2022ドラフト投手

正重恒太(報徳学園)は投打で逸材|中学時代はエースで四番で全国準V

中学では兵庫夙川ボーイズで大黒柱として活躍し、2020春からは報徳学園に進路を決めた正重恒太(読み方は「しょうじゅう こうた」)選手。

最速140キロに迫るストレートを投げ込む本格派右腕ですが、打っても四番を務めるなど投打での活躍に期待が高まります。

小学では阪神タイガースジュニアに選出され、中学でも全国大会準優勝と、いずれも主力で経験しているだけに高校でも本当に楽しみですね…!

報徳学園でも投打での飛躍に注目の、正重恒太選手を特集していきましょう。

正重恒太の小学時代は阪神タイガースジュニアで四番

右投げ右打ちの正重恒太選手は小学時代、兵庫県尼崎市の軟式野球チーム・スリーエフクラブに所属していました。

当時は主に捕手のポジションを務めており、小学6年時に選出された阪神タイガースジュニアでも登録は捕手でしたね!

阪神タイガースジュニアでも四番に座るなど右の強打者としてチームを引っ張り、トーナメントで準優勝も果たしています。

また阪神タイガースジュニアでは主将も務めており、当時からチームをまとめるリーダーシップも発揮していましたね…!

このときオリックスジュニアで一番を打った藤田竜太朗選手も高校ではチームメイトになるため、報徳学園のこれからも非常に楽しみです。

参考:藤田竜太朗(報徳学園)はセンス抜群|中学では関西選抜の主将で活躍

Sponsored Link

正重恒太は中学の兵庫夙川ボーイズでも大黒柱

中学への進学後には、野球では兵庫夙川ボーイズに所属していた正重恒太選手。

中学時代にも早くから頭角を現しており、2年・3年と連続で全国大会出場を経験しています。

特に四番・ピッチャーとして臨んだ中学3年時のボーイズ春季全国大会では、決勝でホームランを放つなど、チームの準優勝に大きく貢献していましたね!

決勝では大阪桐蔭・海老根優大選手らを擁した京葉ボーイズに敗れたものの、正重恒太選手のポテンシャルの高さを十分に示した大会だったと言えるでしょう。

兵庫夙川ボーイズでは投手以外では外野のポジションにも就くなど、高校での起用法にも注目ですね!

投打に高い将来性を感じさせる逸材だけに、中学卒業時に進路が話題になっていたのも不思議ではありません。

Sponsored Link

報徳学園・正重恒太は球速に注目の本格派

最速140キロ超間近

報徳学園でも投打での活躍に期待がかかる正重恒太投手ですが、まず注目したいのがピッチングの軸となるストレートです。

中学時代にストレートは最速138キロをマークしており、球速が140キロを超えてくるのも時間の問題と見られています。

身長183cmの恵まれた体格はまだまだ伸びしろを感じさせますし、報徳学園でもどこまで球速がアップするかは大いに注目したいところです。

回転数にも注目

また、正重恒太投手は球速はもちろん、ボールの回転数に拘っている点も見逃せません。

中学時代の計測では回転数が1800弱ということで、球速を考慮すると2000以上はあっても良いのではと気づいたとのこと。

早くから球質にも目を向けているあたり、意識の高さは見事の一言ですし、その努力はこれからマウンドで花開くのではないでしょうか…!

報徳学園には1年からマスクをかぶる南條碧斗選手もいますから、ストレートに磨きをかけて、マウンドでは存分に力を発揮してほしいものです。

参考:南條碧斗(報徳学園)は中学日本代表|京都出身の強打者は1年で四番

Sponsored Link

正重恒太は打撃でも報徳学園の大きな武器になる

投手として注目を集める一方、正重恒太投手はバッティングの良さにも注目です。

分厚い身体でパワフルなバッティングを見せる右打者で、スイングスピードは140キロを超えているんですよね…!

阪神タイガースジュニアから四番を務めている打力も世代トップクラスのスラッガー。

とにかくスケールの大きな選手だけに、報徳学園打線でも主軸候補として頭角を現してくるでしょう。

同世代では荒木颯太選手をはじめ巧打者が揃いますが、その中でも正重恒太選手は中心で活躍してくれることに期待しています!

参考:荒木颯太(報徳学園)は攻守に注目|身体能力抜群の逸材は兄に続くか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック