2022注目の内野手

藤田竜太朗(報徳学園)はセンス抜群|中学では関西選抜の主将で活躍

神戸西シニアで投打の中心として活躍し、2020春からは名門・報徳学園に進路を決めた藤田竜太朗(ふじた りゅうたろう)選手。

ショートのポジションを務めるほか投手としてもマウンドを任されていて、右打者としても高いアベレージを誇ります。

小学ではオリックスバファローズジュニアに選出された上に、中学時代には関西選抜で台湾遠征も経験している楽しみな選手なんですよね…!

報徳学園でも攻守での成長に期待がかかる、藤田竜太朗選手を特集していきましょう。

藤田竜太朗は小学でオリックスバファローズジュニア

右投げ右打ちの藤田竜太朗選手は小学生のとき、東須磨少年野球部でプレーしていました。

小学6年時にはオリックスバファローズジュニアの18人のメンバーに選ばれ、背番号6をつけてプレー。

そのオリックスジュニアでも先頭打者を務めるなど、この頃から野球センスは光るものがありましたね!

このとき一・二番コンビだった辻村大我選手は龍谷大平安に進路を決めており、互いに関西の強豪校のため近畿大会や甲子園での激突にも期待です。

Sponsored Link

藤田竜太朗の中学時代は神戸西シニアで関西選抜

台湾遠征も経験

中学への進学後には、藤田竜太朗選手は神戸西シニアに所属していました。

中学2年時には関西選抜(関西JAPAN)のトライアウトに参加し、見事メンバーに選出されて台湾遠征も経験。

この関西選抜でも背番号6をつけて主将を任されており、チームの中心で活躍を見せていましたね…!

投手ではノーヒットノーランも

また藤田竜太朗選手は中学3年時、2度にわたるチームの全国大会出場に貢献。

投手としてもエース格の選手だったのですが、兵庫地区大会1回戦・尼崎北との試合ではノーヒットノーランも達成しているんですよね…!

ランナーを許したのは2つの四球のみとほぼ完璧な内容で、奪三振は3と、打たせて取るピッチングが光りました。

『第48回日本選手権関西大会』では最優秀選手賞を獲得するなど、進路が話題になっていたのも納得。

中学時代に全国大会で準優勝を果たした正重恒太投手らと共に、藤田竜太朗選手は高校でも投打に楽しみな選手であることは間違いありません。

参考:正重恒太(報徳学園)は投打で逸材|中学時代はエースで四番で全国準V

Sponsored Link

報徳学園・藤田竜太朗は抜群の打撃センスに注目

報徳学園でも成長に期待が高まる藤田竜太朗選手ですが、やはりバッティングには注目です。

スイングスピードが速い右打者で、主に一番打者を務めていた中学時代にもホームランを放つなど打撃センスは素晴らしいものを見せていました。

筋肉質な体格は高校でもさらに大きくなるでしょうし、ミート力に長けた選手だけにパワーが付いてくると、より打席での存在感が増すでしょう。

中学日本代表で俊足巧打の丸岡優太選手も報徳学園に進路を決めているため、二人が上位打線に入ることを考えるとワクワクしますね…!

速球への反応も良い右打者ですから、藤田竜太朗選手は早い段階でスタメンに名を連ねることにも期待しています!

参考:丸岡優太(報徳学園)は中学日本代表|藤井寺ボーイズ出身の俊足巧打

Sponsored Link

藤田竜太朗は守備面でも報徳学園の戦力

類まれな打撃センスを見せる一方で、藤田竜太朗選手は守備面でも楽しみな存在です。

中学ではマウンドを任されることも多かったですが、ショートのポジションでも機敏な動きを見せる内野手なんですよね。

スローイングはもちろんのこと、身体能力が高いためどのポジションでも対応できそうで、報徳学園でいかにして台頭するかは注目したいところ。

攻守で主役になれる実力の持ち主ですから、全国の高校野球ファンを沸かせてくれるのが楽しみですね…!

荒木颯太選手らとのハイレベルなポジション争いの中で、さらに進化を遂げてくれることを大いに期待しています!

参考:荒木颯太(報徳学園)は攻守に注目|身体能力抜群の逸材は兄に続くか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック