2022ドラフト野手

伊藤愛都(龍谷大平安)は強肩強打|草津シニア出身捕手は全国区の逸材

草津シニアの主力として活躍し、2020春からの進路を京都・龍谷大平安に決めた伊藤愛都(いとう まなと)選手。

広角に強い打球を打てる打撃技術にくわえ、二塁送球タイムにも注目したい強肩強打の捕手です。

中学時代には草津シニアで主将を務め、先頭打者としても打線を引っ張るなど、全国大会準優勝にも大きく貢献した選手ですね!

2022ドラフト候補としても期待したい、龍谷大平安の伊藤愛都選手を特集していきましょう。

参考:龍谷大平安の2020新入生は?メンバーは全国的にも上位の顔ぶれ

伊藤愛都は草津シニアで進路に大阪桐蔭の説も

右投げ左打ちの伊藤愛都選手は小学1年生の頃、2歳年上の兄が野球を始めたのと同時に地元の少年野球チーム・浅井レイカーズで野球を始めました。

また中学への進学後は、硬式野球チームの草津シニアに所属。その草津シニアではずば抜けた存在感を発揮し、中学3年時には主将も務めてチームを牽引しました。

主に一番・捕手でプレーしていましたが、日本選手権で準優勝に輝いた立役者の一人と言えるでしょう。

日本選手権では優秀選手にも選ばれていますし、攻守に渡ってかなりインパクトのある選手でしたね…!

ポテンシャルの高さからすると、高校への進学に際して、伊藤愛都選手の進路が話題になっていたのも何ら不思議ではありません。

一部では大阪桐蔭との噂も出ていましたが、その大阪桐蔭とは高校での激突もありえるだけに非常に楽しみです!

Sponsored Link

龍谷大平安・伊藤愛都は左の強打者として注目

龍谷大平安・伊藤愛都選手の注目ポイントの1つは、広角に強い打球を飛ばせるバッティングです。

草津シニアで出場した全日本選手権では、準決勝・瀬戸シニア戦でも4打数3安打2打点2得点。うち三塁打2本、二塁打1本と圧巻の活躍を見せましたね!

インタビューでは「逆方向にも引っ張る意識で練習している」と語っていますが、レフト方向への打球速度も見逃せません。

スイングスピードも世代トップクラスですし、中学生でここまで振れる選手はそういないでしょう。

また中学時代には身体を大きくするため食トレにも励んでおり、草津シニア入団時には155cmだった体格も身長177cm・体重73kgにまで成長しました。

まだまだ体格的な伸びしろもあると思いますし、中学の全国大会で名勝負を繰り広げた瀬戸シニア出身の大阪桐蔭・工藤翔斗選手とは高校でも対戦してほしいものです…!

参考:工藤翔斗(大阪桐蔭)は中学で東海選抜|瀬戸シニア出身の捕手は攻守に期待

Sponsored Link

龍谷大平安・伊藤愛都は二塁送球タイムも期待

広角に強い打球を打てるバッティングはもとより、捕手としての強肩ぶりも群を抜いている伊藤愛都選手。

二塁送球タイムは1.9秒台と、高校でも十分通用するスローイングも見逃せません。

攻守に世代トップクラスの実力を誇る逸材だけに、龍谷大平安での成長が本当に楽しみですね…!

ちなみに伊藤愛都選手の強肩の背景には、実は小学生のころの怪我にありました。

小学時代に肘の怪我を負った伊藤愛都選手は、この頃から肘を痛めない投げ方を研究し改善に務めたんだとか。肘の負担が少なく、強いボールを投げられるようになったのは怪我の功名とも言えます。

高校でも早くから頭角を現す選手でしょうし、龍谷大平安の同世代には注目左腕・南野倫平投手もいます。

守備力の面でも高校野球ファンを沸かせてくれることは間違いないでしょう…!

参考:南野倫平(龍谷大平安)は二刀流に期待|中学日本代表の注目左腕

Sponsored Link

伊藤愛都は龍谷大平安からドラフトなるか

草津シニアでは攻守に渡りチームの中心選手で活躍し、龍谷大平安でも正捕手候補として期待がかかる伊藤愛都選手。

草津シニアではリーダーシップも発揮していましたから、高校でもグイグイとチームを引っ張る存在になっていってほしいですね。

前述の大阪桐蔭・工藤翔斗選手も然り、横浜・岸本一心選手ら、同世代の捕手には左の強打者が並びますからね…!

そのなかでも伊藤愛都選手には世代を代表する捕手に成長してほしいですし、それだけのポテンシャルは十分に秘めています。

龍谷大平安の中核を担う存在として、また2022ドラフト候補としても、引き続き伊藤愛都選手を応援していきたいと思います!

参考:岸本一心(横浜)は強打に注目|静岡裾野シニア出身の捕手は全国屈指

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック