2022ドラフト野手

高山維月(浦和学院)はセンス抜群|ドラフト期待の二刀流に注目

福岡志免ボーイズの主力で活躍し、2020春からは浦和学院でプレーすることを決めた高山維月(たかやま いつき)選手。

投手としては球速130キロ中盤のストレートを投げ、打者でも抜群の打撃センスで魅せる二刀流の逸材です。

中学時代はチームの全国大会出場にも大きく貢献し、その実力は福岡ナンバーワンと称されているのも不思議ではありません…!

浦和学院でも中心選手として成長に期待がかかる、高山維月選手を特集してみました。

参考:浦和学院の2020新入生は?注目選手が揃う充実ぶりは全国上位

高山維月は中学時代から進路が話題の注目選手

出身の福岡志免ボーイズで主力

右投げ左打ちの高山維月選手は中学時代、硬式野球チームの福岡志免ボーイズに所属していました。

早い時期から打撃と守備の両面でセンスを発揮してチームの主力で活躍。

中学3年時にはチームを全国大会出場や、ゼット旗争奪福岡大会の優勝に導くなど、チームの躍進の立役者の一人でしたね!

ちなみに福岡志免ボーイズは小学校のグラウンドを借りて練習していたため、十分に練習ができないことも。

平日も練習時間が限られる中で工夫して練習し、そういった制約がある中でもグラウンド外の自主練習など、しっかり成長できた意識の高さは素晴らしいですよね…!

福岡ナンバーワンの呼び声

投打にわたって福岡志免ボーイズの主力で活躍していた高山維月選手は、福岡ナンバーワンの選手と呼ばれるなど、早い時期から注目を集めていました。

九州の強豪校への進学が期待されていたものの、高山維月選手は埼玉の強豪・浦和学院に進路をとりましたね!

親元を離れての野球留学になりますが、野球に専念できる環境での飛躍が楽しみで仕方ありません。

Sponsored Link

浦和学院・高山維月はずば抜けた打撃センスに注目

巧みなバットコントロール

打撃で高い評価を受けている高山維月選手ですが、中でもバットコントロールはピカイチです。

福岡志免ボーイズの近藤正之監督からも「バットコントロールはチームでナンバーワン」とお墨付きをもらうほど。

左右にヒット性の打球を連発するバッティングは見もので、低めの変化球を上手く拾えるミート力の高さは高校でも即戦力のレベルでしょう。

浦和学院でも打線の核として期待されていますし、早い時期から試合経験を積んで活躍してほしいですね…!

Sponsored Link

ホームランも打てる長打力

抜群のバットコントールに加えて、高山維月選手はホームランが打てる長打力も魅力です。

中学時代にはゼット旗争奪福岡大会1回戦・北九州中央ボーイズ戦でもホームランを放っていましたが、力強さも兼ね備えていることも大きな強みと言えるでしょう。

身長175cm・体重70kgと体格的にもまだまだ伸びしろがありますし、浦和学院でのトレーニングで身体が大きくなると手が付けられなくなりそうです…!

同世代には中学日本代表で四番を務めた金田優太選手をはじめ、打力が自慢の選手が揃いますが、高山維月選手にはその中でも強い存在感を放ってくれることに期待しています!

参考:金田優太(浦和学院)は攻守の要|中学日本代表の俊足巧打に大注目

Sponsored Link

二刀流の浦和学院・高山維月は身体能力もドラフト級

打者としてポテンシャルの高さが際立つ一方で、高山維月選手は投手としても高い能力を見せています。

中学時代にはノビのあるストレートを武器に相手打者を翻弄した本格派右腕で、最速は135キロをマーク。

高校でも投手の練習を積んでいけば、球速140キロは超えてきそうですよね…!

浦和学院の同世代には中学日本代表の小田部夏行投手をはじめ好投手が揃いますから、高校での起用法にも注目したいところ。

大方の予想では強肩を武器に外野手での出場が主になると見られていますが、マウンドでもぜひ観たい選手です。

抜群の身体能力を活かして高校でどこまで進化を遂げるのかは本当に楽しみですし、ドラフトにも期待の逸材だけに、浦和学院での活躍にも大いに注目していきましょう!

参考:小田部夏行(浦和学院)の球速に注目|大田原ボーイズの右腕は中学日本代表

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック