2022ドラフト投手

南琉人(東海大相模)は中学日本代表|球速と抜群のキレに注目の好左腕

中学時代には湖東シニアで注目を集め、2020春からは東海大相模に進路をとった南琉人(みなみ りゅうと)投手。

140キロに迫るストレートは球速以上のスピードを感じさせ、高校でも大きく飛躍を遂げるであろう逸材です。

中学時代には日本代表も経験しており、世代トップクラスの左腕としてこれからの成長は目が離せませんね…!

東海大相模の次期エース候補としても期待が寄せられる、南琉人投手を特集してみました。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

南琉人は出身の湖東シニアで中学日本代表

南琉人投手は小学3年時から野球をはじめ、滋賀県の土山・山内スポーツ少年団でプレーしていました。

左利きだったこともあり当時から投手のポジションで、中学への進学後には湖東シニアに所属。

湖東シニアのエースとして活躍していた南琉人投手は中学2年の冬に関西選抜にも選ばれ、台湾での国際試合も経験していますね!

さらには中学3年でシニアの中学日本代表に選出されており、MCYSA全米選手権大会でもマウンドに上がりました。

湖東シニアでプレーした中学時代で球速130キロ台後半のストレートを投げ込む左腕だっただけに、進路が話題になる注目選手だったことは言うまでもありません。

Sponsored Link

東海大相模・南琉人は球速以上のスピードがある

南琉人投手の魅力としてまず触れたいのが、打者を差し込んでいくストレートです。

中学時代には最速137キロをマークしているのですが、球速以上のスピードを感じさせる本格派左腕なんですよね…!

しなやかな腕の振りから繰り出すストレートは伸びがあり、球速だけでなく「質」の高いボールを投げ込めるあたり本当にこれからが楽しみな逸材です。

身長181cm・体重73kgの体格は伸びしろも感じさせますし、東海大相模ではさらに球速もアップするでしょう。

1学年上にはドラフト期待の石田隼都投手もいますが、南琉人投手は勝るとも劣らないポテンシャルを秘めていますからね…!

球速以上に差し込める投手だけに、下級生のうちから高校のマウンドで躍動する姿が待ち遠しいです。

参考:石田隼都(東海大相模)は野茂ジャパン|驚異の奪三振は国際試合でも

Sponsored Link

東海大相模・南琉人は球速だけでなく完成度も一押し

球速140キロに迫るストレートに注目が集まる一方で、南琉人投手は完成度の高さも見逃せません。

力任せなピッチングではなくコースを突ける制球力の高さも含め、中学で「関西ナンバーワン左腕」と呼ばれるに相応しいものを持っています。

単調にならない投球術においても、中学時代に日本代表で世界を経験したことが役立っているのを感じますね…!

東海大相模でも投球術に長けた諸隈惟大投手ら、先輩投手からたくさん盗んでほしいところ。

完成度の高さも際立つサウスポーですから、変化球の精度がさらに上がってくると手が付けられない投手になりそうです。

参考:東海大相模・諸隈惟大は中学全日本MVP|抜群のキレと投球術は見もの

Sponsored Link

南琉人は東海大相模で高校ナンバーワンへ

東海大相模に進路をとった南琉人投手ですが、投手としての能力はもちろんのこと、ハートの強さも素晴らしいものを持っています。

マウンドで見せる負けん気の強さも実戦向きですし、高校での頂点を目指す戦いは見もの。

強敵相手に燃えるあたりからも進路を東海大相模に決めた理由が垣間見えますから、大阪桐蔭をはじめ全国の強豪校との激突は甲子園の舞台でぜひ観てみたいですね!

最速140キロ超の本格派右腕・庄田聡史投手をはじめ、東海大相模の同世代にもハイレベルな選手が揃うだけに、南琉人投手はチームを引っ張る存在に成長してほしいものです!

参考:庄田聡史(東海大相模)は球速に注目|中学日本代表の九州ナンバーワン右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック