2022注目の内野手

鈴木塁(大阪桐蔭)はセンス抜群|瀬戸シニアでは東海ナンバーワンの呼び声

強豪・瀬戸シニアで中心選手として活躍し、2020春からの進路を大阪桐蔭に決めた鈴木塁(すずき るい)選手。

変化球も難なくヒットにできる高いミート力と、俊足強肩を活かした守備でも高い能力を見せている注目の内野手です。

瀬戸シニアではショートのポジションで全国ベスト4にも大きく貢献し、東海選抜にも選出されるなど進路が注目されていた逸材なんですよね!

走攻守三拍子そろった内野手として注目の、大阪桐蔭・鈴木塁選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

鈴木塁の小学時代は中日ドラゴンズジュニア出身

右投げ右打ちの鈴木塁選手は地元の少年野球チーム・小牧パンサーズで野球を始めました。

小学6年時には中日ドラゴンズジュニアのセレクションに参加し、多くの参加者の中から見事メンバーに選出。

背番号6を背負って参加したトーナメントでは、一番・ショートのスタメンで出場を果たし、主力選手として活躍していましたね!

当時から抜群の野球センスを見せていたことは間違いなく、攻守におけるポテンシャルは小学生の頃から高く評価されていた選手です。

Sponsored Link

鈴木塁は瀬戸シニアの東海選抜で進路が話題

美濃加茂市立東中学への進学後は、硬式野球の強豪・瀬戸シニアに所属していた鈴木塁選手。

瀬戸シニアでは内野手兼投手として、ショートやピッチャーを務めてチームの中心で活躍。

中学3年時には全国大会ベスト4にも大きく貢献しており、日本選手権・東海大会では最優秀選手にも選ばれました…!

瀬戸シニアでの活躍が評価され、2019台北国際野球大会の東海選抜にも選出。プレーの随所にセンスが光る選手だけに、進路が話題になっていたのも不思議ではありません。

ちなみに東海選抜でもチームメイトだった工藤翔斗捕手とは、中日ドラゴンズジュニア、瀬戸シニアでもチームメイトで、同じく2020春から大阪桐蔭に進路を決めています。

高校でもセンターラインを担う存在として、大きく成長を遂げてほしいものですね!

参考:工藤翔斗(大阪桐蔭)は中学で東海選抜|瀬戸シニア出身の捕手は攻守に期待

Sponsored Link

大阪桐蔭・鈴木塁はセンス抜群の攻撃力

ミート力に長けたバッティング

瀬戸シニア出身の鈴木塁選手の大きな魅力の1つが、抜群のミート力を見せているバッティングです。

鈴木塁選手のプレーに関しては絶賛する声が多く挙がっていますが、中学時代にはリードオフマンとして積極的な打撃でチームに勢いをもたらしていました。

2019日本選手権東海大会・小松加賀シニア戦でも、勝ち越しのタイムリーを放つ活躍を見せていましたね!

変化球への柔軟性や一振りでアジャストしてくる対応力など、鈴木塁選手の打席での期待感は群を抜いています。

全国大会や国際大会など大舞台の経験も豊富ですし、大阪桐蔭でも甲子園で暴れ回る姿が早く観たいです…!

走塁センスも光る

高いミート力を見せているバッティングだけでなく、持ち前の俊足でもチームに貢献していた鈴木塁選手。

中日ドラゴンズジュニアでも一番を任された上に、瀬戸シニアでも切り込み隊長として存在感を示しており、相手バッテリーからも警戒される右打者でした。

少しでも隙があれば次の塁を陥れる攻撃的な走塁は、大阪桐蔭のそつない野球にフィットしていきそうですね…!

同世代では100メートル11秒台の海老根優大選手をはじめ、ハイレベルな選手が揃いますが、鈴木塁選手はその中でも主力になれるポテンシャルは十分でしょう。

打球判断などの走塁センスも含め、鈴木塁選手の攻撃力は見逃せません。

参考:海老根優大(大阪桐蔭)は中学日本代表|ホームランに期待の怪物野手

Sponsored Link

鈴木塁は守備でも大阪桐蔭の武器になる

優れた攻撃力はもとより、鈴木塁選手は守備力の高さも見ものです。

俊敏性を活かした広い守備範囲やフットワークの良さも光るものがあり、内野手としての動きにも注目したい選手なんですよね!

瀬戸シニアでは球速130キロに迫るストレートを投げる投手でもあったため、肩の強さやスローイングの良さも素晴らしいものがあります。

中学日本代表にも選出されていた松尾汐恩選手ら、野手陣も熾烈な争いは必至ですから、大阪桐蔭でのさらなる飛躍に期待して応援していきたいと思います。

参考:松尾汐恩(大阪桐蔭)は将来性抜群|京田辺ボーイズ出身の中学日本代表

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック