2022ドラフト野手

岡西佑弥(智弁和歌山)は中学日本代表|橿原ボーイズ出身の怪物に注目

2020春に智弁和歌山へ入学する、橿原ボーイズ出身の岡西佑弥(おかにし ゆうや)選手。

U15日本代表にも選出されるなど実力の高さは世代トップクラスで、中学時代から進路に注目が集まっていた選手です。

左の強打者としてバッティングに期待がかかるほか、投手としてもマウンドを任されるなど、中学でも攻守にポテンシャルが際立っていましたね…!

智弁和歌山でも高校野球界を沸かせてくれるであろう逸材・岡西佑弥選手を特集してみました。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

岡西佑弥は小学時代にも日本代表でホームラン

智弁和歌山に進路を決めたことでも話題の岡西佑弥選手ですが、小学時代から野球センスは光るものを見せていました。

「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」にも日本代表に選出されており、背番号8をつけてプレー。

決勝のアメリカ戦でツーランホームランを放つなど毎試合のように長打を記録し、この頃から打力の高さは突出していましたね…!

予選リーグのプエルトリコ戦では優秀賞を獲得していますし、日本代表の優勝に大きく貢献していたことがわかります。

Sponsored Link

岡西佑弥は出身の橿原ボーイズでも中学日本代表

侍ジャパンの四番で主将

さらに岡西佑弥選手は、中学への進学後に所属した橿原ボーイズでも成長は止まりません。

強豪・橿原ボーイズでも四番を務める打者に成長し、中学3年時にはU15日本代表にも選出され、再び侍ジャパンを経験しました。

日本代表では主将を務めたほか、「U15アジアチャレンジマッチ2019」で四番に座り、2試合で7打数4安打4打点の大活躍。

元々バッティングには定評のある岡西佑弥選手ですが、国際試合でも申し分ない活躍で実力の高さを見せつけましたね…!

中学から進路が話題

日本代表に選出された岡西佑弥選手ですが、出身の橿原ボーイズでの実績はそれだけではありません。

中学3年時には中心選手として全国大会で二度のベスト8の立役者となっていますし、鶴岡一人大会では関西選抜にも選ばれましたね!

世代トップクラスの逸材として進路が話題になっていたことも自然な流れのように感じます。

小学・中学と共に日本代表を経験してきた星子天真選手は大阪桐蔭に進路をとりましたから、高校での激突にも大いに期待したいところです!

参考:星子天真(大阪桐蔭)は中学日本代表|兄弟で魅せる抜群の野球センス

Sponsored Link

智弁和歌山・岡西佑弥は長打力とバッティングに注目

智弁和歌山でも成長が楽しみな岡西佑弥選手ですが、やはり注目したいのがずば抜けた打撃力です。

身長176cm・体重83kgと中学時代から高校生並みの体格を誇っており、鋭いスイングで長打を量産できるパワーを秘めています。

智弁和歌山の強力打線においても、早くから頭角を現してくるのではないでしょうか…!

パンチ力だけでなくミートの上手さもありますし、1打席目からアジャストできる対応力の高さは高校でも十分に通用するレベルでしょう。

岡西佑弥選手本人も「1球目からしっかりスイングできる準備をしている」と語っていますが、橿原ボーイズ・中学日本代表で主軸を務めたバッティングは見ものですね…!

ドラフト注目の細川凌平主将ら、上級生の中でどれだけ実力を発揮できるかにはぜひ注目していきましょう。

参考:細川凌平(智弁和歌山)はドラフト上位|中学でも日本代表の俊足強打

Sponsored Link

智弁和歌山・岡西佑弥は投手としても活躍に期待

野手として素晴らしい才能を見せる一方で、岡西佑弥選手は中学時代に投手としても活躍を見せています。

日本代表でもマウンドに上がっていますし、二刀流での活躍も楽しみな逸材なんですよね…!

高校では野手でのプレーが濃厚かとは思いますが、投手でも力がある選手だけに起用法にも注目が集まります。

スケールが大きく将来性を感じさせる逸材だけに、高校でも順調に成長していくと自ずとドラフト候補としても話題になるでしょうね…!

巧打者が多い智弁和歌山には待望の長距離砲とも言えるでしょうし、同世代のスラッガー・沖寛太選手らと共にチームを引っ張るような選手になってほしいものですね!

参考:沖寛太(智弁和歌山)は阪神Jr出身|紀州ボーイズでも主軸の和歌山選抜

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック