2020新入生特集

浦和学院の2020新入生は?注目選手が揃う充実ぶりは全国上位

高校野球ファンからも高い人気を誇る強豪・浦和学院ですが、2020新入生のメンバーも注目選手が多く揃います。

浦和学院は2019年に続き、全国屈指のメンバーが揃ったといっても過言ではないでしょうね…!

攻守に全国トップクラスの逸材が集まりますから、激戦区の埼玉において今後も目が離せないチームになってくることは間違いないでしょう。

この記事では、浦和学院の2020新入生から注目選手をピックアップしてみました。

参考:昌平の2020新入生は?メンバーは攻守に戦力充実で躍進に期待大!

浦和学院の2020新入生の注目選手【投手】

浦和学院の2020新入生には投手に注目選手が多く揃います。

まず注目したいのが佐賀フィールドナイン出身の大型左腕・西田稀士郎投手です。

183cmの長身から投げ込むストレートは角度があり、130キロ台中盤をコンスタントにマークする馬力も見ものです。

中学時代には日本代表にも選出されている経験は高校でも活きてくるでしょうし、浦和学院でも投手陣の軸として期待がかかるメンバーであることは間違いありません。

同じく楽しみな左腕では、沖縄・読谷ボーイズの宮城誇南投手

中学時代には九州選抜で左のエースとして活躍した本格派で、最速138キロのストレートは球速以上のスピードを感じさせます。

キレのある変化球も高校でさらに磨きがかかると思いますし、浦和学院投手陣の一角を担う一人として期待です!

そして本格派右腕では、日本代表も経験した小田部夏行投手

身長180cm・体重75kgとバランスのとれた体格で、球速が140キロを超えてくるのも時間の問題でしょう。

一部では関東ナンバーワン右腕とも呼ばれ将来が楽しみな投手だけに、高校ではドラフトへの期待も高まります。

また大宮シニア出身の伊丹一博投手も見逃せません。

小学時代にはヤクルトスワローズジュニアでもマウンドを任され、中学でも北関東選抜で台湾遠征を経験。

スケールの大きな選手で中学時代には四番を務めた打力もありますから、高校ではバッティングで化ける可能性も十分です!

加えて、福岡志免ボーイズの刈谷信二朗投手も見もの。

身長185cmの大型右腕は将来性抜群で、細身だった中学時代には体重もどんどん増えて71kgへ。

まだまだ伸びしろを感じますし、140キロ台の真っ直ぐを投げるようになると一気に注目度も高まるでしょう。

Sponsored Link

浦和学院の2020新入生の注目選手【捕手】

続いて浦和学院の2020新入生から捕手のメンバーを見ていきましょう。

捕手の注目選手として、まずは右のスラッガーとして期待の近内丈選手

郡山ボーイズの主砲として活躍した身長180cm超の右打者で、東北選抜でも四番を務めたバッティングは長打力も抜群です。

中学生離れした体格で豪快なスイングを見せていた強打者ですし、東北選抜でもファーストを守っていたため浦和学院では内野のポジションに就くかもしれません。

そして新座東シニアで主軸を務めた大内碧真選手

小学ではヤクルトスワローズジュニア、中学時代にも北関東選抜と、小中学時代から注目を集めていた選手ですね!

打てる捕手として浦和学院でも正捕手候補に名前が挙がるメンバーでしょう。

さらにヤングひろしま出身の長廻航大選手も注目です。

打撃センスが光る左打者で、センターを中心に低い弾道のライナーを飛ばすバッティングは高校でも期待。

さほど大柄ではないものの中学時代からホームランが打てる打者でしたから、一回り大きくなれば浦和学院でも打力でポジションを勝ち取る可能性は十分です。

Sponsored Link

浦和学院の2020新入生メンバーの注目選手【内野手】

続いて2020新入生から、内野手のメンバーを見ていきましょう。

まず浦和学院の主力として期待がかかる、佐賀フィールドナイン出身の八谷晟歩選手

攻守に積極的なプレーが光る注目選手で、日本代表でも正ショートを務めた鉄壁の守備は見逃せません。

広角に長打が打てるバッティングも魅力の右打者ですから、ハイレベルな浦和学院の野手陣においても中心的存在になってくれることでしょう。

また、同じくU15日本代表のメンバーに選出された大勝朱恩選手

浦和シニア出身の左の巧打者で、ミート力の高さに加えて俊足を活かした打撃スタイルはつなぎ役として貴重な働きを見せます。

一方、セカンドでの守備も抜群に上手く、浦和学院でも内野の要として成長してほしいですね!

さらに春日部ボーイズ出身の森塁選手も期待のメンバーです。

ボーイズ埼玉大会で春夏優勝を果たした中心選手で、優れた打撃センスを誇る左打者。

報知オールスターでは東埼玉選抜にも選出されていますが、攻守に光る俊足や主将を務めたキャプテンシーなど非常に魅力的な内野手です…!

軟式出身の注目選手では、川口クラブで活躍した金田優太選手

日本代表で四番も務めた左打者は、巧みなバットコントロールが持ち味で、浦和学院でも上位打線を打てるだけのポテンシャルは十分です。

打席では変化球などにも高い対応力を見せる選手ですから、このメンバーの中で主力として活躍しても不思議ではありません。

Sponsored Link

浦和学院の2020新入生メンバーの注目選手【外野手】

最後に2020新入生から、外野手のメンバーを見ていきましょう。

この世代でも注目選手としてまず名前が挙がるのが、福岡志免ボーイズ出身の高山維月選手です。

投手としても最速135キロをマークするなど二刀流としても期待の逸材で、ずば抜けた身体能力は全国でもトップクラスでしょう。

バットコントロールの巧さに加えて、ホームランが期待できる長打力も兼ね備えた左打者ですから、浦和学院でも早くからスタメンに名を連ねるであろう選手といえます。

また、熊本北シニア出身の三宅琉架選手も浦和学院のメンバーになりました。

中学時代にはリードオフマンを任され、全国大会でもホームランが出ればサイクルヒットという活躍を見せましたね!

高校でも外野のレギュラー奪取に期待がかかる俊足巧打は、浦和学院でいかに存在感を示すかも注目したいところです。

Sponsored Link

浦和学院の2020新入生は全国屈指のメンバー

浦和学院の2020新入生をピックアップしてみましたが、現時点で把握できている限りでも相当にハイレベルであることがわかります。

全国でも1・2を争うほどの充実ぶりだと思いますし、これからどんなチームに成長していくのかが本当に楽しみですね…!

全国屈指の激戦区である埼玉においても、浦和学院からは今後も目が離せません。

参考:花咲徳栄の2020新入生を特集!次世代の注目選手をピックアップ

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック