秘めています。

参考:岩田悠聖(山梨学院)は投打で即戦力|中学屈指の逸材はドラフト期待

東海大甲府・四宮秀明(捕手)

横浜ベイスターズジュニアでも四番を打った右スラッガーで、長打力は世代トップクラス。

身長175cm・体重85kgのどっしりとした体格はスケールも大きく、強肩強打の捕手としてこれから話題になる選手の一人でしょう。

参考:四宮秀明(東海大甲府)はホームランに期待|戸塚シニア出身の長距離砲

Sponsored Link

【東海地区】2022ドラフト候補の高校生野手

加藤学園・水田裕翔(外野手)

攻守にセンスが光る左投げ左打ちの外野手で、守備範囲の広さと打球反応の良さはひと目見てすぐにわかるほど突出しています。

小学時代に中日ドラゴンズジュニアで三番を打っていた巧打者でもあり、ポテンシャルの高さからして全国区のプレイヤーになる可能性は十分だと思います。

参考:水田裕翔(加藤学園)はセンス抜群|静岡蒲原シニア出身の俊足巧打

加藤学園・太田圭哉(内野手)

2020夏の甲子園で1年生ショートとして大活躍を見せた、注目の内野手。

抜群の守備センスで今後もスカウトから視線を集めることは間違いなく、ミート力が高いバッティングに力強さが加わってくると楽しみな選手ですね!

参考:太田圭哉(加藤学園)は守備センス抜群|蒲原シニア出身の注目野手

中京大中京・赤山泰斗(外野手)

東海中央ボーイズで主将を務め、チームを引っ張っていた右の強打者。

U12日本代表に選出された経験も持つ外野手ですが、攻守に光る身体能力の高さは高校でさらに磨きがかかるのではないでしょうか。

参考:赤山泰斗(中京大中京)の強打に期待|東海中央ボーイズで日本代表も

東邦・三浦心空(内野手)

2020秋からショートのポジションでレギュラーを勝ち取っている守備力の高さは見もの。

中学時代には投手も務めていた強肩を活かした守備に加え、右打席でのミート力の高さも魅力の野手だけに、ドラフト候補の高校生野手として全国区になるのも時間の問題ではないでしょうか。

参考:三浦心空(東邦)はセンス抜群|東海中央ボーイズで中日本選抜の逸材

【北信越地区】2022ドラフト候補の高校生野手

敦賀気比・渡辺優斗(捕手)

遠投110メートルを誇り、盗塁阻止率の高さは申し分ない強肩捕手。

キャッチングのスキルも高いキャッチャーですから、身長168cm・体重60kgの体格にパワーが付いてくると攻守においてスカウトも目を光らせるでしょう…!

参考:渡辺優斗(敦賀気比)は強肩が弩級|中学日本代表でMVPの注目株

福井工大福井・向嶋大輔(内野手)

中学2年時から名門・福井中学ボーイズで三番を打っていた左の強打者で、投手としても球速130キロ超のポテンシャル。

中学時代には日本代表でも世界一に貢献しており、県内屈指の二刀流として2022ドラフト候補にも名前が挙がるでしょう。

参考:向嶋大輔(福井工大福井)の強打に注目|球速も凄い中学日本代表の逸材

日本航空石川・内藤鵬(内野手)

身長178cm・体重88kgの恵まれた体格から、ずば抜けた飛距離を誇る右のスラッガー。

投手としても球速130キロ台中盤のストレートを投げるなどスケールが非常に大きく、二刀流で北信越地区を沸かせることになるのは間違いありません。

参考:内藤鵬(日本航空石川)はホームランに注目|ドラフト期待の豪快野手

高岡商業・近藤祐星(捕手)

二塁送球タイム1秒9をマークしている強肩捕手で、1年の2020夏から正捕手。

中学時代には東海選抜で台北遠征のメンバーにも選出されるなど、これから豊富な経験も武器にブレイクするのではないでしょうか…!

参考:近藤祐星(高岡商業)は強肩に注目丨ドラフト期待の捕手は中学で東海選抜

Sponsored Link

【近畿地区】2022ドラフト候補の高校生野手

智弁学園・角田蒼汰(捕手)

中学日本代表にも選ばれた強肩強打の捕手で、二塁送球タイムが2秒を切るスローイングは見もの。

絶対の自信を持つ肩に加えて智弁学園でリード面の成長を見せると、全国的にも有名な捕手になってくるでしょう。

参考:角田蒼汰(智弁学園)は強肩に注目|中学日本代表の捕手は高校でも全国区に

智弁学園・北村泰都(捕手)

強豪・枚方ボーイズで突出した存在感を放っていた右の強打者。

中学時代には日本代表も経験するなど身体能力の高さも抜群で、攻守において全国区の選手になる可能性は十分でしょう。

参考:北村泰都(智弁学園)は将来性抜群|枚方ボーイズでは中学日本代表

龍谷大平安・伊藤愛都(捕手)

草津シニアでは一番・キャチャーで全国準優勝の立役者となった強肩強打は、まさに「打てる捕手」。

左打席で見せるずば抜けた打撃センスに加え、二塁送球タイムが1秒9と、攻守においてドラフト候補として話題になることは間違いないでしょう。

参考:伊藤愛都(龍谷大平安)は強肩強打|草津シニア出身捕手は全国区の逸材

大阪桐蔭・星子天真(内野手)

各世代で日本代表メンバーに選出されてきた逸材で、攻守における野球センスは間違いなく世代トップクラスです。

走攻守すべてにおいて注目したいのはもちろん、強いリーダーシップを発揮できる人間力にも期待したい選手ですね!

参考:星子天真(大阪桐蔭)は中学日本代表|兄弟で魅せる抜群の野球センス

大阪桐蔭・海老根優大(外野手)

京葉ボーイズ時代から世代ナンバーワンの野手とも呼ばれている、身体能力抜群の右打者。

中学通算26本のホームランを放ったほか、50メートルを6秒ジャストで走る俊足も兼ね備えており、日本代表メンバーのなかでも特に進路が話題になっていた逸材です。

参考:海老根優大(大阪桐蔭)は中学日本代表|ホームランに期待の怪物野手

大阪桐蔭・伊藤櫂人(内野手)

圧倒的な打力で日本代表でも四番に座った右の強打者で、高校でもホームランには期待。

広角に長打が期待できるバッティングに加えて俊足も兼ね備えており、大阪桐蔭でもクリーンナップを任されることになりそうです!

参考:伊藤櫂人は大阪桐蔭の主軸候補|中学日本代表の四番は西濃ボーイズ出身

Sponsored Link

履正社・伊藤皇輝(内野手)

打球の速度・飛距離ともに世代トップクラスの打力を誇る左の強打者。

対応力にも優れておりアベレージも残せる選手だけに、ドラフト候補の野手として2022年には全国区になっていることと思います。

参考:伊藤皇輝(履正社)は強打に注目|ホームランも期待の世代屈指の長距離砲

履正社・羽田菱(捕手)

強肩強打の右打者で、中学時代には野茂ジャパンで国際試合も経験。

身長172cm・体重86kgの体格からパワフルなスイングを見せるだけに、高校ではホームラン数も自然と伸びていくように感じますね!

参考:羽田菱(履正社)は主軸候補|中学日本代表の強肩強打は松原ボーイズ出身

報徳学園・荒木颯太(内野手)

抜群の身体能力を誇る大型野手で、ショートのポジションで見せる守備力の高さは見もの。

2019ドラフトでソフトバンクから育成6位指名を受けた荒木翔太選手を兄に持ち、走攻守三拍子揃ったプレーで兄弟揃ってのプロ入りに期待がかかります。

参考:荒木颯太(報徳学園)は攻守に注目|身体能力抜群の逸材は兄に続くか

報徳学園・藤田竜太朗(内野手)

ミート力に加えて長打力も併せ持つ右打者で、中学時代には関西選抜で台湾遠征の主将も務めました。

投手を任されていた肩の良さもあり、どのポジションでも適応できそうな野球センスは高校でさらに磨かれるのではないでしょうか。

参考:藤田竜太朗(報徳学園)はセンス抜群|中学では関西選抜の主将で活躍

明石商業・金岡丈二(外野手)

兵庫加古川ヤングの三番・センターで全国優勝を経験している右の強打者。

野茂ジャパンでも中軸を担うなど打力に注目したい選手で、中学では投手も務めていただけに守備面でのポテンシャルも大いに期待です!

参考:金岡丈二(明石商業)は強打に注目|中学日本代表は全国優勝の主軸

智弁和歌山・岡西佑弥(内野手)

U15日本代表でも四番を務めた左の強打者で、身長176cm・体重83kgのどっしりとした体格から見せるスイングは高校でも十分に通用するレベル。

パワフルなバッティングはもとより対応力にも優れ、長打にくわえて打率も残せる打者に成長してくれるでしょう。

参考:岡西佑弥(智弁和歌山)は中学日本代表|橿原ボーイズ出身の怪物に注目

智弁和歌山・坂尻翔聖(内野手)

高校でも即戦力として活躍できる守備力を兼ね備えた内野手で、高校ナンバーワンショートと呼ばれる可能性も十分。

ディフェンス面は申し分ないだけに、ミート力などバッティングにも確実性が出てくるとドラフト候補に名前が挙がってくる選手でしょうね…!

参考:坂尻翔聖(智弁和歌山)の守備は一級品|紀州由良シニア出身の注目株

Sponsored Link

【中国・四国地区】2022ドラフト候補の高校生野手

広陵・中川将心(内野手)

中学時代に選抜メンバーとして臨んだ台湾遠征では、バックスクリーンに満塁ホームランを叩き込んだ右の強打者です。

身長167cm・体重70kgの体格は下半身が非常に安定しており、左右に鋭い打球を連発するバッティングは高校野球ファンを沸かせてくれるでしょう。

参考:中川将心(広陵)は俊足強打に注目|中学MVPの逸材はドラフト期待

広陵・水戸川大和(外野手)

抜群の打撃センスを誇る左打者で、中学時代には府中広島2000でクリーンナップを打って全国優勝に貢献。

最優秀選手賞を受賞するなど、走攻守三拍子揃ったプレイヤーとして高校でも全国の高校野球ファンを沸かせてほしいものです!

参考:水戸川大和(広陵)は打撃センス抜群|中学で全国優勝の逸材に大注目

広陵・大山陽生(内野手)

投手では130キロ超の真っ直ぐを投げ込む強肩で、ショートのポジションでの軽快なフットワーク・スローイング共に全国上位クラスの内野手。

U12日本代表を経験するなど優れたミート力もある右打者だけに、攻守で高校野球ファンを魅了しそうです。

参考:大山陽生(広陵)は身体能力抜群|日本代表も経験の野球センスに注目

広陵・西凌矢(内野手)

広島ボーイズではエースで主軸を務めた注目選手で、攻守に抜群の野球センスを発揮する右打者です。

2019ドラフト1位の阪神タイガース・西純矢投手とは兄弟ですが、兄に勝るとも劣らないポテンシャルで間違いなく話題になる選手でしょう。

参考:西凌矢(広陵)はセンス抜群|兄弟でドラフト期待の逸材に大注目

明徳義塾・池邉由伸(内野手)

中学時代には九州沖縄選抜でも主力メンバーとして活躍した佐賀県出身の俊足巧打。

身長173cm・体重63kgと高校で身体も一回り大きくなるかと思いますが、走攻守にポテンシャルの高さが光る注目野手です。

参考:池邉由伸(明徳義塾)は将来性抜群|中学の九州選抜は身体能力が凄い

高松商業・浅野翔吾(捕手)

中学通算50本超のホームランを放った右のスラッガーで、中堅122メートルの球場で左中間に叩き込んだ打球は圧巻でした。

日本代表でも先頭打者として出塁率6割をマークするなど、豪快なバッティングで高校野球ファンが忘れられない名前になりそうです…!

参考:浅野翔吾(高松商業)は中学日本代表|ホームランに期待の長距離砲

Sponsored Link

【九州・沖縄地区】2022ドラフト候補の高校生野手

福岡大大濠・山下恭吾(内野手)

中学時代にはU15日本代表でショートのベストナインを獲得している、守備センス抜群の内野手。

流麗な身のこなしに加えてスローイングの安定感も素晴らしく、世代トップクラスの内野手として全国区になるのも時間の問題でしょう。

参考:山下恭吾(福岡大大濠)は守備センス抜群|中学日本代表でベストナイン

福岡大大濠・吉田颯(内野手)

身長181cm・体重83kgの恵まれた体格で、豪快なバッティングが魅力の右スラッガー。

中学時代にも柵越えを放っているパワーは見もので、九州随一の強打者に成長する可能性も十分に秘めています。

参考:吉田颯(福岡大大濠)は強打に注目|中学は九州選抜で敢闘賞の注目株

九州国際大付・尾崎悠斗(内野手)

強豪の糸島ボーイズで主力として活躍していた、守備センス抜群のショート。

投手では130キロ台中盤のストレートを投げ込むなどポテンシャルも高く、高校では投打で魅せてくれそうな逸材です。

参考:尾崎悠斗(九州国際大付)は中学日本代表|糸島ボーイズ出身の二刀流

九州国際大付・黒田義信(外野手)

九州屈指のスラッガーとして注目の、圧倒的な打力を誇る佐世保ボーイズ出身の強打者。

投手でも130キロ台後半をマークするなど走攻守すべてにハイレベルで、これから九州の高校野球を盛り上げてくれる選手の一人だけにドラフトへの期待も膨らみます。

参考:黒田義信(九州国際大付)はセンス抜群|中学は九州選抜でドラフト期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック