2022ドラフト野手

平岡大和(東海大相模)は強肩に注目|秦野シニア出身捕手はドラフト級

秦野シニアで正捕手として活躍し、2020春からは東海大相模に進路を決めた平岡大和(ひらおか やまと)選手。

二塁送球タイムが2秒を切る強肩の持ち主で、扇の要としてのプレーは高校でも大いに注目を浴びそうです。

ホームランを放つなど右の強打者としても期待できる選手ですし、否が応でも将来への期待が膨らみますね…!

東海大相模でも注目の強肩捕手・平岡大和選手を特集してみました。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

平岡大和は中学の秦野シニアで全国大会も経験

右投げ右打ちの平岡大和選手は中学時代、秦野シニアでプレーしていました。

所属チームの決め手は「体験のときに雰囲気が良かった」とのことで、試合前に盛り上がる円陣や礼儀を重んじる秦野シニアの色なども肌に合ったのでしょうね!

中学3年時には全国大会出場にも貢献していますし、同世代の強豪チームが集うなかでも自慢の強肩は際立つものがありました。

愚直な練習態度など野球への取り組みに関しても高い評価を受けている選手で、将来的な伸びしろの面でも大いに注目したいところ。

また中学時代のチームメイト・上笹恭吾選手は、同じく神奈川の桐蔭学園に進路を決めていますから、県大会などで激突する可能性も十分です…!

参考:上笹恭吾(桐蔭学園)は攻守で魅せる|秦野シニア出身のキーマンに注目

Sponsored Link

東海大相模・平岡大和の強肩はドラフト級

東海大相模でも活躍に期待がかかる平岡大和選手ですが、プレーで注目を集めるのはやはりずば抜けた強肩です。

中学の時点で二塁送球タイムは1.8秒台と高校野球界でも上位の数字をマーク。

盗塁阻止率も非常に高く、世代トップクラスの強肩の持ち主であることは間違いありません。

リード面では高校での成長に期待したいところですが、スローイングの安定感がさらに増してくると、目標に掲げている「高校ナンバーワン捕手」の座も近づくのではないでしょうか。

東海大相模では南琉人投手をはじめ同世代にも好投手が揃うだけに、平岡大和選手も守備の要として目が離せません。

参考:南琉人(東海大相模)は中学日本代表|球速と抜群のキレに注目の好左腕

Sponsored Link

東海大相模・平岡大和はホームランも期待の長打力

守備面での能力に注目が集まる一方で、平岡大和選手は右の強打者としても期待です。

元々バッティングの良さには定評がありながら、やや安定感に欠けていた側面があったのですが、中学では3年にかけて確実性の面でも急成長。

2019春の時点で中学通算9本のホームランを放っていた長打力は高校でも見ものです。

穏やかな性格とは裏腹に負けん気の強さを秘めている選手ですから、打てる捕手として東海大相模でいかにして頭角を現していくかは非常に楽しみですね…!

左スラッガーとして注目の笹田海風選手とはポジションが同じ捕手だけに、平岡大和選手のレギュラー争いも要チェックです!

参考:笹田海風(東海大相模)はホームラン期待|浜田ボーイズ出身の長距離砲

Sponsored Link

平岡大和は東海大相模からドラフトなるか

東海大相模でも成長に期待の平岡大和選手ですが、将来はプロ野球選手への意気込みを口にしていました。

秦野シニアの牧嶋和昭監督も気持ちの強さや向上心を高く評価しており、ドラフトにかかるような高校へ進路を決めてほしいとポテンシャルには太鼓判を押していましたね…!

言うまでもなく東海大相模は全国的にもトップクラスの強豪ですし、梶拓斗選手ら同世代の顔ぶれをみても十分に甲子園の頂点を狙えるメンバーが揃っています。

平岡大和選手にはその中でも主力選手へ成長し、2022ドラフトでも全国を沸かせてくれることに期待していきましょう。

東海大相模でも攻守で軸になれるよう、この先の戦いも応援していきたいと思います。

参考:梶拓斗(東海大相模)は将来性抜群|中学で神奈川選抜の注目外野手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック