2022ドラフト野手

八谷晟歩(浦和学院)は攻守で魅せる|中学日本代表の正ショートに注目

中学時代の佐賀フィールドナインでは主将を務め、2020春から浦和学院に進路を決めた八谷晟歩(読み方は「はちや せいほ」)選手。

攻守に光る積極的なプレーが見ものの内野手で、強く振れるバッティングにも注目の右打者です。

中学時代には日本代表にも選出されており、主に二番・ショートで主力として活躍を見せていましたね…!

浦和学院でも早い段階からのレギュラ奪取に期待がかかる、八谷晟歩選手を特集していきましょう。

参考:浦和学院の2020新入生は?注目選手が揃う充実ぶりは全国上位

佐賀出身の八谷晟歩は中学時代から進路が話題

主将で全国大会にも出場

八谷晟歩選手は中学時代、硬式野球チーム・佐賀フィールドナインに所属していました。

攻守の中心でチームを引っ張り、中学3年時にはジャイアンツカップで全国大会出場にも大きく貢献。

主将も務めるなど、文字どおり佐賀フィールドナインの柱だったと言えるでしょう。

思いきりの良いバッティングは長打力も抜群ですし、内野手として守備力の高さも素晴らしいものを持っていますね!

中学日本代表でも主力

佐賀フィールドナインでのプレーが高く評価され、八谷晟歩選手は中学3年でU15日本代表にも選出されています。

このとき侍ジャパンでも二番・ショートで出場し、6打数3安打3打点の素晴らしい成績を残していますね!

タイミングが合った際の打球はもとより、多少差し込まれてもヒットゾーンに運べる巧さも見逃せません。

佐賀フィールドナインでも共に主力でプレーした西田稀士郎投手は日本代表でもチームメイトで、高校も同じ浦和学院へ進路を決めました。

佐賀出身の二人がいかにして強豪で頭角を現していくかは見ものですね…!

参考:西田稀士郎(浦和学院)の速球に注目|中学日本代表の大型左腕

Sponsored Link

浦和学院・八谷晟歩はホームランも期待のパンチ力

強振できる貴重な右打者

浦和学院でも主力への成長に期待がかかる八谷晟歩選手ですが、まず思いきりの良いバッティングに注目です。

身長170cm・体重67kgの体格は下半身もどっしりしており、ホームランにも期待できる右の強打者なんですよね…!

早いカウントから積極的に振っていくスタイルは高校でもチームに勢いを与えるでしょうし、これだけ強く振れる選手はなかなかお目にかかれません。

浦和学院でも早くからプレーが見られそうな選手の一人だと思います。

Sponsored Link

広角に飛距離が出せる

また八谷晟歩選手の魅力として、逆方向へのバッティングにも注目したいところです。

ライトにも飛距離が出せる右打者で、右中間への長打も非常に多いんですよね!引っ張った打球はもちろん、右への打球からもバッティングの力強さが伺えます。

1学年上にも吉田匠吾選手をはじめ優れた打力を誇る選手が並びますが、八谷晟歩選手は浦和学院でも打線の中心に成長してくれるでしょう。

長打力に加えて打率も残せる右打者だけに、先頭打者としての起用も面白いのではないでしょうか…!

参考:吉田匠吾(浦和学院)は中学日本代表|いわき出身のずば抜けた打撃センス

Sponsored Link

八谷晟歩は抜群に上手い内野守備も浦和学院の武器

優れたバッティングに注目が集まる一方で、八谷晟歩選手は内野での守備も見逃せません。

中学時代に日本代表で正ショートとして活躍した実力は確かで、グラブさばきを見ても抜群に上手い内野手であることは間違いありません。

持ち前の強肩は三遊間の打球でも安定したスローイングを見せますし、浦和学院で守備の要として存在感を放つのも時間の問題でしょう。

同世代では金田優太選手をはじめ内野にも優れた選手が揃いますから、八谷晟歩選手は守備面でも持ち前の積極性でガンガン引っ張ってほしいですね!

高校でも攻守に暴れまわってくれることを期待して、活躍を追い掛けていきましょう。

参考:金田優太(浦和学院)は攻守の要|中学日本代表の俊足巧打に大注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック