2022ドラフト投手

小田部夏行(浦和学院)の球速に注目|大田原ボーイズの右腕は中学日本代表

大田原ボーイズで中心選手として活躍し、2020春からは浦和学院に進路を決めた小田部夏行(読み方は「おたべ かい」)投手。

180cmの長身から投げ下ろす重いストレートと、コーナーに投げ分ける高い制球力を武器にする本格派右腕です。

中学時代は世界少年野球大会の日本代表にも選出されるなど、高校での進路に注目が集まっていた投手の1人でしたね!

浦和学院投手陣の一角を担う逸材と期待されている、小田部夏行投手を特集していきましょう。

参考:浦和学院の2020新入生は?注目選手が揃う充実ぶりは全国上位

小田部夏行は出身の大田原ボーイズで進路が話題

関東選抜に選出

右投げ右打ちの小田部夏行投手は大田原市立黒羽中学校の出身で、中学時代は硬式野球チームの大田原ボーイズに所属していました。

大田原ボーイズではエースを任され、打線の中でもクリーンナップを務めるなど、投打に渡ってチームの中心となっていましたね。

中学3年時には高い実力が評価され、ボーイズ関東選抜や東日本報知オールスターの栃木県選抜にも選出。

東日本報知オールスター戦では優勝も果たすなど、中学時代からハイレベルな舞台に身を置く選手であったことがわかります…!

中学日本代表も経験

関東選抜を経験するなど実力が際立っていた小田部夏行投手は、2019夏にイタリアで行われた世界少年野球大会の日本代表にも選出されました。

選考会では本格派右腕としての実力を高く評価され、全国で18人しか選ばれない狭き門を突破しているんですよね…!

大会では、予選リーグ2戦目のドイツ戦と、米国・サンディエゴ戦に先発するなど計3試合に登板。

決勝でも中継ぎで登板するなど日本代表でも好投を見せ、日本代表の優勝に大きく貢献しました。

日本代表では2020春から横浜に進路を決めた八木田翁雅選手らとチームメイトでしたし、関東大会や甲子園の舞台での対決にも注目です!

Sponsored Link

浦和学院・小田部夏行は球速に注目の本格派

小田部夏行投手の大きな武器になっているのが、180cmの長身から投げ下ろすストレートです。

中学時代から球速はコンスタントに130キロ中盤をマークしていて、重い球質のストレートを投げる投手だと話題になっていました。

力任せに投げるわけではなく、しなやかな腕の振りからリリースの瞬間だけに力を集中している点も高い評価を受けていますね!

中学で日本代表として臨んだ世界少年野球大会でも

  • 相手はパワーが数段上だった
  • だからこそ技術でカバーした
  • コースを丁寧に突くいい投球ができた

など試合後のインタビューでも冷静に語っており、制球力の高さも際立っていました…!

身長180cm・体重75kgと体格的にも将来性を感じさせますし、早い時期に球速140キロを超えてくることは間違いないでしょう。

浦和学院では同世代に注目の大型左腕・西田稀士郎投手もいますし、切磋琢磨しながら強力な投手陣を形成してほしいものですね!

小田部夏行投手は質の高いストレートを持っているだけに、どこまで球速を伸ばせるかは高校での活躍を大きく左右しそうです…!

参考:西田稀士郎(浦和学院)の速球に注目|中学日本代表の大型左腕

Sponsored Link

小田部夏行は浦和学院からドラフトなるか

大田原ボーイズでは投打にわたり主力で活躍し、日本代表にも選出されて世界の舞台も経験している小田部夏行投手。

体格的にもまだまだ成長途上ですし、大きな将来性を秘めた投手であることは間違いありません。

浦和学院にはドラフト注目の三奈木亜星投手をはじめ好投手が揃いますから、その厳しい環境で揉まれるなかでの成長にも期待が掛かりますね!

熾烈なエース争いの中で、どこまで存在感を示せるかが本当に楽しみです。

2022ドラフトでも話題になって良い逸材だと思いますし、浦和学院でワンランク上の投手へと成長してくれることに期待していきましょう。

参考:三奈木亜星(浦和学院)はドラフト期待|中学で全国準優勝の二刀流

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック