2022注目の捕手

工藤翔斗(大阪桐蔭)は中学で東海選抜|瀬戸シニア出身の捕手は攻守に期待

中学の強豪・瀬戸シニアの主将として活躍し、2020春からの進路を大阪桐蔭に決めた工藤翔斗選手。

瀬戸シニアでも三番を任されていた抜群の打撃センスと高い守備力を兼ね備え、打てる捕手として注目の選手です。

小学時代は中日ドラゴンズジュニアに選出されたほか、中学でも国際試合の東海選抜に選ばれるなど、世代トップクラスの舞台を経験しているんですよね…!

大阪桐蔭で扇の要を担う逸材としても期待がかかる、工藤翔斗選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

工藤翔斗の小学時代は中日ドラゴンズジュニア出身

右投げ左打ちの工藤翔斗選手は、地元の少年野球チーム・ドリームボーイズで野球を始めました。

小学6年生のときには中日ドラゴンズジュニアのセレクションに参加し、多くの参加者の中から見事メンバーに選出されています。

背番号12で中日ドラゴンズジュニアの一員で臨んだトーナメントでもスタメンに名を連ねており、当時から優れた実力の持ち主であったことは間違いありません。

捕手登録ながらライトのポジションでも出場していますし、バッティングが買われていたこともわかりますね!

Sponsored Link

工藤翔斗は出身の瀬戸シニアで中学東海選抜

中学への進学後には、硬式野球の強豪・瀬戸シニアでプレーしていた工藤翔斗選手。

その瀬戸シニアでも早い時期から頭角を現し、チームの中心選手となって活躍していましたね!

中学3年時には主将を務め、三番・捕手として攻守に渡りチームを牽引。日本選手権では敢闘賞にも選ばれるなど、チームの全国ベスト4にも大きく貢献しています…!

攻守に見せるポテンシャルは中学野球のなかでも高い評価を受けており、台北国際野球大会の東海選抜にも選出。

その東海選抜の中でも実力を発揮し、大会の準優勝に貢献しているのも見事です!

ちなみに、同じく2020春から大阪桐蔭に進路を決めた鈴木塁選手はドラゴンズジュニア、瀬戸シニア、東海選抜でも一緒に戦った仲間で、高校での活躍も期待される選手。

同じチームの仲間でもありレギュラーを争うライバルにもなりますから、お互い切磋琢磨して成長してほしいですね!

参考:鈴木塁(大阪桐蔭)はセンス抜群|瀬戸シニアでは東海ナンバーワンの呼び声

Sponsored Link

大阪桐蔭・工藤翔斗は抜群の打撃センスで魅せる

大阪桐蔭での成長に期待がかかる工藤翔斗選手ですが、大きな魅力の1つは、随所に光る抜群の打撃センスです。

中学時代の瀬戸シニアはチームで40本以上のホームランを放っていた強力打線でしたが、その瀬戸シニアで三番を務め、末武重樹監督もキーマンとして名前を挙げるほど。

左右にライナー性の打球を連発するバットコントロールはもちろんのこと、長打力も兼ね備えていて、相手バッテリーの驚異となっていました。

中学日本代表の四番・伊藤櫂人選手ら大阪桐蔭の同世代にも強打者が揃いますが、その中でも工藤翔斗選手の打撃センスには期待したいところ。

懐が深く、変化球への高い対応力も中学時代から発揮していましたから、大阪桐蔭の強力打線でどこまで存在感を示せるかにも注目していきましょう!

参考:伊藤櫂人は大阪桐蔭の主軸候補|中学日本代表の四番は西濃ボーイズ出身

Sponsored Link

大阪桐蔭・工藤翔斗は守備力の高さにも注目

抜群のセンスを見せているバッティングだけでなく、守備力の高さにも定評のある工藤翔斗選手。

捕手として高いキャッチング技術を見せていて、後ろにボールを逸らすことはほとんどありません。加えてフットワークを生かした送球にも安定感がありますし、鋭い牽制なども武器になっていましたね。

インサイドワークも素晴らしく、投手陣をリードするだけの能力も兼ね備えている捕手である点も見逃せません。

147キロ右腕・別所孝亮投手をはじめ同世代では投手も逸材揃いですから、バッテリーにも注目したいところです…!

大阪桐蔭の正捕手候補としても期待の工藤翔斗選手を、これからも応援していきましょう。

参考:別所孝亮(大阪桐蔭)は球速に注目|中学一の豪腕は野茂ジャパン出身

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック