2022ドラフト野手

荒木颯太(報徳学園)は攻守に注目|身体能力抜群の逸材は兄に続くか

中学では熊本泗水ボーイズの主力で活躍し、2020春からの進学先を報徳学園に決めた荒木颯太選手。

2019ドラフトでソフトバンクから育成6位指名を受けた荒木翔太選手を兄に持ち、抜群の身体能力が攻守に光る大型野手です。

かつてはカルリプケン世界大会のU12日本代表メンバーにも選出されたほか、中学でも鶴岡一人大会で中九州選抜に選ばれるなど、実力・実績ともに申し分ない選手なんですよね…!

報徳学園でも攻守での活躍に期待がかかる、荒木颯太選手を特集していきましょう。

荒木颯太の小学時代はソフトバンクジュニア出身

荒木颯太選手は小学1年生の頃、玉東町少年野球クラブで野球を始めました。

プロ野球選手の兄・荒木翔太選手の影響だったとのことで、良いお手本が身近にいたことも野球センスが開花した要因の1つと言えるでしょう。

投手や捕手のポジションも経験していた荒木颯太選手ですが、小学6年時には内野手でソフトバンクホークスジュニアに選出。

五番・サードでスタメンに名を連ねるなど、当時からポテンシャルが高い選手であったことがわかりますね…!

このときのソフトバンクホークスジュニアでは智弁学園・角田蒼汰選手らもチームメイトで、今後も近畿地区のライバルとしてしのぎを削ることになりそうです。

Sponsored Link

荒木颯太は中学の熊本泗水ボーイズでも進路が話題

カルリプケンで日本代表に

中学への進学後には、熊本泗水ボーイズに所属していた荒木颯太選手。

中学1年時にはU12日本代表としてカルリプケン世界大会のメンバーに選出されるなど、早くから大舞台を経験していた選手です。

三番・ショートで主力としてプレーした中学3年時には、ボーイズ選手権で全国大会出場にも貢献したほか、鶴岡大会の中九州選抜にも選出されていますね…!

中九州選抜では主将も務めていますし、進学先が話題になっていたのも不思議ではありません。

大阪桐蔭・星子天真がライバル

また荒木颯太選手が熊本泗水ボーイズを選んだ理由は、星子天真選手との出会いにありました。

小学時代のソフトバンクホークスジュニアで「すごい選手がいる」と感じ、中学でも地元から1時間かけて同じ熊本泗水ボーイズでのプレーを望んだんだとか。

2人は日本代表でもチームメイトで、熊本泗水ボーイズでも二遊間を組んで共にチームを引っ張ってきました。

リスペクトしつつも、ライバルとして意識する存在がいるのは本当に素敵なことですよね…!

その星子天真選手は大阪桐蔭に進路を決めていますから、互いに刺激を与え合って甲子園で再会してほしいものです!

Sponsored Link

報徳学園・荒木颯太は身体能力抜群の守備に注目

報徳学園でも攻守での活躍が楽しみな荒木颯太選手ですが、まず守備力の高さに注目です。

主にショートのポジションを守っており、俊足を活かした守備範囲の広さは見もの。

報徳学園出身の小園海斗選手(広島)が目標とのことで、高校でもグラブさばきには更に磨きがかかるでしょう。

三遊間からも低く強いボールを送れる強肩も兼ね備えた選手ですし、報徳学園でも内野の要としての成長には期待したいですね!

大型の野手だけに、フットワークが更に良くなると高校野球ファンが忘れられない名前になるのではないでしょうか。

野茂ジャパンで主将を務めた丸岡優太選手も高校でチームメイトになるため、報徳学園の内野陣は今後も強固なものになっていきそうです…!

参考:丸岡優太(報徳学園)は中学日本代表|藤井寺ボーイズ出身の俊足巧打

Sponsored Link

報徳学園・荒木颯太は兄に続きドラフトなるか

守備力の高さに加えて、強打の右打者としても期待がかかる荒木颯太選手。

優れたミート力を武器にバッティングでも報徳学園打線の中核を担うでしょうし、将来に期待せずにはいられません。

兄の翔太選手も身長184cm・体重85kgと恵まれた体格で打撃が売りの選手ですが、荒木颯太選手も走攻守すべてにハイレベルな選手だけに2022ドラフトが楽しみですね…!

正重恒太投手をはじめ報徳学園の同世代は投打にかなり充実していますが、その中でも攻守の要となって存在感を発揮してほしいところ。

全国屈指の内野手へ、高校での荒木颯太選手の進化はぜひ追いかけていきましょう。

参考:正重恒太(報徳学園)は投打で逸材|中学時代はエースで四番で全国準V

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック